健康」カテゴリーアーカイブ

放射線治療後1年6ヵ月(経過観察)PSA値0.065 でした


一昨日(9/2)広島大学病院へPSA検査に行ってきました。前立腺がん放射線治療終了から、1年6ヵ月になりますが、検査結果はPSA値0.065 (ng/ml)でした。担当医から検査値が下がり続けることはなく、次回の検査値は少し上がるかもしれないと言われていたので、さらに低くなりびっくりです。上がるよりは下がることは良いことなので喜ばしいことであります。

放射線治療の場合 、2回の検査で連続して最低値からPSA値2.0以上、全摘手術の場合、 PSA値0.2以上で、再発と判断されます。前立腺がんの手術(全摘)または放射線治療後は、いずれもPSA検査による定期的な経過観察は必須となります。前立腺がんの完治率はPSA値の推移によって判断されます。

PSA検査を始めてから10年目になる2020年7月(77歳)のとき、PSA値13.0(正常値4.0以下)まで上昇、延べ3回目の針生検で前立腺がんが見つかりました。それまで延べ5回のMRI検査をし、画像所見は「前立腺がんの疑いあり」でしたが、それを受けて過去2回の針生検を実施するも、がんは見つからず、「異常なし」だった経緯があります。

広島大学病院泌尿器科と放射線治療科 (HIPRAC)の連携で行うことになり、7ヵ月間のホルモン治療と2ヵ月間の放射線治療を受けました。放射線治療中はホルモン治療と併用となりました。治療は昨年3月を以て滞りなく終了~今日に至っています。

治療は、広島がん高精度放射線治療センター(通称HIPRAC:ハイプラック)にて、昨年2月1日~3月29日まで、IMRT(強度変調放射線治療)による前立腺がんの放射線治療を延べ39回(78Gy:グレイ)を受けました。

 治療後のPSA値推移 

*2021/03/29 放射線治療&ホルモン治療終了
*2021/06/11 PSA値 0.147
*2021/09/10 PSA値 0.092
*2021/12/10 PSA値 0.160
*2022/03/04 PSA値 0.147
*2022/06/03 PSA値 0.098
*2022/09/02 PSA値 0.065

「前立腺がん治療日記」はNo15を以て終了させて頂きましたが、今後は放射線治療後の経過観察状況を折にふれ紹介して、同世代の前立腺がんを罹患している方への参考になればと情報発信しています。前立腺がんは早期発見し適切な治療を受ければ完治を望めるがんです。

2021年4月27日国立がん研究センターの発表されたデータでは、前立腺がんの5年生存率98.5%、10年生存率98.7%と他のがんと比べて一番高いのが特徴です。全体のがん10年生存率59.4%です。二人に一人ががんになる時代~どうにもならないことですが、日ごろの食事や適度な運動などを通して、免疫力を上げることも大事だと思います。

タニタの体組成計(BC-316)を購入 乗るだけで体重ほか8項目を測定可

TANITA(タニタ)BC-316型体組成計を購入しました。タニタはクッキングスケールなど計量器では定評のある老舗メーカーであります。体組成計の売れ筋ランキングでは、トップを含めて数モデルが常に上位を占めています。競合会社としてはオムロンも有名です。

今まで何十年間もアナログタイプの体重計を利用していました。行きつけのスポーツクラブでも有料(300円)で体組成を部位別に細かくチェックをしてくれますが、自宅に常備していてもいいかなと思い購入しました。しくみは、測定時に体内に微弱な電流を流し、その抵抗値(インピーダンス)を計測して、体脂肪や筋肉率などの体組成を推定しています。

今回購入したタニタの体組成計は以下の8項目が測定可能です。( ) 内は、昨日の私の測定値です。

①体重(60.25kg)
②BMI(20.8)
③体脂肪率(17.3%:標準)
④筋肉量(47.2Kg:標準)
⑤推定骨量(2.6Kg:標準)
⑥内臓脂肪レベル(13.0:やや多い)
⑦基礎代謝量(1326kcal:多い)
⑧体内年齢(64歳)

