インターネット」カテゴリーアーカイブ

「件名:口座からのお支払い」ビットコインを要求する脅迫詐欺メール(2021年7月)

 

先日、以下のような脅迫まがいのメールが来ました。頻度はフィッシング詐欺ほど多くなく、過去にも何度か来ていましたが、とにかくながーい長文メールなのでありますw 文章だけで2012文字もあります。私のブログ記事でも、2000文字超える内容はそう多くありません(^^

 

メール内容は、初めまして!から始まり、ハッカーからメールアカウントを購入した。ログインしてマルウェア「トロイの木馬」(有名な不正プログラム)をメールに繋がっているデバイスにインストールしたので、あなたのデバイス(PC)は、自在にコントロール可能である。

あなたが、アダルトサイトの大ファンだと言うことが分かった。アダルトサイトを見ながらあなたの恥ずかしいシーンを録画した。16万円相当額をビットコインで送金をしなければ、この動画をばらまくぞというもの。さらに警察やセキュリティサービスや友人に相談を禁じ、判明した場合も、動画を公開すると脅しています。不特定多数に送信される迷惑メールではありますが、よくある企業騙ったものではなく、紛れもない脅迫詐欺メールであります。

 

よもや引っかかる人はいないと思いますが、結論は、無視!! 削除しても全く問題ありません。

興味ある方は読んでみてください。

**********

件名:口座からのお支払い

初めまして!

残念なお知らせをするために、ご連絡を差し上げております。僕は、約2〜3ヶ月前にネット閲覧用に貴方が利用しているデバイスにアクセスし、その後ずっとネット行動を追跡していました。

アクセスするまでの経緯は、少し前にハッカーからメールアカウントへのアクセスを購入したからです(最近では、そういったものをネット上で購入するのは、かなり単純です)。だから、貴方のメールアカウント (*私のメールアドレス)にも簡単にログインができました。

ログインの1週間後には、既にトロイの木馬というマルウェアを、貴方のメールと繋がっている全てのデバイスのオペレーティングシステムにインストールしました。実際、やってみると全く難しくありませんでしたよ。(受信トレイのメールのリンクを何も問題なくたどっていただき、ありがとうございました。)巧妙な手口は意外と全て単純なのです。(^ ^)

そのソフトウェアによって、貴方のデバイスの操作を全て可能になりました(例えば、マイク、ビデオカメラ、キーボードの操作)。既に、貴方の個人情報、データ、写真、ウェブ閲覧履歴を僕のサーバーにダウンロードし保存してあります。貴方のメッセンジャー、SNS、メール、チャット履歴、連絡先一覧の全てにも僕はアクセス済みです。僕のウイルスはドライバレベルで動作し署名を継続的に更新するため、ウイルス対策ソフトウェアでは検知されません。

同様に、この手紙がなぜウイルス対策のソフトウェアに検出されなかったのかの理由も、今ではご理解いただけていると思います・・・

貴方の情報を収集している間に、貴方はアダルトサイトの大ファンだということを発見しました。
ポルノサイトを訪問して、とてつもない快楽に耐えながら、興奮するような動画を閲覧するのが本当にお好きなようですね。偶然にも、貴方の卑猥なシーンを録画することに成功したので、貴方の自慰行為と絶頂に達する姿を見せるような動画数本をモンタージュにしました。

もし嘘だと思うのであれば、僕のマウスを数回クリックするだけで、全ての動画が貴方の友人、同僚や親戚とシェアできることを実現いたしましょう。僕的には、パブリックアクセスにしてしまっても問題はありません。貴方の好きな動画の趣向を考慮しても、そんな動画を公にされたくはないはずです。(僕の言いたいことは分かるでしょう)公になったら、本当の大惨事になるかもしれませんね。

なので、ここで取引をしましょう。16万円 (送金時の為替レートに応じたビットコイン相当額)を僕に送金してください。送金を受け取ると、この卑猥な動画は全て削除しましょう。その後は、お互いのことは綺麗さっぱり忘れてしまい、貴方のデバイスにある有害なソフトウェアの機能を停止して削除することを約束します。僕は言ったことは守ります。

僕が貴方のプロフィールとトラフィックをしばらくチェックしていることを考えると、これは公正な取引であり、かなり安価なはずです。ビットコインの購入、送金方法が分からない場合は、どのサーチエンジンで検索しても方法は知ることができます。

僕のビットコインウォレットは *****KGFsCiFq77Zy9TRy4EgWy3E8w8L です。
このメールを開けた瞬間から48時間(正確には2日間)の猶予を与えましょう。

