スポーツ」カテゴリーアーカイブ

マラソン練習日記 その94 令和2年最後の屋外練習で9.1kmを走る

 

本日は、令和2年最後の屋外練習となります。ラン友Mさんと一緒に走りました。
今月はあと2回ほど練習が残っていますが、スポーツクラブのトレッドマシンで屋内練習をします。

本日の天候は、晴れでしたが気温8度(スポーツクラブ駐車場)だったので、ウィンドブレーカーを着て走りました。予報では昼から曇りになっているせいか、青空の雲がやや目立ちます。河川沿道コースを走るときは、冷たい風が海側から吹いていくるので気温5℃位の体感温度でした。耳も冷たかったです。

コースを走っていると、周りの風景や草花など四季折々によって印象が違いますが、冬のこの時期になると、殆どの樹木の葉は枯れ落ち、花も咲いておらず、草花も茶一色の絨毯風?で、寒々とした感じがします。冬場はモノクロの世界、季節外れの落葉樹の赤く染まった葉っぱがせめての慰めであります。

本日の記録は以下の通りです。毎度ながら代り映えのしない内容ですが、スポーツクラブにおいて、私と同じ年齢で走っている人はいないので、それなりに頑張っている方かもしれません。

タイム:58分36秒 走行距離:9.1km 平均ペース:6分23秒/km 最高心拍数:153bpm

 

走っていても、今ひとつ踏ん張りが効きません。加齢もあるとは思いますが、男性ホルモンをブロックしているホルモン治療(4ヵ月目)の影響もあるような気がします。来年3月まで続きますが、副作用として倦怠感やだるさもあるのでゼロではないと思います。治療中は体重が増えたり、中性脂肪やコレステロール上昇することもあるそうです。

運動しているので、体重はそれほど増えませんが、腹筋運動もしているのに、ウェストが84cmから87cmに増えました(笑)

今月の月間走行距離は、約94kmになりそうです。本日までのGPSウォッチデータでは78.61Kmですが、GPSウォッチを装着していなかった日があるので、それを加算すると実際には83.71kmを走っていることになります。残り2回の屋内練習で10kmは走ることになるのでそのようになります ^^
治療中の月間走行距離100km超えは無理かもしれませんが、90km前後はキープしたいと思います。

 

 

PhotoA:草津港防波堤(赤灯台)より見た「安芸の宮島」(10:52)

PhotoB:草津港停留中の船舶一部

PhotoC:マラソン練習コース 沿道の草も枯れ茶一色 右後方は広島市街地

PhotoD:安芸の宮島 (11:26 )左後方は我々の練習コースですが、来年3月まで工事中で走れず

PhotoE:サツキとポプラ並木のある練習コース(冬季は写真の通り)

マラソン練習日記 その93 冷たい風が吹く気温11℃の中、10.5kmを走る

 

昨日、女性を含むラン友3人で走りました。
諸般の事情で、ブログが書けず本日になりました<(_ _)> 天候は、曇り、気温11℃でしたが、時々、晴れ間も見え隠れしたものの、マラソン練習中は殆ど曇り空でした。12月という季節柄、冷たい風が、露出した顔や足に当たるので、足はそうでもないのですが、耳がすごく冷たかったです。

一緒に走っている女性Oさん50歳は、元インストラクターだったので、背泳、平泳ぎ、自由形、バタフライを1km(25mプール20往復)の中で泳いだあとマラソンに参加しています。いつもながら、その心肺能力に驚かされます。昨日の私の記録は、いつもの通りあまり変わり映えしません ^^;
元気であれば80歳になっても走る積りですが、この記録と大差なければすごいなと思います。

タイム:1時間7分 走行距離:10.5km 平均ペース:6分23秒 最大心拍数:152bpm

 

この時期は、半袖ユニフォームの下に、吸汗(速乾性)と保温の役目をするランニング用のアンダーウェア(インナーウェア)を着て走ります。下はショートパンツだけです。まだタイツは穿きませんが、厚手の手袋はします。保温およびつまずいたとき手を怪我しない為です。

これから真冬に向かって、いっそう寒くなってきますが、気温が10℃以下になるとランニングタイツやウィンドブレカーが必要になります。

 

今年11月で満78歳になりました。同世代の中では頑張っている方だと思いますが、さすがに年々体力が落ちてゆくように感じます。ここ数年はキロ6分(1kmを走るタイム)をなんとか持ちこたえましたが、最近ではキロ6分30秒が私にとっては相応です。