スマホに測定データを転送して管理可能なモデルもありましたが、都度確認すれば良い事なので、Blootooth内蔵モデルの購入は考えませんでした。本モデルはアスリートモードも設定可。手動による体重測定はもちろんですが、「乗るピタ」モードでは、何の操作もなくただ乗るだけで8項目の測定が出来ます。体内年齢は、体組成と基礎代謝量の年齢傾向から算出するそうですが、実年齢より15歳も若い64歳とはうれしいですね。

話が逸れますが、マラソン練習時に装着しているGarmin(ガーミン)GPSウォッチForeAthlete245も、有酸素運動における心肺能力の指標となっているVO2MAX(最大酸素摂取量)を測定してくれます。この数値が高いほど心肺能力面から長距離走能力があるという目安になるのですが、私のVO2MAXは「38 ml/kg/分」。この数値から私のフィットネス年齢は54歳であると判定されています。私の健康法であるマラソン練習が、いろいろ数値として実年齢より若く判定されることはうれしい限りです。

体組成計購入のもうひとつのきっかけは体重増加です。現役リタイア後 しばらくしてマラソン(ジョギング)を始めて15年になります。現在も週3回走っています。マラソン開始時は65歳~屋外練習では、気温30℃を越える真夏日や気温10℃の冬場でも元気に走っていましたが、10km~15kmコースでも給水なしで走っているので、70歳以降は年齢的なこともあり、気温が25℃を越える6月~9月半ばまでは、脱水症状や熱中症防止のため屋内練習にしました。

マラソン選手はやせ型の人が多く、マラソンを愛好している私も体重55kg~56kgがベストで、何を食べても、数十年間体重変化はありませんでした。胃下垂の傾向もあり体質的に肥満とは無縁でした。55歳の時、ヘビースモカーだったタバコもきっぱりやめて25年になります。喫煙者が禁煙すると体重が増えるとよく言われますが、私の場合は体重増加はなく現状維持でした。

ところが、77歳のとき前立腺がんが発覚~6カ月間ホルモン治療後 IMRT技術による放射線治療を実施。早期発見ということもあり治療結果は順調に推移しておりますが、放射線治療終了と同時にホルモン治療も終えてから、徐々に体重が増えて60kgになりました。ウエストも85cmから94cmになりました(笑)治療終了後から1年半、増えた体重は減ることなく現在もキープしています。

前立腺がんのホルモン治療中は、個人差はありますが様々な副作用があり、男性ホルモンを抑制する治療なので体重増加や男性機能障害は最たるものです。治療中はきれいな可愛い女の子をみても何も感じないし、グラマーで豊満な女性やエロい映像をみても欲情をそそる事もなくなります(笑)。男性は少なからず何歳になってもスケベーですが、私の場合 治療終了後もその気は全くなくなりました^^;

ホルモン治療中の体重増加なら副作用として理解できますが、ホルモン治療を終えてからの体重増はとても不思議に思います。マラソン練習は毎回汗だくになりますが、治療中もずっと続けていました。しかし、ホルモン治療終了後 2~3ヵ月で体重60kgになった訳ですが、私の身長170cmを考えると全く問題もないし、理想的な体重は62kgなので、あと2kg増加しても大丈夫なのです。

ウエスト85cmのズボンはまったく合わず10着以上処分しましたが、標準体重よりぽっちゃり肥えたくらいが長生きするという米の調査もあるので、今回体重が増えたことはいいことだと思います。健康な状態で80歳を迎えたことに感謝であります。今や人生100年の時代、体組成計も活用した健康管理をしながら、健康寿命を延ばしてゆきたいと思います。

不織布マスク 数あれどダイソーの30枚入り100円にはびっくり

毎日外出しますが、コロナ禍において使い捨ての不織布マスク消費もバカになりません。30枚1000円程度のものをよく利用していましたが、最近 私めも100円ショップの不織布マスクを必要に応じて利用するようになりました。中でも30枚110円とは驚きですが、一時売り切れたこともある人気商品だそうです。そのほか不織布マスクでも5枚110円や10枚110円という商品もあったり、デザイン性のあるウレタンマスクも様々なものが売られています。