下記の行為をするのはやめてください。*僕に返信すること。(貴方の受信ボックス内でこのメールを作成し、返信アドレスも作成したからです。)*警察や他のセキュリティサービスと連絡を取ろうとすること。さらに、自分の友人に相談するのもやめてください。もし口外していることを僕が感知すると、貴方の動画は公開されます。(僕は貴方のシステムの全てをコントロールしているので、感知するのはそう難しくないと思いますよ。)

*僕を探そうとすること。すべての仮想通貨取引は匿名で行われるため、絶対に無意味です。
*デバイスにOSを再インストールしたり、破棄したりすること。全てのビデオが既にリモートサーバーに保存されているので、この行為も無意味です。

下記は貴方が心配しなくても良いことです。*僕が送金を受け取れないかもしれないこと。
– すべての行動を継続的に追跡しているので、送金が完了するとすぐに表示されるため、安心してください。(僕のトロイの木馬マルウェアは、TeamViewerのようなリモートコントロール機能を搭載しています。)*貴方が送金を完了しても僕が貴方の動画をシェアするかもしれないこと。
– 僕を信頼してください。貴方の人生をもっとややこしくするつもりはないし、シェアしたいだけなら、この手紙を送らずに行っているはずです!

全ては公正に行いましょう!

あと、もう一つ・・・将来的にも同じような状況に引っかからないで下さいね!
僕からの警告は、頻繁にパスワードを変更し続けることです!

***********

【YouTube】二つの動画削除されるも、3ヵ月後にペナルティ解除!!

 

YouTubeの利用は10年以上になります。その間 7回は確実ですが、8回?のアカウント停止の洗礼を受けています^^;  日本上陸まもない2008年ごろは、著作権のチェックがきびしく現在ほどゆるくはありませんでした。昔はアップしたらNGだったコンテンツでも、現在ではOKという動画や楽曲がたくさんあります。

また、動画&ステレオ音源のコンテンツをアップしても、ビットレート制限で音声は必ずモノラルになっていました。動画解像度480Pでした(現在の最高解像度2160P)。中にはステレオ音源でアップしていた人がいて、どうやっているのだろうと興味津々でした。いろいろトライしていたところ、動画画質を犠牲にして(240Pに落として)音声ビットレートを上げると可能なことが分かり、アクセス数を上げるためにも、他のチャンネルにはない一歩進んだマイチャンネルに悦に入ったものです。

YouTubeに関するノウハウは、様々体験からかなり持っていますが、動画アップには注意を払っていても、動画アップしてから1年~2年以上経って安心した頃に、突然動画を削除されることがあります。動画削除されるとペナルティは、90日間経たないと解除されません。動画削除3回でアカウント停止とアップした動画はすべて削除されます。当然、停止されたアカウントと削除された動画のチャンネルは二度と利用できません(復活の可能性はありますが、最低でも5年以上は必要:体験済)

1回目動画削除後、2回目の動画削除があった場合、その時点からさらに90日間のペナルティが課せられます。仮に1回目動画削除が1/1で、2/1に2回目の削除があった場合、、すべてのペナルティが解除されるのは4/30ということになります(1回目ペナルティ解除は3/31)。

今回の私の事例では、1回目の動画削除が2021年4月12日(ペナルティ解除7月11日)にあったのですが、その1週間後の4月19日に2回目の動画削除(ペナルティ解除7月18日)がありました。先日すべてのペナルティが解除される7月18日が無事過ぎて、現在ペナルティのないクリアなマイチャネルになり、ほっとしたところです。

 

経験上、2回目の削除があると、それから1ヵ月以内に、間違いなくアカウント停止されます。3回目はいきなり動画削除と同時にアカウント停止されるので、いつ動画削除されるのかびぐびくもんでした。昔は、3回目はどの動画が削除されたか分からなかったので、新たに動画アップする際、該当する場合があると、再び洗礼を受けてしまいます。

3回目の動画削除をされないためには、あぶない動画を予測しながら、アクセス数に関係なくアップした動画を削除するしかないのです。でもダメでしたねぇ。これを7回ないし8回も繰り返した訳でありますw

そこで、突然のアカウント停止を避けるために考えたのが、ペナルティ解除されるまで、チャンネル内のすべての動画を「非公開」にした事があります。「非公開」にするとYouTube内のインデックスに表示されませんので、検索でヒットすることはありません。削除の場合と違って、アクセス数やコメント、Good件数(Bad件数含)は保持されます。この方法を、数年前にトライしてアカウント停止されることなくうまく成功した経緯があります。