この時の心拍数は、146bps(1分間に146拍)です。キロ6分になると152bpsになりますが、この辺が私のピークです。安静時の心拍数は、57bps(1分間に57拍)なので、マラソン練習時は、約3倍に跳ね上がるということになります。

最大心拍数=206.9-(0.67×年齢)です。

私の年齢における許容最大心拍数は155bpsです。これを越える心拍数で走ると、苦しくてぶっ倒れる可能性があります。20歳の若者であれば心拍数190bpsまではイケますが、高齢者は若い人のようにはいきません。やみくもにスピードをあげても心拍数にゆとりがないと長い距離は走れないのです。ランニング時には、心拍数を意識しながら走っています(心拍トレーニング)。

 

今回、冒頭と最後に紹介しているワークアウトは、新しいアプリEpson View(エプソン・ビュー)で、GPSウォッチのデータを取り込んだものです。今まで使っていたアプリEpson Run Connect(エプソン・ラン・コネクト)は、廃止になりメーカーは新しいアプリを使うよう勧めています。

旧アプリは、新規インストールが出来ないだけで、インストール済のものはそのまま使えます。
新アプリは1km毎のラップタイムおよび推移、タイムや走行軌跡などが一画面に纏められ、一目で分かるようになっています。旧アプリはスクロールしないと見れないデータもありましたが、視覚的にはシンプルで見やすかったように思います。

 

今月の月間素行距離(12月8日現在)
※ 3日の走行距離3.8kmは、スタート時 GPSウォッチのボタン押し忘れで実際は5.6km

マラソン練習日記 その92 病気治療中ですが10.7kmを完走

 

昨日のマラソン練習日記です。天気は、晴れ 気温14℃(プリウス車外温度計)でした。
雲ひとつないと言いたいところですが、山間や周辺部に少しあるもののまさに秋晴れでありました。マラソンのベストな気温は15℃前後と言われていますので、屋外練習にはもってこいの日和であります。

昨日の記録は、

タイム:1時間10分 走行距離:10.7km 平均ペース:6分35秒/km 最高心拍数:143bpm

年々、加齢による体力低下は避けられず、走行スピードを上げることが苦しくなってきました。
私の実力は、キロ6分(1kmを走るタイム)が妥当なところですが、最近のマラソン練習ではキロ6分30秒が丁度よろしいです。

コロナ禍で例年のマラソン大会中止でいつから再開されるのか分かりませんが、私の年齢になると、スピードを競う順位より、より長く走れる持久力に重点を置き、ハーフマラソンが完走できる体力を作りたいですね。年齢的にいつまで走れるか分かりませんが、85歳になってもハーフマラソン完走を目標にしたいと思っています。

 

昨日は、ひとりで走りました。
仲間と一緒に走るのも楽しいものですが、体調を考えながらマイペースで走れる一人練習も、これはこれで有りであります。いつも走っているマラソン練習コースの太田川放水路沿道の一部が、今年6月から高潮堤防工事が始まったので走ることができなくなりました。

この工事中の沿道(直線コース1.5km)は、往復回数を必要に応じて増やすことで、走行距離の調整ができて重宝していましたが、来年3月末まで工事中なので、路面状況がよくて、人の往来の少ないコースを見つけて走っています。

 

私は現在前立腺がんの治療中でありますが、スポーツジムでは普通に振舞っています。今年8月よりホルモン治療しております。体のバランスが崩れるので、倦怠感、肝機能障害、ほてりや骨が痛い、尿がでない等の副作用があります。

際立った自覚症状がないのは救いですが、男性ホルモンを抑制する治療が4ヵ月間続きますので、骨粗しょう症などにも対処すべく、運動しながら体力強化を図っています。しかし、治療が原因かどうかわかりませんが、以前より瞬発力が出ない感はあります。

病気治療中とはいえ、いつもと変りなく生活できることに感謝であります。病気に負けることなく完治を目指し、これからも体力が続く限りマラソンは続けてゆくつもりです。

 

コースの一部ですが、至る所でサクラ並木や街路樹の紅葉が、2週間前より赤く染まっています。

マラソン練習日記 その91 10月度のラストラン9.5km、月間走行距離92km

 

昨日30日は、10月度のラストランでした。
天候は、晴れ、気温18℃(スポーツジム駐車場のプリウス車外温度計)湿度50%、屋外を走るには申し分のない環境であります。