30枚110円であっても安かろう悪かろうではなく、思いのほか品質もよく抜群のコスパであり、機能性など飛沫防止の観点からみても全く問題ありません。3層フィルター構造で空気中の細菌を99%カットし、花粉やほこりもブロックしてくれます。顔にぴったりのノイズワイヤーでフィット感もバッチリです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止は、3密(密閉・密集・密接)を避ける、「うがい」「手洗い」「マスク」の遵守、併せて4回目ワクチン接種など、高齢者の私はすべて実践しています。さまざまな対策がなされているものの、感染力の強い新型コロナ変異株により日々感染者が増加しています。広島県も昨日6000人を突破しました。

そんな中、行動制限もなくなり盆の帰省や国内旅行が活発化しています。8月~9月にかけどっと感染者が増えるのではと懸念しています。

夏場の熱射病対策でマスク装着の条件がゆるくなっていますが、それでもコロナ禍における必須ツールはマスクであります。マスクの素材によって飛沫防止にかなりの差があります。以前、スーパーコンピューター「富岳」を使ったマスクのシミュレーション結果では、飛沫の飛散を抑える効果が高いのは不織布マスクであることがすでに判明しています。

マスクの素材やフェースシールドで、吸い込む飛沫量と吐き出す飛沫量はどれほど違うのでしょうか?(以下引用元:豊橋技術科学大学のプレスリリース)

マスク無しの「吐き出し飛沫量」を100%とした場合、不織布マスクは20%、布マスクは18%〜34%となりますが、ウレタンマスクは50%、フェースシールドは80%で殆ど抑制効果なし。

一方、マスク無しの「吸い込み飛沫量」を100%とした場合、不織布マスクは30%、布マスクは55%~65%、ウレタンマスクは60%~70%、フェースシールドは小さな飛沫には効果なしであります。

以上の実験値で、吐き出し飛沫量と吸い込み飛沫量に対して、不織布マスクが一番の抑制効果があることが分かります。ウレタンマスクは吐き出しと吸い込み飛沫量は50%以上もあり最悪であります。デザイン性にはすぐれているもののウレタンマスクは以来辞めて、不織布マスクをメインに利用しています。しかし、不織布マスクも中華製や国内製品(日本製)など色々ありますが、素材についてはそれほど差は感じられません。

不織布マスクの価格はピンキリで、品質など考えてどのくらいのものを購入すればいいのか?あまり安いのは品質的に問題があるのではないかと心配もします。ウレタンマスクを利用していたときは、5回~6回位洗って再利用していましたが、不織布マスクは使い捨が原則です。2時間位の使用マスクでも、翌日利用なんてことはしません。その時点で捨てます。

東京のコロナ感染拡散がすごいので、東京在住の息子に連絡をとった際、100円ショップ ダイソー(DAISO)の30枚入り不織布マスクを使っていると聞いてびっくり。1枚単価3円?そんな安い商品は、品質に問題あるかもしれず、せめて30枚1000円以上のものをと勧めたことがある。

息子には高めのマスクを勧めておきながら、上記写真にあるのは、現在 私が使い分けているかなり安めの不織布マスクです。50枚770円(15.4円/枚)、50枚440円(8.8円/枚)、10枚110円(11円/枚)、30枚110円(3.7円/枚)の4種類でノイズワイヤーはすべて入っています。当然ながらマスク一枚の単価もそれぞれ違います。不織布の3層構造による99%カットフィルターは共通しているので、抑制効果はみな同じと思われますが何が違うのでしょうか。簡易的に見た目を検証してみました。

普通サイズでW170mm×H95mmとかW175×H90mmの範囲。いずれも3層構造を謳っていますので、素材の厚みについては特に差は感じられません。

但し、ギャザー(折り目)の数が価格によって違います。左側の商品(50枚770円&10枚110円)は、上下に広げるとずいぶんの伸び、口元空間のスペースが広いです。右側の商品(50枚440円&30枚110円)は、ギャザーが少ないので上下に大きく伸びず口元空間が狭いです。しかし、鼻から顎の下まで覆うことは可能です。

