投稿者「ヒデタン男爵」のアーカイブ

「AnyDVD HD」10年ぶりに使ってみた、DVDFabよりメリットあるかも(検証)

 

2012年10月著作権法改正までは、TSUTAYAからBDやDVDを借りて、気に入ったものはコピーして見たい時にいつでも見れるよう、マイ ビデオライブラリーとして残していましたが、著作権法改正以降は、個人で楽しむだけの私的利用であっても違法となりました。

10年前のリッピングソフトと言えば、サルのDVDFab(Fengtao Software)とキツネのAnyDVD(Slysoft)とで二分していました。前者は、当時バージョンはDVDFab8でしたが、試用期間過ぎても、ディスクコピーについては無期限で利用可能でした。以降、DVDFab9DVDFab10も同様な対応をしていました。

 

しかし、DVDFab11から、試用期間30日間またはディスクコピー3回で無料利用は終了以降は有料化されることになったのです。それまでは、ディスクコピーの枚数制限はなかったので重宝していましたが、あとに続くDVDFab12も同様に、30日間の試用期間がありますが、仮に1日で3枚ディスクコピーした場合、残り試用期間29日間あっても、ディスクコピーは利用できません(他の20種類ある機能も同じ条件で利用可)。映画愛好者にとっては、全くメリットがなくなった訳であります。

コピーしたディスクは数百枚ありますが、改正前のコピーディスクの私的鑑賞は違法になりません。しかし後で述べる動画配信サービスで、すべて観れるようになったので、ライブラリーの意味がなくなっています^^; まさかこんな時代が来ようとは・・・長生きはするものですね。

現在はもっぱら、動画配信サービスの「Netflix(ネットフリックス)」「Amazon Prime(アマゾンプライム)」で、映画や海外ドラマを楽しんでいます。どちらもダウンロード機能があり、パソコンやスマホ・タブレットなどに落としてオフライン視聴も可能です。ディスクコピーと何が違うのかと思ってしまいますが、便利な世の中になったものです。

 

「AnyDVD」の開発元であるSlySoftは、著作権に絡む法的規制を受けて、2016年2月をもって閉鎖されました。その後 RedFoxが引き継いて、リッピングソフト「AnyDVD HD」は現役で公開されています。こちらは、試用期間21日間で、期間中のディスクコピーの回数制限はありません。ディスクコピーだけを目的とするならば、3回しか使えないDVDFabよりメリットがあります。

そこで、AnyDVDが10年前と同様に問題なくリッピングできるのかブログネタとして検証してみました(^^ 検証したディスクは、冒頭紹介している「スターウォーズ スカイウォークの夜明け」のBlueRay(BDMV)です。2021年1月6日レンタル開始され、私はすでに見ていますが、検証のため再度TSUTAYAから借りました(笑) もう一つは、地デジ番組を録画したBlueRay(BDAV)についてもチェックしてみました。

結論を言えば、どちらも見事にリッピングできました。フォルダ形式とisoの両方のリッピングを試みましたが、いずれも問題なくで抽出できました。あとはライティングソフトでディスクに焼けば出来上がりですが、検証が目的なのでリップしたファイルは削除しました。信ずるか信じないかは自由ですが本当です(笑)

ちなみに、試用期間のリセットは出来ませんので、どうしても利用したい方は、OSの再インストールもしくは違うパソコンを利用するしかありません。クラックの利用はお勧めできません。

また、地デジ番組を録画したBD(HDDからコピーしたBD含む)にはAACSが、DVDにはCPRMというコピープロテクト(コピーガード)がかけられており、本来は映像編集は出来ません。しかし、今回のようなリッピングソフト等を利用すればBD映像は編集可能になります。

地デジ番組をYoutubeで紹介したい場合は、AACS/CPRMを解除しないとアップロードはできません。現在、Youtubeには多くの地デジ番組が紹介されていますが、殆どの人がコピープロテクトを解除してアップロードしているのであります(^^

 

「AnyDVD HD(8.5.6.0)」を検証してみました。

インストール後、AnyDVDを起動すると、右下のタスクトレイにアイコンが現れます。
右クリックで設定を選択し、設定画面が表示されると、デフォルトのリージョンタブを「2 ヨーロッパ、中東、南アフリカ共和国、日本(2)」を選択する。初期設定はこれだけです。

 

対象のディスクを挿入すると自動的にスキャンが開始されますので、タスクトレイ内のアイコンを右クリック。①を選択するとフォルダ形式で抽出、②を選択するとイメージファイル(iso)で抽出されます。該当のBD(41GB)が、いずれの方法も約35分でリッピング完了(Fabとほぼ同じ)