当初、屋内練習の予定でしたが、天気が良いので急遽 屋外練習に切り替えました。
実は、ブログを通して同じ病気の人への励ましも兼ねて、折に触れ前立腺がんの罹患とホルモン治療中であることを紹介していますが、天気の良い日は私にとってメリットがあります。

病気の詳細は「前立腺がん治療日記」に譲るとして、ホルモン治療中は、個人差はあるものの副作用があります。男性ホルモン分泌を抑制する治療なので、倦怠感をはじめ色々と副作用がありますが、そのひとつに骨塩量が低下して、骨がもろくなる骨粗しょう症があります。
走行中転倒したこともあり、即骨折につながります。そのためにカルシウム・ビタミンDの摂取とその促進を図る日光浴(紫外線)が必要なので、天気の良い日は、あえて太陽光に当たるようにしています。


10月度のラストランになりましたが、ひとりなのでいマイペースで走りました。
走行中、天気は晴れたり曇ったりでしたが、走るには気持ちよかったです。途中、フルマラソンもクリアするラン友(女性)のHさんに遭遇、日に焼けて元気そうでした。走行結果は以下の通り。

タイム:1時間2分 走行距離:9.53km 平均ペース:6分30秒/km 最高心拍数:155bpm

10月度月間走行距離は、92.98km(14回)でした。毎年10月から翌年5月まで100km越えが続いているのですが、コロナ禍により各マラソン大会の中止で、モチベーションが下がり、距離の稼げる週2回の屋外練習を1回にしたので当然です。もっとも、治療の終わる来年2月まで、今までと同じハードな練習はできないので抑えて走る予定です。

 

※ 青ラインが屋外練習(6回)

 

病気のわりには頑張っていると思います。ホルモン治療(4ヵ月間)は年内いっぱい続き、来年早々に放射線治療に入ります。ビールとワインでかかさず毎日 晩酌はしていますが、マラソン練習した日のビールは格別です(^^

生活スタイルを変えず、普通通りの生活をしています。あっちの方は、年齢的なこともありますが、ホルモン治療のせいで、よりいっそう若い女性をみても何の気も起りません(笑)
男性ホルモンは、殆ど精巣(睾丸)で作られるのですが、担当医の話ではホルモン治療で睾丸が6割位に小さくなるそうです。命との交換ですからやもえません。

マラソンは健康のためにやっていますので、病気に負けることなく、最低でも85歳くらいまでは元気でいたいものです。

ところで本日は、2020年で一番小さい満月(地球から最も遠い満月)、ブルームーンを見ることができます。ハロウィーン当日の10月31日に満月になるのは、1974年以来46年ぶりだそうです。次に10月31日が満月となるのは38年後の2058年です。もうこの世にはいませんw

 

PhotoA:午前中なのに、影が長くなった秋の木陰です。樹木(サクラ)の紅葉が始まりました。

PhotoB:高速道路と並行している歩道橋です。

PhotoC:かってのマラソン練習コースは来年3月まで工事中であります 右後方は宮島。

PhotoD:歩道が確保されているので走るのも安心です。

マラソン練習日記 その90 久々に女性アスリートと練習 8.5km

 

本日の天候は、雲ひとつない晴天、気温23℃です。
少しひんやりした風が頬をなぜ、マラソン練習にはベストな日和であります。

今日の記録は、いつも代わり映えしませんが以下の通り。

タイム:54分55秒 走行距離:8.58km 平均ペース:6分23秒/km 最高心拍数:154bpm

今日は、なんと我らシルバーのマドンナ Oさんが復活。久々に一緒に練習をしました。
元水泳のインストラクターで、スポーツジムでの水泳練習は上手すぎて、一般の人たちとは一線を画しています。女性なので日照りの強い夏場6月~9月は避けて、いつもは1km泳いだあと一緒にマラソン練習をする仲間であります。

彼女は、週1回バレーボールも楽しんでいたのですが、今年7月プレイ中に足首を骨折。
当初、全治1ヵ月とバレーボールメンバーから聞いていたのですが、本日ご本人の話では、全治3ヵ月の重傷だったと聞いてびっくり。治療途中に水泳でリハビリをしていたそうです。

 

骨折が治ったと思われる後も、バレーボールに来ていないと聞いていたので、これを機にマラソンも一緒に練習することはないかもしれないと思っていました。しかし、本日彼女の突然の参加で、私もそうですが、一緒に練習をしているMさんも大ハッスル。やはり美人の女性が加わるとジジたちは元気がでるのであります(笑)