50枚770円の商品には、花粉・ウイルス・微粒子(0.1μm)・細菌を含む飛沫・PM2.5(微小粒子状物質⇒2.5μm、1μm=1mmの1000分の1)を99%カットするとあります。ほかの3商品の説明は、花粉・ほこり・細菌(PM2.5を含む)を99%カットとなっています。いずれの商品も100%カットでないのは完全ではないということなのか(笑)

10枚110円と30枚110円の商品は、ダイソー(DAISO)の不織布マスクです。今後は新型コロナウイルスの飛沫防止ということであれば、この二種類の使い分けで十分かと考えています。前者はノイズワイヤーが2本入っていますので、口元空間を確保し易いすぐれもの。過信は禁物ですがウレタンマスクや布マスクを比べた場合、飛沫抑制効果は不織布マスクのほうが断然上なので、100円ショップ商品と言えども侮るなかれです。

健康であることに感謝「平均寿命と健康寿命 」都道府県別ランキング


出典:厚生労働省 第16回健康日本21(第二次)推進専門委員会資料

平均寿命と健康寿命の違いはご存知ですか? 前者は、0歳の時 何歳まで生きられるか「平均余命」のことです。後者は、人の手を借ることなく日常生活を自立して過ごせる期間。令和元年(2019年)において、平均寿命は、男性81.41歳、女性87.45歳健康寿命は、男性72.68歳、女性75.38歳となっています。

これら調査は3年毎に行われていますが、男女別においても、平均寿命および健康寿命は、年を追うごとに延びています。平均寿命と健康寿命の差(男性8.73年 女性12.06年)は、不健康な期間と言えますが、僅かではあるものの年々短く良い傾向で推移しています。

都道府県別にみる平均寿命と以下の通りです。新しいデータを厚労省ホームページにて探したのですが、直近データは平成27年度のものになります。


出典:厚生労働省 平成27年度都道府県別生命表の概況(2015年)

男性平均寿命トップ3は、1位:滋賀県81.78歳、2位:長野県81.75歳、3位:京都81.40歳。女性平均寿命トップ3は、1位:長野県87.67歳、2位:岡山県:87.67歳、島根県:87.64歳であります。
ちなみに、平成27年度の全国平均寿命は男性:80.77歳、女性:87.01歳です。

私の住む広島県は、男性81.08歳(9位)、女性87.33歳(10位)となっています。男女ともトップ10入りであります(^^♪ 私めも、今年あともう少しで80歳になりますが、至って元気であります。週3回のランニング練習と筋トレをやっています。特にランニングは健康法として継続していますが、スポーツジムでは若い人も含めて走っている人は意外に少ないです。やはりウォーキングが圧倒的に多いです。

コロナ禍対策で、ジム内ではマスクをしないといけないので、マスクが汗でベチャベチャになります。息も苦しい中走りますので、高齢者の割には、けっこうハードな状況でやっていますが、これらが功を奏して体調もよく足腰も問題ありません。

なので、私の健康寿命は80歳を前に目下進行中なので、先は分かりませんがまだまだ伸びそうです。直近の全国男性健康寿命72.68歳はとうに越しており、健康であることに感謝です。昔から今も就寝は午前2時で起床7時(睡眠時間5時間)です。お酒は何でも飲みますが、毎日ビールとワインで晩酌しています。趣味と世代を越えた交流は長生きの秘訣です。生涯学習は私の基本スタンスですが、ボケ防止にもなる新しいことへのチャレンジ精神も外せません(笑)

【新型コロナウイルス】アプリにて4回目接種証明書を発行(手順)

7月14日、4回目の新型コロナウイルス接種しましたが、翌日には「新型コロナウイルス接種証明書アプリ」に反映していました。 接種後数時間以内には入力されていると思います。アプリは、「デジタル庁」より入手できます。但し、接種証明書アプリを利用する場合、マイナンバーカードが必要です。7月15日(バージョン1.4.0)より、接種証明書を画像データとして保存できるようになりました。