 

ちなみに、AnyDVDの実行ファイル”SetupAnyDVD8560.exe” に、スパイウェアやマルウェアの仕込みがないか「VirusTotal」でチェックしましたが、69のセキュリティベンダー(セキュリティソフト)すべてで問題なしでしたので、安全な実行ファイルと言えます。

 

2012年10月著作権改正により、第三者に著作権のあるコンテンツのコピーやアップロード・ダウンロードは個人で楽しむものであっても違法になります。記事で紹介した内容については、自己責任でお願いします。

原爆投下から76年、広島原爆の日、平和記念式典が行われる

原爆投下から76年、被爆地広島の平和記念公園で、午前8時より平和記念式典が行われました。毎年8月6日、原爆投下時刻の8時15分になると広島市内にサイレンが鳴り響き、平和記念式典と同時進行で、広島市民は1分間の黙とうを捧げます。

76年前の今日、原爆ドーム(当時の広島県産業奨励館)から南東約160m、高度約600mの位置で原子爆弾が炸裂、このときの爆風は1㎡あたり35トンの圧力を持ち、風速は秒速440mという凄まじいものだったそうです。原爆投下により約15万人の死者がでました。

当時私は3歳で、爆心地より約4km離れた自宅にいました。今は亡き母の話によると蚊帳の中にいて、家中のガラス戸が割れて、蚊帳につきささったそうです。幸いにも怪我はありませんでしたが、市内の河川は水を求めて亡くなった人々の死体で埋め尽くされ、頭髪は燃えてちりぢり、衣類は焼けて体に張り付き、皮膚は焼けただれ、街中ではさまよう人たちでいっぱいでした。

市内は阿鼻叫喚の地獄絵図~まさに戦場のごとく言葉を失うほど悲惨なものでした。私は幼く全く記憶はないのですが、小学校の夏休みの宿題で原爆に関するテーマが与えられ、母が話してよく聞かせてくれました。

原爆を風化させないためにも、広島原爆資料館にはぜひ行ってほしいものです。IOCのバッハ会長が来日、7/16に広島原爆資料館を訪れました。その際、核兵器による惨状を伝える資料の数々に絶句、涙したそうです。彼を悪く言う人もいますが、涙を流す人に悪人はいません。東京オリンピック開催への賛否両論がありますが、私はけっこう元気を貰っています。

原爆被爆者も全国に13万6千人おり、平均年齢83歳で高齢化が進んでいます。年々、原爆一世の語り部も少なくなっているので、原爆投下の記憶も薄らいで風化されつつあります。核爆弾の怖さやおろかな行為であることを、後世に語り継がれるべく、途切れてはならないと思います。

核兵器を使えば、間違いなく人類破滅の道をたどることになります。アメリカ・ロシア・中国など保有されている核爆弾を全部使ったら、地球は黒い雲に覆われ、氷河期がくるとか・・・まさに映画のような世界が訪れるかもしれないのです。

核爆弾のスイッチは、一人の人間ではなく二人の人間が同時に押さないと発射できないと言われています。つまり、最後は人間の判断によりアナログで行われます。大国の大統領の頭がおかしくなったら大変なことになりますから(笑)

いずれにせよ、核兵器を使うと人類破滅に繋がることは誰も知っています。なのに、使えない核兵器を抑止力にもつなんておかしな話ですね。1万年先、10万年先の地球を見ることができたらなと、映画好きの私は思うことがあります。映画「猿の惑星」もあながち否定できないかもしれませんね。

大国が手を取り合い、戦争のない平和な地球が一番です。ちなみに地元では、原爆のことを「ピカドン」とも言います。「ピカッ」と光って「ドン」と大きな音がしたからです。

巧妙になってきたAmazon詐欺メール「件名:Amazon.co.jpにご登録のアカウント」

 

コロナ禍で、通販生活が増えてきたせいか、Amazonを騙る詐欺メール(フィッシングメール)が急増しています。ネット上にはこの手の詐欺メールについて注意喚起されていますので、被害にあう方は少ないと思いますが、今回私が受信したAmazonを騙る詐欺メールは、実に巧妙になっていました。正直なところここまで技術的に可能なのか?と思ってしまうほど。複数回検証しましたが、少し疑問は残るものの詐欺集団の誘導技術は間違いなさそうです。

受信したメールは、冒頭に紹介した通りですが、文字に起こすと以下の通り。

**********

差出人:Amazon<no-reply@amazon.co.jp>
件名:Amazon.co.jpにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認
宛先:(自分)Amazonに登録しているメールアドレス