しかし、ペナルティ解除後 「非公開」のすべての動画を順次「公開」に戻しても、元の1日当りの総アクセス数に戻るには半年~1年以上かかります。たとえ10万件以上アクセスのあった1動画であっても同様です。実感としてアカウント停止後に、チャンネル開設をし一からアップした場合と大差ない印象です。

 

で、少々冒険でしたがトライした今回の方法は、すべての動画を「非公開」にするのではなく、動画の一部を「非公開」にしてみました。つまり、約150ある動画の1/3に当たる50近くの動画を「非公開」にした訳です。この方法だと半分以上の動画は公開しているので、ペナルティ解除されるまで、チャンネルの総アクセス数を極端に落とすことなく、解除後 公開に切り替えた動画がすぐにアクセスアップしなくても、総アクセス数は徐々に上昇するので問題ありません。

ペナルティ解除の7/18以降、一部の動画を除き「公開」に切り替えましたので、公開動画数はほぼ元に戻りました。ペナルティ中も該当チャンネルの1日当りの総アクセス数は、3万件前後ありましたが、もっと多くあった削除前のアクセス数にいつごろ戻るのか様子見です。予想として半年以上は、かかるような気がします。

2012年10月以降は、第三者に著作権あるコンテンツのアップロードやダウンロードは、私的利用であっても禁じられております。YouTubeにアップしている動画の多くが、私を含めて著作権に触れるものばかりです。しかし、広告が貼られたり、動画の著作権者への収益化で、違法なアップロードであっても合法的に扱われるようになりましたが、それでも認めない動画はあるようです。

削除するのではなく、外国系コンテンツのようにブロック(ペナルティ無し)でも、実質削除せざるを得ないので、邦楽もそう願いたいものです。

年々、昭和が遠くなる昨今、該当のマイチャンネルにおいては、団塊世代以上の人たちには楽しんでもらう為にアップしています。また若い人たちには良き昭和の音楽を知ってもらう為に、懐かしい1960年代~1970年代の昭和の楽曲を中心にアップしていますので、大目に見て貰いたいものです。

【2021年7月】件名「ビューカードご利用確認」のフィッシングメールに注意!!

 

7月早々、「ビューカード」を騙るフィッシングメールが届きました。ビューカードはスイカが使えるJR東日本のクレジットカードであります。金額不足になっても自動的にチャージしてくれたり、利用者は多いと思います。私はビューカードを利用していないので、ひっかかることはありませんw

過去には大手銀行や運送会社、楽天などを騙るものが多くありましたが、その後アップルを騙るメールが目立つようになり、最近はコロナ禍で通販利用者が増えたせいか、アマゾンを騙る詐欺メールが多くなりました。よくもまあ、次から次へと手を変え品を変え来るものだと思いますが、やはり被害に遭う方がいる以上、犯罪集団はいろいろ知恵を絞って攻めてくるのでしょう。

インターネット全盛時代の現在、氾濫する詐欺メールの被害に遭わないようにするためには、詐欺メールの見極めの知識を身につけ自身で防ぐしかありません。

7月2日着信したメールは以下の通り。

差出人 Viewsnet.jp <view-update@jgfqermne.asia>
件名  ビューカードご利用確認
宛先 <私のメールアドレス>

ビューカードをご利用のお客さま
利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
 お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい

▼ご利用確認はこちら
https://viewsnet.jp.gvjnj.bar/
弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高
めるため、
▼VIEW’s NETログイン
https://viewsnet.jp.gvjnj.bar/
▼My JR-EASTログイン
https://viewsnet.jp.gvjnj.bar/
===================================
※お手もとにViewカードをご用意ください。
※お持ちのカードによっては、サービスを利用できない場合があります。
*ご注意ください*
変更のお手続きがない場合、弊社からの重要なお知らせが届かない場合があります。
◆おしらせメールについて◆
ビューのおしらせメール配信を「希望する」に設定すると、
各種サービスやキャンペーンなど、おトクな情報をお届けいたします。
===================================
株式会社ビューカード
東京都品川区大崎一丁目5番1号 大崎センタービル 〒141-8601
※本メールは送信専用です。
===================================
本メールに掲載されているすべての記事、文章等の無断転載を禁止します。
著作権はすべて、株式会社ビューカードに帰属します。
===================================

フィッシングメール(詐欺メール)が来た時、一番のキモは、企業が、ユーザーに対して、如何なる理由があろうと、本人確認のための個人情報(アカウント・クレジットカード番号など)の照会を、メールでお願いすることは100%ありません。その上、手続きをしなければ、利用制限かけるなんて論外です。

