All in One SEO 自動更新によるアクセス激減その後・・・アクセス数が順調に復活!

昨年12月末に、立て続けに行われた「All in One SEO」自動更新をきっかけに、毎日500PV~700PVあったアクセス数が、原因が分からないまま、年が明けた今年2月5日まで、日々のアクセスが100PV前後まで一気に激減しました。(PV:Play View)

ところが、2月6日より突然アクセス数が増加! その後も多少の増減はあるものの3月1日まで、24日間のアクセス数は、500PV前後を順調に推移。時には約800PVのアクセス数がある日もありました。一時はどうなるかと思いましたが、なんとか以前のアクセス数に戻りつつあり、ほっとしているところであります。

 

更なるアクセス数アップは、趣味ブログの性質上 限界はありますが、皆さんに興味を持っていただけるような記事が投稿できたらいいなと思っています。個人の趣味ブログで、毎日500PV以上のアクセスがあれば上出来だと思っています。ちなみに、過去最高のアクセス数は、2017年12月8日7,306PVです^^♪

Amebaブログ、FC2ブログ、Gooブログ、はてなブログなど大手無料ブログで作成したものであれば、もっと早くアクセスは見込めると思いますが、WordPressを使った自前のブログで、ゼロベースからスタートした割りには、我ながら健闘したかなと自画自賛をしておりますw 1月末に私のスキルで出来るSEO対策後、一週間で結果がでたので正直驚いています。


「All in One SEO」(AIOSEO)の自動更新で、何故アクセス数が激減したのか、振り返って考えてみました。AIOSEOバージョンアップ後、850件以上ある投稿記事には、旧バージョンにはなかったSEOスコアなるものが新設されました。しかも、個別記事のスコアのすべてが「N/A」となっていました。「Not Applicable」の略語で「該当せず」という意味になります。
これは「noindex(タイトルなし)」に等しく、検索エンジンに引っかからないので、アクセス激減の原因は、ここにあったと思われます。

正常に投稿記事が評価されていれば、「N/A」のところが、評価に応じて「86/100」(100点満点中86点)のように表記されます。N/Aであることは、記事内容に関して問題点があり、これを解決しないと正しいスコアが表記されません。

当ブログの投稿記事すべてには、タイトルの記述はあるのに、「All in One SEO」の自動更新後、なぜか「タイトルが見当たりません」とエラーがあり、「N/A」の原因のひとつにもなっていました。

 

自動更新後の「タイトルが見当たらない」というエラーは「noindex」を意味します。インデックス(タイトル)がなければ、Google やBingなどの検索エンジンが、このページに辿りつく筈もなく、すべての記事が「N/A」ならば、当然ながらアクセス数は激減します。

850件以上の投稿記事すべてに対して、数日間かけてタイトルエラーをクリアすると共に、記事に関するほかの問題点(エラー)も改善をし、すべての投稿記事のスコアが正常に表示されるようにしました。私で出来るSEO対策は行いましたが、今回のアクセス数アップは、記事のタイトルを認識させ、「noindex」を解決したのが、功を奏したのだろうと思っています。

ただ、AIOSEOの自動更新でnoindex(タイトルなし)になるのであれば、ネット上に関連記事があってもよさそうですが見当たりません。私だけのトラブルかもしれないのですが、無事解決したので良しとしています。

 

 

関連記事 【2021年2月】All in One SEO自動更新でアクセス激減するもやっと復活の兆し!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です