Amazonのお客様

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazonアカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazonのアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためАmazon アカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

  Amazon ログイン 

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、 アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:Amazonカスタマーサービス。

お知らせ
・パスワードは誰にも教えないでください
・個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してくだ   さい。
・オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Amazon

**********

 

アマゾンがユーザーに対して、メールでアカウント更新や個人情報を求めることは絶対にありません。その基本原則を知っていれば、メール内容を見ただけで詐欺メールと分かります。また、「Amazonのお客様」のところは、本物メールは、登録された個人名の「<フルネーム>様」になっていますので、この辺りの違いも知っておけばフィッシングメールと見抜けます。

しかし、世の中には、そういう事実を知らない方も多くいます。今回の詐欺メールが巧妙だったのは、

(1)差出人のメールアドレスが、Amazonドメインを使っていること(@amazon.co.jp)
(2)Amazon ログイン(リンク)は、本物そっくりの偽ログイン画面に誘導されますが、偽サイトのURLも、本物そっくりの文字列になっている(本物URLと比較しないと偽物と判定しにくい)

メール内のリンク(URL)は、以下の通り当初はAmzonを含まない文字羅列なのに、クリックと同時に誘導(転送)される、偽ログイン画面のURL文字列は本物とほぼ同じ。こんな事って詐欺集団で可能なのか少々疑問が残りますが、何度トライしてもリンクからエセURLに転送される。

 

Amazonログイン画面(本物URL)とリンクから転送された偽ログイン画面のURL文字列は、わずかに違っているだけで比べないと違いは分かりません(赤アンダーラインの部分)。

 

メール内リンクは、クリックしても数日経てばセキュリティソフトで警告メッセージがでますが、今回は未だありません。そこで、リンク(URL)を、怪しいファイルやウェブサイトのマルウェアを徹底的に検査をする「Virus Total(ウイルストータル)」でチェックしたところ、82のセキュリティベンダー(セキュリティソフト)ではすべて問題がなく、クリーンなのであります。

 

通常、Amazonの偽ログイン画面のURLは、Amazonの文字列を含んでいないことから、本物でないと判断できますが、今回のようにAmazonを含む文字列のURLに転送された場合、その判別がつきません。

念のため、本物のAmazonサイトにログインして、「メッセージセンター」で送信メールの有無をチェックしましたが、今回メールはありませんでしたので、フィッシングメールに間違いありません。

 

ここまでされるとお手上げですが、それでもAmazonログインを二段階認証にしておけば、登録したスマホ(電話番号)に連絡される6桁のワンタイムパスワードがないとログインできません。フィッシングメールを通してアカウントを抜き取られたとしても、第三者によるログインは不可能です。

万一、クレジットカード番号など個人情報のすべて入力した場合は、別途悪用される恐れがありますので、速やかにクレジット会社への無効手続きが必要です。

「Google レンズ」 カメラ撮影だけで情報収集できるてっぱんアプリ

 

Googleレンズってご存知ですか? 知る人ぞ知るてっぱんアプリですが、スマホのカメラ機能を使って様々な情報収集ができるもので、Googleが開発したツールであります。登場したころは、Androidスマホしか利用できませんでしたが、2019年6月からiPhoneにも使えるようになりました。

Androidスマホは、Google Playから「Googleレンズ」が入手できますが、iPhoneユーザーは、Apple StoreからはGoogleレンズが入手できません。代りに「Googleアプリ」または「Googleフォト」のいずれかを入手することでGoogleレンズを利用することができます(Googleのアカウントが必要です)。

 

以下、「Googleアプリ」を例に説明します。

インストール後、Google検索欄の右端にある「Googleレンズ」アイコンをタップすると(冒頭のスクリーンショット参照)、Googleレンズモード(カメラモード)になり、被写体に向けるとターゲットが4つの枠に囲まれ、中央の青色丸印がターゲットであることを表しています(たくさんの商品が並んでいるような場合、複数の丸印が現れます)

 

下段には、左から「翻訳」「テキスト」「検索」「宿題」「ショッピング」「お店やスポット」「食事」の7つアイコン(タブ)が並びます。画面に映ったもののなかから、自動的に7つの検索対象アイコンの一つが、シャッターボタン上に現れます。違う場合は、下段にある使いたいアイコンを横スクロールしタップで選択します。

今回の例では、ランニング練習時に飲んでいるamino VITAL(アミノバイタル)にカメラを向けると、「ショッピング」が選択されました。シャッタボタンをタップすると関連サイトのサムネイルが現れるので、任意のサムネイルのタップすると詳細情報が分かると言う訳です。