詐欺メールと判断するチェック箇所はいろいろありますが、ここさえ押さえておけば、メール内容から、詐欺メールはかなりの確率で見抜けます。

ちなみに、メール内のリンクをクリックすると、本物と同じ偽ログイン画面に誘導されます。本物か偽物との違いは、ブラウザから本物サイトのログイン画面を表示させると、URLが違う事で分かります。

メール文末にある「株式会社ビューカード」は本物の住所なので、その巧妙さにユーザーの多くが勘違いさせられるのです。

 

ビューカードを騙る詐欺メールは今年4月ごろから始まっており、すでに報告されていますので、現在はリンクをクリックしても、以下のようにアンチウイルスソフトにより、ブロックがかかります。尚、メール件名は同じでも、リンク先URLや差出人メルアドは、都度変更されているようです。

【2021年6月】件名「今すぐあなたのアカウントを確認してください」Amazonを騙る詐欺メール!!

相も変わらず、アマゾンを騙るフィッシング詐欺メールが、件名を変えて定期的にきます。
着信メールをぱっとみて、分かる人には分かっても、この手のメールにひっかかかる被害者がいる限り、犯罪軍団は手を変え品を変えて攻めてくるのです。今回のメールは以下の通り。

差出人:Amazon.co.jp <apikey@necessaryamazoncardupdatemail.club>
件名:あなたのアカウントを確認してください
宛先:<私のメールアドレス>

あなたのAmazonのアカウント:<宛先と同じメールアドレス>
弊社のモニタリングにより普段と違う不審なログインが見つかり。誰かがお客様のいつも
お使いになった支払方法を変更しようとしていたそうです

ログイン日時:2021/06/14  3:52:17
IPアドレス:43.244.138.214
装備:Windows NT 10.0; WOW64
場所:徳島県 板野郡

Amazon会員個人情報を確認する必要があります。今アカウントが確認できます。

続けるにはこちらをクリック

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に勝手ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。どうぞよろしくお願いいたします。メ。
お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでございます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

フィッシング詐欺メールの手口は、有名企業を騙ったメール内のリンクから偽ログイン画面に誘導し、個人情報を盗みます。以前は有名銀行を騙る詐欺メールが多かったですが、最近はコロナ禍によりさらにネット通販需要が高まったせいか、アマゾンを騙る詐欺メールが多いです。

フィッシング詐欺メールを何をもって判断するかにかかりますが、AmazonがEメールによる情報照会をすることは絶対にありません。アマゾンが、氏名やクレジット番号・銀行口座情報を求めることはないのです。それを知っていれば、今回のメール件名や内容からアウトと分かります。

 

アマゾンからの送信元メールは、一般的に××××@amazon.comや××××@amazon.co.jpになります。差出人Amazon.co.jp後の<>内が送信元メールアドレスですが、差出人名をAmazon.co.jpにすることで本物らしく巧妙にごまかしています。

文章表現もおかしいところがあり、句読点の句点(。)の使い方もおかしいですね。誤字もあります。

「続けるにはこちらをクリック」をクリックすると、本物そっくりのアマゾンの偽ログイン画面に誘導されますので、クリックをしてはいけません(厳密にはクリックだけであれば大丈夫です。現れた偽画面にアカウント入力するとアウトです)メール内にあるそれ以外のリンク先はすべて正規サイトになっており実に巧妙です。

幸いにも、ログインしたところで気がついた場合、二段階認証にしている方はログインされることはないので大丈夫ですが、一応パスワードは変えた方が良いと思います。二段階認証していない方は、クレジットカード番号を入力していなくても、犯罪集団からのログインは可能なので、もしクレジットカード番号を登録していたら、当然ながら悪用されます。相手にアカウントを変更されたら、ログインも出来なくなります。なので、ログインされる前に、即 登録したクレジットカード番号の削除とパスワード変更をする必要があります。

【詐欺メール】件名:Amazon口座が違反していますので、本人認証をお願いします

アマゾン(Amazon)を騙るフィッィング詐欺が、手を変え品を変え急増しており、あとを絶ちません。近年 ネット通販を利用する人が多くなり、コロナ禍でさらに利用者は増える傾向にありますので、詐欺集団にとっては、アマゾンは絶好のターゲットなのかもしれません。増え続けるのはそれなりに犯人が味を占めている証拠であります。

アマゾンを騙るメール件名も都度変えて、内容も巧妙になってきていますので、詐欺メールであることを見極めることが必要です。今回の詐欺メール内容は以下の通り~

 