まだ無理はできず、ゆっくり走るくらいなら大丈夫みたいで、途中まで一緒に練習をしました。
約1km走ったところで、驚くことにフルマラソンも完走する美人のママさんランナーSさんに遭遇。すでに19kmを走ってきた由。息の乱れもなく遭遇した場所から1km位を一緒に走ってくれました。本日は、久々に二人の若い女性アスリートと一緒に走れば、会話も弾むというもので、楽しい練習のひとときでした。

 

10月度、現在までの走行距離は64km。例年10月から翌年5月までは月間走行距離100km以上を走っています。従来 週3回のマラソン練習のうち、2回を屋外練習にしていましたが、ホルモン治療中につき、現在週1回(毎週火曜日)を屋外練習とし、残り2回は屋内練習にしました。屋外練習は最低でも10kmを走り、距離を稼いでいましたが、あえて無理をせず、8km~9kmくらいに抑えていますので、その結果月間走行距離も伸びていません。

なので、ホルモン治療中(4ヵ月間)は、つまり今年12月までの月間走行距離は、80km~90km位になるかと思われます。病気治療中であることは、メンバーには内緒にしています。

ホルモン治療は、体内のホルモンバランスを崩すので、色々副作用があります。男性ホルモンを抑える治療のため、スポーツするのには、不都合な倦怠感やだるさもあるのですが、なんとか乗り切っています。

 

 

マラソン練習日記 その89 小さい秋~彼岸花~屋外練習9.8km

 

天高く馬肥ゆる秋~最近では聞かれないフレーズ?になりましたが、もう秋ですねぇ。
コロナ禍がなければ申し分ない季節です。本日の天気は、雲ひとつない快晴でした。
気温24℃(スポーツジム駐車場)湿度50%、マラソンの屋外練習にはベストコンディションであります。

いつも走っているコースの一部が工事中のため、本日も気ままにコースを見つけながら変則的に走りました。今日はラン友Mさんと一緒でした。

本日の記録は、以下の通り

タイム:1時間4分 走行距離:9.85km 平均ペース:6分33秒 最高心拍数:144bpm

マラソン大会も次々と中止になり、目標もなくなったので、健康の為だけにのんびり走っています。ホルモン治療中のためか、男性ホルモンを抑制するので、どうしても倦怠感があります。
屋内および屋外練習に、毎回 走りはじめはけだるさを感じますが、走っているうちに解消します。多少は気持ちの持ち方で変わってくるのかもしれません。練習後の疲労感は残りません。

ほかに骨密度の低下もあり、転倒には注意が必要です。マラソン練習中、2回転倒してじん帯や膝頭など怪我したことがあるので、足をしっかり上げて走るようにしています。
治療中、カルシウム摂取やビタミンD生成のため、太陽光に当たることも必要のようです。

 

お笑いタレントでアースマラソンの間寛平さんも前立腺がんでしたが、アースマラソン中は、ホルモン治療しながら最終的に放射線治療で復活しました。今では、お酒もガバガバ飲んでいるそうです。こんな元気なジジイがいるのだと、私めも病気を乗り越え、頑張りたいと思っています。

 

走っている途中で、ところどころに咲いている彼岸花に遭遇しました。
練習を終え、自宅近くの街路樹草むらにも彼岸花が咲いていました。コロナで春先から撮影スポットに行っていないので、自宅からカメラを持参。撮っているとハゲハチョウが飛んできてベストタイミング~黒ハゲハやモンシロチョウも飛んできました。20分間に214枚も撮りました(^^♪

小さい秋見つけた~彼岸花 

花が咲くときは葉がなく、葉があるときは花がない・・・不思議な花です。
花と葉を一緒に見ることがないことから「葉見ず花見ず」と呼ばれます。
花が咲いても実はつけず、分球によって増えます。

あまり、イメージの良い花に見られていませんが、彼岸花が咲くと秋到来を感じます。

 

別のカメラで昨年12月28日に撮った「彼岸花の葉」(別の場所)
緑色で光沢のある細い葉が特徴です。

マラソン練習日記 その88 今月初の屋外練習8.8km、月間走行距離68km

 

昨日29日の天気は、快晴 気温24℃だったので、久々に屋外でのマラソン練習に臨みました。
9月度はずっとスポーツジムのトレッドミル(ランニングマシン)による屋内練習でしたので、屋外練習は、今月に入って初であります。