また、接種後アプリには反映はされますが、接種証明書発行は自動的に行われる訳ではありませんので、自らアプリ上より発行手続きを行います。手順は以下の通りです。iPhoneの事例ですが、アンドロイドも基本的には同じです。

  新型コロナウイルス接種証明書発行手順(iPhoneの場合)

1. 画面右上にある「再発行」をタップ
又は、右下メニューをタップ ⇒ 接種証明書発行をタップ

2. 「日本国内用」ボタンを右にフリック(オン)

3. 4桁の暗証番号(マイナンバーカード登録時 設定したもの)を入力

4. iPhone上部にマイナンバーカード(ICチップ側を表にして)を、図のようにぴったり密着をさせて、読み取り開始ボタンをタップ

5. 密着数秒後に「マイナンバーカード読み取りました」とメッセージが表示される。次へ進むボタンをタップ

6. 市区町村を選択、2回接種以上はすでに表示されていますので、「そのままワクチン接種記録を検索する」をタップ

7. 検索後、ワクチン接種記録が表示されますので、内容に間違いがなければ、発行ボタンをタップします

8. 「接種証明書が発行されました」と表示されたら、終了するボタンをタップ

新型コロナウイルスワクチン4回目接種に行ってきました 副反応は無し(広島市)

7月14日午前10時30分に予約をしていた4回目の新型コロナワクチン接種に行ってきました2回目まではファイザー製ワクチンの接種でしたが、3回目からはモデルナ製ワクチンにしましたので交互接種となります。接種後、約9時間後(当日)と24時間後(翌日)の体温を測定しましたが、発熱もなくワクチン接種した箇所の筋肉痛が若干あるだけで、3回目接種同様 副反応は全くありませんでした。

接種後2日後の7/16(48時間以上経過)、当ブログの記事を投稿していますが、注射箇所の痛みもなくなり、体調の異常も副反応もありません。接種翌日(7/15)のランニング練習は、体力消耗もあるのでさすがに控えましたが、本日7/16は、スポーツジムでしっかりランニング練習をしてきました。

集団接種会場は、3回目(2022年2月)と同じく「広島マリーナホップ」にしました。この時は1時間前に来ましたが、接種予約時間15分前から受付であったため、30分以上車の中で待たされました。4回目の今回は予約時間30分前に着くよう自宅を出ました。広島マリーナホップ駐車場は広いので、前回の接種会場の近くに止めたのですが、4回目のワクチン接種会場は、3回目のときと真反対に位置していたため、一旦駐車場を出て再度接種会場の近くに移動しました。

結局、予約時間20分前でしたが、会場の中で待機するのですぐ受付してくれました。予診票の記載内容確認と自動車免許証による本人確認 ⇒ 医者による予診 ⇒ 看士士によるワクチン接種 ⇒ 別室での15分待機後 異常なければそのまま退出という流れでした。接種時間は午前10時29分でしたが、接種後に体に不調はなかったので、15分後接種会場より退出しました。

 

下記写真は、接種から24時間後(7/15:10時45分頃)の体温です。左下のウィンドウは、体温を測定したとき体温計写真のプロパティです。そこまでする必要があるのかと言われそうですが、体温測定日時の証明ができますので・・・ネタです(笑)

ワクチン接種後、接種券にシールが貼られ、4回目を接種した「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」となります。今後、店などから提示を求められたとき、ワクチン接種証明書になりますので要保管です。尚、「デジタル庁」の接種証明書アプリを利用している人はスマホによる提示も可能です。

【2022年7月】新型コロナウイルスワクチン4回目接種のお知らせが届いた(広島市)

先月末(6/27)、広島市より新型コロナワクチン4回目接種のお知らせが来ました。3回目同様、接種券・予診票・接種可能な医療機関や集団接種会場リスト・ワクチン接種時の手順や注意事項などの冊子が同封されていました。

 