***************

件名:Amazon口座が違反していますので、本人認証をお願いします

Amazonお客様

Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Amazonのアカウントを更新できませんでした。今回は、カードが期間切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っているが故に、お客様のアカウントを維持するためAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

 Amazon ログイン 

なお、24時間以内にご確認ない場合、誠に申し訳ありません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:Amazonカスタマーサービス

どうぞよろしくお願いいたします
Amazon

****************

いつもの事ながら、文脈や文章表現に、企業として不自然な言い回しがあり、違和感があります。差出人のメールアドレスもドメインにAmazonを含んでいませんし、正規アマゾンメールでは、「Amazonお客様」のところは、《 個人名 (フルネーム) 様 》で表記されます。

さらに、「Amazonログイン」のリンクは、右クリックでURLをコピーしてメモ帳などに貼り付けることで、偽物であることがわかります。今回は短縮URLになっています(偽URLは長い文字列が特徴です)が、正規URLは、Amazonを含むシンプルな文字列になっています。

 

極めつけの未然防止は、アマゾンへのログインを、セキュリティ強化された「2段階認証」にする事です。設定すると、ログイン時、登録したスマホに送られてくるSMSで6桁の「確認コード」を入力しないと開けない仕組みになっています。偽サイトからアカウント情報を盗まれても、犯人はログインすることができません。

但し、クレジットカード情報まで入力した場合は、悪用される恐れがあるので、早急にクレジットの無効手続きをすることは言うまでもありません。

【YouTube】著作権侵害の警告で2年ぶりに動画削除される!!

 

10ヵ月前、YouTubeにアップした動画が、著作権者の削除依頼により、削除されました^^;
動画削除は、2019年2月以来 2年ぶりです。災難は忘れたころにやってきます(笑)対象になった映像は、2006年開催されたつま恋「吉田拓郎&かぐや姫」の中継録画映像から、吉田拓郎が歌う「春だったね」の映像。著作元(NHK)からの申し立てなので、文句は言えないのですが、他にも同じ映像をアップされているのに、何故か私だけが削除されるのかよく分かりません。

私の映像を含むつま恋の3時間少々ある全映像をアップしている人もいるのにこちらも全くお咎めなし。同じ「春だったね」を数年前にアップしている人も複数いますが、問題なく公開されています。収益化もしていないのに、毎度のことながら削除基準がよく分かりません。

不満はあるものの、私自身の違法アップなので、他人がどうであれ苦情の申し立てはできません。ただ、同じ映像であっても画質の悪いものはOKになっているケースは多いです。

削除されると90日間過ぎないとペナルティは消えません。3回削除されるとすべての動画削除とアカウント停止されます。削除ではなくブロック(ペナルティ無し)で済むコンテンツとか、編集時の注意などいろいろノウハウは持っていますが、アップする動画は慎重に扱う必要があります。
私は150本前後ですが、7000~8000本の著作権のある動画をアップしている強者もいます。こんなケースでもまかり通るとはとウォッチしていたことがありますが、さすがに見逃しはなくアカウント停止になっていました。

 

2012年10月以降、著作権法改正で著作権のある動画のアップロードやダウンロードは私的利用であっても違法になります。YouTubeにアップしている動画の多くが、私を含めて著作権に触れるものばかりです。しかし、広告が貼られたり、動画の著作権者の収益化で、違法なアップロードであっても合法的に扱われています。

著作権の自動管理システムである「Content ID 」というものがあります。YouTube にアップロードされた動画が、著作権者が提出したファイルのデータベースと照合されて一致すれば警告するものです。

著作権者が Content ID を利用できる場合は、著作権侵害による通知を自分で送信しなくても、Content ID によって自分の所有するコンテンツを含む動画が自動的に検出され、著作権侵害の申し立てや警告が行われます。時にはいきなりブロックされることもあります。Content IDも万能ではありませんので、手動チェックによるものもあります。今回の私の動画削除がそうでした。

 

 

今回の動画削除によるペナルティ解除は7月11日ですが、それまでに、万一2回目削除される動画があった時は、チャンネルを非公開にする予定です。2回目の削除があると何も対処(一部動画の非公開または削除)しなければ、経験上 3回目は1ヵ月以内にアカウント停止されることが多いです。

アカウント停止の洗礼は、過去に何度か受けており、一からのチャンネル立ち上げは労力を使います。動画の非公開でアカウント停止を回避する方がリスクが少なくてすみます(ペナルティ解除後、公開に切り替え:それでも元のアクセス数に戻るのに半年以上かかる)。昭和を過ごした団塊世代を含む以前の人たちに楽しんで貰うために、1960年代~1970年代の楽曲をアップしています。50年以上前の楽曲なので大目にみてほしいものです。