従来のコース一部が工事の為、来年3月まで利用できなくなったので、一人練習でもあり平坦でコンディションのよい道路を適当にチョイスしながら走りました。

また8月末より、ホルモン治療中(前立腺がん)なので、極端な無理は出来ず、LSD(Long Slow Distance:ロング・スロー・ディスタンス)で、キロ7分(7分/km)前後で走りました。
途中、キロ6分で走ってみましたが、いつもよりは少々きつかったです。

タイム:60分 走行距離:8.8km 平均ペース:6分48秒/km 最高心拍数:150bpm

 

※ かっては、ゲートの後ろにある片道1.5kmのコースを必要に応じて複数回 往復していました

※ 右奥に見えるのは日本三景のひとつ「安芸の宮島」(片道1.5kmkコース)

 

ホルモン治療の副作用で、発汗・ほてり・倦怠感などがあるようですが、あまり意識することなく週3回のマラソン練習を継続しています。寒いときの練習は、乳首がウェアと擦れて痛くなりますが、この時期は寒くはないのに、乳首が少し痛かったです。これもホルモン治療の副作用?と思われます。

 

※ 今回、適当にチョイスして走ったコースの一部です

 

令和2年9月度月間走行距離は、12回の練習で68.22kmでした。
29日のみが屋外練習で、残り11回はジム屋内練習でした。

ちなみに前年同月は、82.51kmでした。同じく12回の練習でしたが、屋外練習が5回ほどあったので、月間走行距離が伸びました。来月10月から来年5月まで(8か月間)の各月間走行距離は例年であれば100km以上を走っているのですが、来年3月まで続く治療期間中は少し距離が落ちるかもしれません。

 

2019年日本ハーフマラソンランキング(男子76歳の部)178人中96位

 

コロナ禍で、2020年開催予定だった「第14回錦帯橋ロードレース大会」(ハーフに出場)と「第40回ひろしま国際平和マラソン」(10kmに出場)は、すべて中止になりました。毎年エントリーしていただけに大変残念な思いをしています。

錦帯橋ロードレース大会のハーフマラソンは、公式大会でもあるので、全国ハーフマラソン大会における男女年齢別で上位100位の氏名・完走タイムが公開されます。
つまり、これら大会に出場し完走すれば、その年の全国の男女別同年齢ランナーの中で、自分が何位だったのか、ランキングを確認することができます(上記はWeb記録証)。

私のハーフマラソン直近記録は、昨年2019年3月3日に開催された「第13回錦帯橋ロードレース大会」の2時間21分58秒です。当日は忘れもしない朝から小雨が降り大変な大会でした。出場時の年齢は76歳でしたが、ハーフ男子60歳以上順位は169人中142位(総合順位:1496人中1359位)でした。全国対象の日本ハーフマラソンランキングでは、男子76歳の部で178人中96位でした。

20代~40代であれば、対象人数は数千人単位になりますが、70代以上になるとぐっと対象人数が少なくなります。

タイムが良いことに越したことはありませんが、高齢なので規定時間内に完走出来たことの方が、私としては達成感があります。全国レベルでみた場合、ドンケツではないので頑張っているなとは思います(^^)

 

 

私も年齢のわりには頑張っていると周りから評されますが、同じ年齢でハーフマラソン上位タイムは、2時間以内で完走するのですから大したものです。
ハーフマラソン出場選手の最高年齢は、90歳なのでこれまた驚きです。
私の場合、マラソンは健康維持のためなのですが、90歳まで元気で走れることを願っています

 

マラソン練習日記 その87 検査続きで6月度の月間走行距離37.8km !

 

毎年、6月~9月を除くマラソン練習の月間走行距離は、110km~140kmを走っています。
練習メニューは、週3回のうち1回はスポーツジム屋内で筋トレ&ランニング(トレッドミル)をし、雨天を除き残り2回は屋外にて10km前後を走ります。

屋外練習で走行距離を稼ぎます。4ヵ月間(6月-9月)は、梅雨時で雨が降ったり、夏日の気温上昇で28℃越えの日は熱中症防止等で、屋外練習日が少くなるので、月間走行距離80km~90kmになってしまいます。

今月の月間走行距離は、それどころか37.8km(7回/月)しか走れませんでした。
同じ、昨年同月では92.6km(14回/月)も走っています。練習日が半分しかなかったので、当然ながらの結果ではありますが・・・やむなしです。