1~2回目はファイザー製、3回目はモデルナ製を接種しましたが、4回目もモデルナ製の予定です。注射をした箇所の軽い痛みが1日程度あっただけで、3回接種のいずれも副反応はほとんどありませんでした。また、コロナ禍は収束しているような傾向ありますが、ウイルスがいなくなった訳ではないので、寒さに強いウイルスが冬場に活発になり第六波到来の可能性もあります。高齢者は感染すると重篤な状況や死に繋がる可能性があり4回目接種も必要かなと思っています。

ファイザー製は医療機関(個人開業医)の全数が採用、モデルナ製共に採用しているところもかなりあります。集団接種会場ではファイザー製かモデルナ製のいずれかのみですが、後者を採用している会場が多いです。

医療機関は電話による予約のみで、接種状況はかけてみないと分かりせんし、接種日は1~2ヵ月先になるケースが多いようです。集団接種会場は新型コロナワクチンコールセンターへの電話、またはインターネット予約が出来ます。ネット予約の場合、接種予約状況も一目で分かり、空いているところであれば、接種予約日も自由で早くとれます。

早速インターネット上より手続きをして、4回目接種予約日7月14日(木)に決定です。予約完了すると件名「広島市 予約確認のお知らせ」のメールが届きます。3回目接種のときは、土曜日を接種予約日としましたが、会場の広島マリーナホップは、水族館や遊技場を併設したショッピングモールのため、土日は一般客も多かったので、4回目接種の今回は来客の少ない平日にしました。

 

私の場合、3回目接種日は2022年2月5日でしたが、4回目の接種は、3回目接種を終了した日から5ヵ月を経過する必要があり、接種券にはその該当日の7月5日が印字されていました。また接種後は接種券が予防接種済証になっていますので要保管です。

ご存知の方も多いと思いますが、「コロナ接種証明書」アプリもありスマホによる証明も可能です。アプリはデジテル庁から入手できます。

放射線治療後1年3ヵ月(経過観察)PSA値0.098で順調に推移

広島がん高精度放射線治療センター(通称HIPRAC:ハイプラック)にて、昨年2月1日~3月29日まで、IMRT(強度変調放射線治療)による前立腺がんの放射線治療を延べ39回(78Gy:グレイ)を受けました。治療終了後から3ヵ月毎に、腫瘍マーカー検査であるPSA検査による経過観察を受けています。

先日6/3 広島大学病院泌尿器科へPSA検査に行ってきました。治療後  5回目のPSA検査になります。大学病院の待合室は、毎回 患者で溢れています。採血まで待機30分、採血後 検査結果が判明するまで1時間、診察待ちで30分、大学病院に着いてから約2時間は待たされます。

今回の検査結果は、PSA値0.098 (ng/ml)でした。順調に推移しており、ほっとしています。2020年7月PSA値13.0の時、針生検実施の結果 前立腺がんと判明~治療方針が決まり、放射線治療5ヵ月前からホルモン治療を開始。7ヵ月間のホルモン治療と2ヵ月間(39回)放射線治療を受けました。

 治療後のPSA値推移 

*2021/03/29 放射線治療&ホルモン治療終了
*2021/06/11 PSA値 0.147
*2021/09/10 PSA値 0.092
*2021/12/10 PSA値 0.160
*2022/03/04 PSA値 0.147
*2022/06/03 PSA値 0.098

放射線治療の場合 、2回の検査で連続して最低値からPSA値2.0以上、全摘手術の場合、 PSA値0.2以上で、再発と判断されます。前立腺がんの手術(全摘)または放射線治療後は、PSA検査による定期的な経過観察は必須となります。

私の場合、かかりつけの医院の勧めで、67歳(2010年)からPSA検査を半年に1回のペースで始めました。当初はPSA値3.2でしたが、70歳のとき、PSA値4.2(正常値4.0以下)を機にかかりつ医院の紹介で、2013年7月より、中電病院(中国電力)にて検査と経過観察、その間、MRI検査5回、針生検も3回(内2回は連携先の広島大学病院にて実施)しました。7年目(77歳)にして3回目の針生検で前立腺がんが発覚。その後、治療は、広島大学病院泌尿器科と放射線治療科 (HIPRAC)の連携で行うことになり、前立腺がん治療は昨年3月を以て終了~今日に至っています。