P.S
4月19日 二つ目の動画が同著作権者から削除され2ペナになりました。すべての動画を非公開とする予定でしたが、151contentsのうち、きびしいと思われる36contentsを非公開としました。もう一か八かの運試しの心境ですが、ペナルティ解除の7月18日まで無事クリアできることを祈っている次第です^^;

 

【ロリポップ】バックアップオプションによるWordPress復元でエラー(解決方法)

ワードプレス(WordPress)で、ブログを作っている方は多いと思いますが、ワードプレス本体やプラグイン、PHPなどの更新やプログラム言語の修正ミスにより、突然画面が真っ白くなったり、エラーメッセージが表示されたりでひやっとすることがあります。

解決できない場合、数年かけて積み上げたブログであっても、元に戻すことが出来なくなりますので、ブログ主にとって、バックアップは必須になります。

WordPressのバックアップブラグインとして「BackWPup」がよく推奨されています。Dropboxとの連携も可能でありとても便利・・・私も使ったことがありますが、バックアップ途中で止まったり、何度かやり直してもうまくゆかず、原因が分からないまま諦めたことがあります。時間もかかりますし復元も面倒。

 

ロリポップのレンタルサーバーを利用されている方であれば、お勧めは「バックアップオプション」であります。月額300円(税抜)で簡単にWebサーバーとデータベースサーバーの自動バックアップを行うことができます。バックアップ間隔(手動/1日/3日/7日/15日/30日 )は、ニーズに合わせて自由に設定可能です。開始時間は30分単位で設定可。過去7回分のバックアップデータを任意に復元(ダウンロードも可)ができます。操作は至ってかんたんです。

私は3日に一回、自動的にバックアップしています。必要に応じて手動で即バックアップも出来ます。そんな便利のよいバックアップオプションですが、以前はスムーズに復元できていたのに、昨年7月に、ブログトラブルで復元作業をしたのですが、何度トライしても復元途中でエラーが出て復元作業が出来ません。ロリポップに問い合わせたところ、以下の方法で復元することができました。

その後、何度か復元作業をしましたが、同じ要領で処理すれば問題なく復元出来ます。せっかくのノウハウなので、紹介したいと思います。

 

 ロリポップ「バックアップオプション」によるWordPress復元でエラーの解決方法 

ワードプレス(ブログ)のフォルダ・ファイル群

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ WordPressのwp-config.phpの属性を変更する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.ロリポップ!FTPから
「wp-config.php」ファイルをクリックする

2.画面右上の「現在の属性」を「600」に書き換え
  「保存する」をクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「install.php」ファイルを削除する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.ロリポップ!FTPから「wp-admin」フォルダをクリック

2.【 install.php 】ファイルを削除する。

  ▼フォルダ、ファイルの削除
https://lolipop.jp/manual/user/ftp2-05/
※他のファイルは削除しないよう注意して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ バックアップオプションからデータを復元する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手順は以下を参照して下さい。

▼バックアップ機能(データの復元・履歴の閲覧)
https://lolipop.jp/manual/user/backup-restore/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ wp-config.phpの属性を元に戻す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.「ロリポップ!FTP」をクリックする

2.「wp-config.php」ファイルをクリックする

3.画面右上の「現在の属性」を「400」に書き換え
  「保存する」をクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「wp-config.php」のパーミッション(属性)を、呼出のみの「400」から「600」に変更して、書込を可能にすることがポイントになります。バックアップ対象のファイルやフォルダに書き込み権限がないと復元ができません。

フォルダ「wp-admin」内の「install.php」削除は、デフォルトに戻すためです。削除しても再び作成されるファイルです。

スマホに届くAmazon偽メール(フィッシング詐欺)が急増中!