 

すでに当ブログで紹介していますが、7年前から半年毎のPSA検査(前立腺がんの腫瘍マーカー検査)で経過観察中、直近の数値が高くなったため、3回目になる針生検で組織片を採取・検査したところ、前立腺がんと判明しました。

冒頭カレンダーの クラブ青印()のところが、その関連検査や治療方針など説明のあった日です。4日は針生検の日で、検査後1週間は激しい運動は禁止されていました。

早期発見ではあるのですが、年齢的観点から手術せず、放射線治療とホルモン治療の併用になります。今月28日からホルモン治療を開始、すでに1ヵ月持続型の皮下注射をしています。検体検査をしながら半年継続の後、放射線治療に入いる予定です。

 

ホルモン治療期間中も、スポーツをしても良いということなので、来月からマラソン練習を開始します。お酒も適度なら良いということで、毎日ビールとワインを飲んでいます。

アースマラソンの最中に、前立腺がんを発症した間寛平さんも、放射線治療でがんを克服しました。彼もマラソン愛好者であり、現在はお酒もガンガン飲んでいるそうです。

私の残り人生も少なくなってきましたが、がんを乗り切り更なる健康維持のため、マラソンを継続してゆきたいと思っています。

マラソン練習日記 その86 久々に7.8km走るも、途中から土砂降りに

 

久々の屋外でのマラソン練習です。今月に入ってまだ2回目です。
7月になると真夏日であったり、日照りや気温が高いので、どうしても屋内練習が多くなります。
多少暑さにも慣れるトレーニングも必要なので、夏場でも曇り日で気温が28℃までであれば、しんどいこともありますが、体験上いけることも多いです。

本日の天候は曇り、気温27℃、湿度80%だったのでかなり蒸し暑いです。
予報では昼から雨ということでしたので、朝10時半ごろスタートすれば、降雨前に10kmは走れると思ったのですが、スポーツジムに着いてユニフォームに着替えてから、GPSウォッチを忘れた事に気づき、再び自宅に取りに戻るハメに~結局スタートは11時前になりました。

 

今日はひとり練習です。この時期、暑いので殆ど走る人はいません。
約5km走ったところで、雨が降りはじめ、だんだんひどくなり土砂降りになりました。
途中から、雨が小降りになったので、走るのにはひんやりさが気持ちよく、このまま10kmイケかもとそのまま練習を続けました。しかし、再び雨がひどく降り始め、コロナ時期に風邪を引いてもバカらしいので、途中引き上げることにした次第。もうパンツまでビショビショになりました。

予定通り、10時半にスタートしていたら、10km完走できたかもしれないのですが、残念ながら  7.8kmしか走れませんでした。走行結果は以下の通りです。

走行タイム:49分13秒、走行距離:7.87km、平均ペース:6分15秒/km、最高心拍数:153bpm

 

本日は、肝心のGPSウォッチを忘れて、自宅に取りに戻ったことで、練習スタートが遅れましたが、一人で走る時は、キャップ・サングラス、スポーツシューズと共に、ウォークマン、GPSウォッチ、スマートウォッチ(心拍計)、スマホ、連絡先カードを身につけています。

ほかに練習が終わった時に飲むスポーツ飲料やサプリ(アミノバイタルPro)、タオル、シャンプー、室内用シューズなど色々バッグに入れますので、家を出る時、ときに入れ忘れることもある訳であります。

今月の練習は、あと1回しかありません。(スポーツジムは毎月15日、月末最終日は休館日)
今月は、PSA検査やMRI検査、その関連で大学病院での診察があったり、練習日がしっかり取れませんでした。月間走行距離は65km~70km止まりになりそうです。

 

以下の月間ワークアウトにおいて、GPSウォッチ未装着日が、1回(6km)ありましたので、本日までの実質の月間走行距離は、60.51kmです(青色ラインは屋外練習日)

 

先に行ったPSA検査値とMRI画像の所見から、「前立腺がんの疑いあり」で、来月は大学病院で3回目の針生検を行います。生検後1週間は激しい運動とお酒はNGなので晩酌もお預けです。
盆明けには針生検の検査結果が判明します。今までは異常ありませんでしたが、今回は限りなくクロに近いので、治療の必要性も出てきそうです。

10年以上、健康維持のためにマラソン練習を続けてきましたが、もし治療が始まるとしばらくは練習も、お休みしなくてはならないので、今月は最後の踏ん張りといったところであります。