長寿による高齢化・食事の欧米化・PSA検査向上により前立腺がん罹患率が増えています。国立がん研修センターによる「2021度がん罹患数予測」では、男性の部 1位:前立腺 2位:胃がん 3位:大腸がん 4位:肺がん 5位:肝臓がん。ちなみに、女性の部 1位:乳がん 2位:大腸がん 3位:肺がん 4位:胃がん 5位:子宮がん となっています。

ネット上には前立腺がん手術(全摘)による治療(闘病)経過は、患者さん自らのブログや投稿記事がネット上にたくさん紹介されています。私も同病者として参考になる内容が色々とありました。しかし、放射線治療方法については、病院などのホームページで詳しく紹介されているものの、放射線治療を受けたご本人による治療・闘病などの具体的なブログや投稿記事は意外に見当たりません。

「前立腺がん治療日記」はNo15を以て終了させて頂きましたが、今後は放射線治療後の経過観察状況を、折にふれ紹介して、同世代の方、前立腺がんを罹患している方への参考になればと情報発信をしてゆく積りです。前立腺がんは早期発見し適切な治療を受ければ完治を望めるがんです。

放射線治療は照射技術が向上し、前立腺がんに対する効果が高く、手術による治療成績と同等と言われています。高齢の罹患者の方は、生活の質(QOL)を落とさないためにも、放射線治療をお勧めします。また、60代を過ぎてPSA検査を一度も受けていない方はぜひ検査を受けてください。私もそうでしたが、前立腺がんが発覚しても自覚症状は一切ありません。

前立腺がんは外線に発生する悪性腫瘍で、隣接のリンパ腺や臓器に転移します。内線に発生する良性腫瘍の前立腺肥大は、転移することはありません。前立腺がんは進行の遅いので、ほっておいても大丈夫とよく言われますが、自覚症状が出た時は手遅れになります。

【広島市】高齢者いきいき活動ポイントで1万円ゲット(2回目)

広島市の「高齢者いきいきポイント」で1万円をゲットしました。まだ4月28日に申請(郵送)したばかりですが、昨年の事例から、口座への入金は2ヵ月半後(7月半ば)になると思います。

高齢者いきいきポイント事業」とは、広島市独自が行っているポイント事業です。広島市内在住の65歳以上の高齢者に対して、自らの健康づくりや地域支援のために行う活動(いきいき活動)を奨励する為のもので、活動実績に基づき付与されるポイント数に応じて、奨励金を支給する事業です。ポイント付与期間は、毎年9月1日から翌年8月31日まで。

広島市から送られるポイント手帳に、市の登録団体の活動に参加して、1日1回スタンプを貰い、ポイント数に応じた奨励金がもらえるということであります。獲得ポイントは活動内容により、1ポイント、2ポイント、4ポイント別に登録団体が決まっています。

奨励金(獲得ポイント数)の上限は1万円(1ポイント=100円)です。要支援・要介護高齢者や障害者は、外出支援の「交通費助成金」と「奨励金(獲得ポイント数)」の併用が可能となっています。こちらも、併用の合計が上限1万円となっています。

私の通っているスポーツクラブが、市の登録団体になっているのでスタンプが貰えます。1日1回(1ポイント)なので、100ポイントを獲得するには延べ100日必要です。週3回行っていますので、昨年9月1日から今年4月27日まで8カ月かかりました。

ポイント手帳には、スタンプ押印と日付記入が必要で、日付が記入されていなかったり、スタンプ番号が読み取れなかった場合は無効になるそうで、1ポイントとしてカウントして貰えません。昨年はきっかり100ポイント分のスンタンプ押印したものを送りましたが、中にはスタンプが無効になった人もいたみたいです。

なので、100ポイント+数個余分にスタンプ押印した方がよいと聞きましたので、チェックした限り不具合なスタンプはなかったものの、今年は余分に2つのスタンプ追加(102ポイント)したものを送りました。