最近、以下のごとくスマホ(iPhone)に届く、Amazon偽メール(フィッシングメール)がやたら増えました。Amazonを騙るこの手のメールは、PCメールではかなりの頻度で来ていましたが、少なくともここ半年間は来ていません。ターゲットを変えたのか、スマートフォンへ頻繁に来るようになりました。画面も小さく騙されやすい面もあります。「アカウントの更新」絡みのものが多く、表現は都度変えており、あの手この手と攻めてきます。

詐欺メールは、犯罪集団がアルファベットと数字の組み合わせにより、無作為に多数の相手へ、自動的にメール送信しています。私のキャリアメールは、数字とアルファベットおよびアンダーバーを含むものにしています(例: abc_d123@◯◯◯.ne.jp)

組み合わせで出来ないようアンダーバーを入れたメールアドレスにしているのに、どこから入手したのかと思ってしまいます。スマホでは、LINEやショートメールでやり取りする場合が多く、キャリアメールはあまり使いません。利用相手は限られますが、送信相手から本人の意思とは無関係に漏れる可能性もありますから、怖い世の中であります。

詐欺メールの多くは、文法的に不自然な日本語表現があります。今回の受信メールは以下の通りですが、微妙な表現はあるものの、文法的な不具合は見受けられません。差出人は正規AmazonのURLと同じ表記。これを見たら思わす「Amazon ログイン」をクリックしそうです。

何をもって偽メールと判断するかになります。

**********

件名「Amazon.comからのEメール_アマゾン」

Amazon お客様

Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。
残念がなが、Amazonのアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためにAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

  Amazon ログイン 

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

**********

 

 

 アマゾン偽メールの判別方法 

1⃣. アマゾンからのメールは「お客様」ではなく、登録している「個人名(フルネーム)」で表記されます。
2⃣. メール内のリンク(Amazonログイン)をコピーして、Googleなどのブラウザ検索欄にペーストすると、リンクのURLが現れます。正規URLは、amazonを含むシンプルな文字列ですが、偽物は長い文字列になっていたり、文字列にamazonがなかったり、あっても意図的に一部違っていることで、偽物と判別できます。

 

リンクをクリックすると本物そっくりのサイトに誘導されますが、URLは正規のものと全く違うものです。偽サイトを開くだけでは問題ありませんが、ID・パスワードを入力するとアウトです。

3⃣. アマゾンが、アカウントを勝手に更新したり、「アカウント情報」や「クレジットカード情報」などの個人情報の開示をメールで求めることはありません。

 

あえて、「Amazon ログイン」をクリックしたところ、スマホにはセキュリティアプリを入れていないのに、なぜか以下のような警告画面がでました(初心者には安心ですね)

 

 偽アマゾンの被害に遭わない予防法 

1.アマゾンへのログインを、セキュリティ強化された「2段階認証」にする。
設定すると、ログイン時、登録したスマホに送られてくるSMSで6桁の「確認コード」を入力しないと開けない仕組みになっています。偽サイトからアカウント情報を盗まれても、犯人はログインすることができません。但し、クレジットカード情報まで入力した場合は、悪用の恐れがあるので、別途クレジットの無効手続きが必要。

2. 偽メールのリンクからではなく、ブラウザ(ブックマークに事前登録)からログインをする。
何事もなくログイン出来ることで、偽メールであることが判明する。

 

別の日に送られてきたアマゾンを騙る偽メール

 

ショートメール(SMS)で送られてきたアマゾン偽メール。
URLをクリックすると、不正アプリ経由で、個人情報・アカウント情報を盗まれる

All in One SEO 自動更新によるアクセス激減その後・・・アクセス数が順調に復活!

昨年12月末に、立て続けに行われた「All in One SEO」自動更新をきっかけに、毎日500PV~700PVあったアクセス数が、原因が分からないまま、年が明けた今年2月5日まで、日々のアクセスが100PV前後まで一気に激減しました。(PV:Play View)

ところが、2月6日より突然アクセス数が増加! その後も多少の増減はあるものの3月1日まで、24日間のアクセス数は、500PV前後を順調に推移。時には約800PVのアクセス数がある日もありました。一時はどうなるかと思いましたが、なんとか以前のアクセス数に戻りつつあり、ほっとしているところであります。

 

更なるアクセス数アップは、趣味ブログの性質上 限界はありますが、皆さんに興味を持っていただけるような記事が投稿できたらいいなと思っています。個人の趣味ブログで、毎日500PV以上のアクセスがあれば上出来だと思っています。ちなみに、過去最高のアクセス数は、2017年12月8日7,306PVです^^♪

Amebaブログ、FC2ブログ、Gooブログ、はてなブログなど大手無料ブログで作成したものであれば、もっと早くアクセスは見込めると思いますが、WordPressを使った自前のブログで、ゼロベースからスタートした割りには、我ながら健闘したかなと自画自賛をしておりますw 1月末に私のスキルで出来るSEO対策後、一週間で結果がでたので正直驚いています。