前立腺がん治療日記15 放射線治療後12カ月(経過観察)排尿回数が正常に戻る【完】

7ヵ月間のホルモン治療の後、「広島がん高精度放射線治療センター(通称HIPRAC:ハイプラック)」にて、昨年2月1日から3月29日まで、IMRT(強度変調放射線治療)による前立腺がんの放射線治療を延べ39回(78Gy:グレイ)を受けました。治療終了後は、広島大学病院泌尿器科で、前立腺がん腫瘍マーカー検査(PSA検査:ng/ml)による経過観察が3ヵ月毎に実施されます。

本日は、広島大学病院放射線治療科(HIPRAC外来)に行ってきました。広島大学病院泌尿器科と放射線治療科が連携をとっていますので、治療終了後は二つの各診療科に3ヵ月毎に通っています。但し、今年から放射線科は4ヵ月毎で良いことになりました。

放射線治療の場合 、2回の検査で連続して最低値からPSA値2.0以上、全摘手術の場合、 PSA値0.2以上で、再発と判断されます。なので、治療後の定期的な経過観察はかかせません。

広大泌尿器科で、今年3月4日にPSA検査を行い、当ブログの治療日記にて紹介しましたが、PSA値0.147でした。放射線治療終了後のPSA値推移は、0.147 ⇒ 0.092 ⇒ 0.160 ⇒ 0.147と順調に推移しています。

放射線科担当医は、治療を受けたハイプラックの担当医と同じD先生です。放射線治療は副作用を生じる可能性があるので、治療期間中、毎週2回の経過観察を受けていました。

*放射線治療によって生じる可能性のある副作用
(1)急性期(治療中~終了後数週間まで)
治療開始後2~3週間ほどすると排尿障害(勢いがない、途切れる、時間がかかる)、排尿回数の増加、残尿感、排尿時痛、排便時の痛み出血(痔の一時的悪化)などの症状が起きることある。
(2)晩期(放射線治療終了後、3ヵ月以降~)
膀胱炎(膀胱出血など)、尿道狭窄、直腸出血など起きる可能性がある。

放射線治療の場合、急性期と晩期の副作用があります。特に、晩期副作用は数年後に生じる場合もあります。治療中は排尿障害や残尿感、排便時出血などはありませんでしたが、排尿回数は確実に増えました。下記シートは、病院側の指示で毎日記録していた治療後半(2021/3/10以降)のものですが、排尿回数1日8回以上が当たり前でした。2、3時間に1回のペース。治療前は1日5~6回程度でした。

睡眠時間5時間なので、夜間排尿で起きることはありませんでしたが、それでも起床時はいつも漏れそうでした(笑)治療後、半年間以上は頻尿状態(1日7回以上)が続きました。今年に入って徐々に、排尿時間の間隔が長くなり、現在1日6回でおさまるようになりました。

問題の晩期副作用による直腸出血は、放射線科担当医のD先生のお話によると、放射線治療を受けた前立腺がん患者全体の1~2%だと言われました。なので、治療を受けた多くの人は、晩期の直腸出血はないようです。また、出血がある場合も、痔のようにポタポタではなく、便に血がついているという感じだそうです。

前立腺のみにピンポイントで放射線を当てるIMRT(強度変調放射線治療)に負うところも大きいと思います。直腸や膀胱にダメージを与えないよう、毎日の排便(直腸を空にする)と膀胱に適度に尿を溜めた状態で治療を受けていましたので、急性期・晩期副作用も劇的に少なくなったようです。

放射線治療中も、週3回のマラソン(ジョギング)練習は続けていました。現在も健康法として6.5km~9km(45分~1時間)を走っています。

前立腺がん治療日記は、本日の投稿を以て終了させていただきます。2020年8月30日より、前立腺がん発覚から治療終了および1年間の経過観察状況を備忘録を兼ねた治療日記として、1年7カ月に渡りブログ投稿をさせていただきました。放射線治療をする方の参考になればと思っています。

私の場合、早期発見ということもあり、治療後の経過は現在のところ順調に推移しています。これからも定期的なPSA値の経過観察は欠かせませんが、今後は必要に応じて単発でご報告できればいいかなと思っています。与えられた寿命に感謝しながら、残り人生を思いっきりエンジョイしたいと思います。