「All in One SEO」(AIOSEO)の自動更新で、何故アクセス数が激減したのか、振り返って考えてみました。AIOSEOバージョンアップ後、850件以上ある投稿記事には、旧バージョンにはなかったSEOスコアなるものが新設されました。しかも、個別記事のスコアのすべてが「N/A」となっていました。「Not Applicable」の略語で「該当せず」という意味になります。
これは「noindex(タイトルなし)」に等しく、検索エンジンに引っかからないので、アクセス激減の原因は、ここにあったと思われます。

正常に投稿記事が評価されていれば、「N/A」のところが、評価に応じて「86/100」(100点満点中86点)のように表記されます。N/Aであることは、記事内容に関して問題点があり、これを解決しないと正しいスコアが表記されません。

当ブログの投稿記事すべてには、タイトルの記述はあるのに、「All in One SEO」の自動更新後、なぜか「タイトルが見当たりません」とエラーがあり、「N/A」の原因のひとつにもなっていました。

 

自動更新後の「タイトルが見当たらない」というエラーは「noindex」を意味します。インデックス(タイトル)がなければ、Google やBingなどの検索エンジンが、このページに辿りつく筈もなく、すべての記事が「N/A」ならば、当然ながらアクセス数は激減します。

850件以上の投稿記事すべてに対して、数日間かけてタイトルエラーをクリアすると共に、記事に関するほかの問題点(エラー)も改善をし、すべての投稿記事のスコアが正常に表示されるようにしました。私で出来るSEO対策は行いましたが、今回のアクセス数アップは、記事のタイトルを認識させ、「noindex」を解決したのが、功を奏したのだろうと思っています。

ただ、AIOSEOの自動更新でnoindex(タイトルなし)になるのであれば、ネット上に関連記事があってもよさそうですが見当たりません。私だけのトラブルかもしれないのですが、無事解決したので良しとしています。

 

 

関連記事 【2021年2月】All in One SEO自動更新でアクセス激減するもやっと復活の兆し!

【2021年2月】All in One SEO自動更新でアクセス激減するもやっと復活の兆し!

 

昨年12月22日から年末にかけて、WordPressプラグインのAll in One SEO」(AIOSEO) のバージョンが、連日のように行われた自動更新(従来は手動更新)をきっかけに、当ブログのアクセス数が、急激に減少したことを先に紹介しましたが、なんと!2月6日から急にアクセス数(284ビュー)が伸び始めました。先に行ったSEO対策の効果なのか、アクセス復活の兆しがでてきたようで、ほっとしてます。アクセス解析として利用している「Count Per  Day」も、ほぼ同様の推移です。

 

《 Jetpack 》によるアクセス数推移 2/6から突然のアクセスアップ(284view、訪問者191人)

アクセス数の多かった2/13(490view、訪問者403人)、2/14(490view、訪問者397人)

 

今年で8年目を迎える当ブログ~時には1,000件~2,000件になることもあったアクセス数~
直近の数年間は500件~700件のアクセス数をキープしていましたが、昨年年末の「AIOSEO一連のバージョンアップを機に生じたアクセス数の激減は、数年かけて積み上げてきたアクセス数確保だったので、とてもショックでした。果たして元に戻るのかと・・・

WordPressのダッシュボードを開くとJetpack(プラグイン)でアクセス数が確認できるのですが、直近1月21日~2月5日間の日々アクセス数は、100ビュー以内を低迷している状態でした。

理由が分からないまま、リニューアルされた「All in One SEO」に、新設されたサイトスコア(100点満点中の評価点およびその問題点)から、私で解決できる問題点を改善し、SEO対策をしました。拙ブログ「オヤジの悠々人生」のサイトスコアは、当初の57点から68点に改善。

 

 

また、AIOSEOのサイトマップ(デフォルトはオン)は、何故かエラーになるので、代りにGoogle XML Sitmapsを利用し、且つGoogle Search Consoleも導入しました。併せて、当ブログを、SEOに有利と言われる常時SSL化(https化)にもしました。

これら一連のSEO対策が終了したのは1月31日。この時点でもアクセス数は100viewを下回っていました。今後の様子を見ることにしていましたが、SEO対策1週間後にアクセス数アップの兆しがいきなり出てくるとは驚きです。

2月6日以降もアクセスは増加傾向にあり、2月13日、14日は490ビューまで上昇。その後も順調に推移しつつあるので、間違いなくアクセス増加の兆しが出始めたようです。
趣味ブログではありますが、今後推移を見守りながら、アクセスアップに繋がる投稿記事に心掛けたいと思います。ちなみに、「All in One SEO」の現バージョン4.0.15です。以前の手動更新に戻りました。

関連記事「【2021年1月】All in One SEO大規模バージョンアップでアクセス数が激減!!