 

グーグルレンズで撮った文字のテキスト化や翻訳、被写体(家具・商品・植物・書籍・絵画など)の詳細情報や類似品検索、安売りのチラシやイベントなどの日時からGoogleカレンダーへのスケジュール登録等々、いろいろなことが出来ます。ざっくり言えば、Googleレンズの下段に現れる7つのアイコン機能をうまく使いこなせば、格段に利用範囲が広がると思います。

「件名:口座からのお支払い」ビットコインを要求する脅迫詐欺メール(2021年7月)

 

先日、以下のような脅迫まがいのメールが来ました。頻度はフィッシング詐欺ほど多くなく、過去にも何度か来ていましたが、とにかくながーい長文メールなのでありますw 文章だけで2012文字もあります。私のブログ記事でも、2000文字超える内容はそう多くありません(^^

 

メール内容は、初めまして!から始まり、ハッカーからメールアカウントを購入した。ログインしてマルウェア「トロイの木馬」(有名な不正プログラム)をメールに繋がっているデバイスにインストールしたので、あなたのデバイス(PC)は、自在にコントロール可能である。

あなたが、アダルトサイトの大ファンだと言うことが分かった。アダルトサイトを見ながらあなたの恥ずかしいシーンを録画した。16万円相当額をビットコインで送金をしなければ、この動画をばらまくぞというもの。さらに警察やセキュリティサービスや友人に相談を禁じ、判明した場合も、動画を公開すると脅しています。不特定多数に送信される迷惑メールではありますが、よくある企業騙ったものではなく、紛れもない脅迫詐欺メールであります。

 

よもや引っかかる人はいないと思いますが、結論は、無視!! 削除しても全く問題ありません。

興味ある方は読んでみてください。

**********

件名:口座からのお支払い

初めまして!

残念なお知らせをするために、ご連絡を差し上げております。僕は、約2〜3ヶ月前にネット閲覧用に貴方が利用しているデバイスにアクセスし、その後ずっとネット行動を追跡していました。

アクセスするまでの経緯は、少し前にハッカーからメールアカウントへのアクセスを購入したからです(最近では、そういったものをネット上で購入するのは、かなり単純です)。だから、貴方のメールアカウント (*私のメールアドレス)にも簡単にログインができました。

ログインの1週間後には、既にトロイの木馬というマルウェアを、貴方のメールと繋がっている全てのデバイスのオペレーティングシステムにインストールしました。実際、やってみると全く難しくありませんでしたよ。(受信トレイのメールのリンクを何も問題なくたどっていただき、ありがとうございました。)巧妙な手口は意外と全て単純なのです。(^ ^)

そのソフトウェアによって、貴方のデバイスの操作を全て可能になりました(例えば、マイク、ビデオカメラ、キーボードの操作)。既に、貴方の個人情報、データ、写真、ウェブ閲覧履歴を僕のサーバーにダウンロードし保存してあります。貴方のメッセンジャー、SNS、メール、チャット履歴、連絡先一覧の全てにも僕はアクセス済みです。僕のウイルスはドライバレベルで動作し署名を継続的に更新するため、ウイルス対策ソフトウェアでは検知されません。

同様に、この手紙がなぜウイルス対策のソフトウェアに検出されなかったのかの理由も、今ではご理解いただけていると思います・・・

貴方の情報を収集している間に、貴方はアダルトサイトの大ファンだということを発見しました。
ポルノサイトを訪問して、とてつもない快楽に耐えながら、興奮するような動画を閲覧するのが本当にお好きなようですね。偶然にも、貴方の卑猥なシーンを録画することに成功したので、貴方の自慰行為と絶頂に達する姿を見せるような動画数本をモンタージュにしました。

もし嘘だと思うのであれば、僕のマウスを数回クリックするだけで、全ての動画が貴方の友人、同僚や親戚とシェアできることを実現いたしましょう。僕的には、パブリックアクセスにしてしまっても問題はありません。貴方の好きな動画の趣向を考慮しても、そんな動画を公にされたくはないはずです。(僕の言いたいことは分かるでしょう)公になったら、本当の大惨事になるかもしれませんね。

なので、ここで取引をしましょう。16万円 (送金時の為替レートに応じたビットコイン相当額)を僕に送金してください。送金を受け取ると、この卑猥な動画は全て削除しましょう。その後は、お互いのことは綺麗さっぱり忘れてしまい、貴方のデバイスにある有害なソフトウェアの機能を停止して削除することを約束します。僕は言ったことは守ります。

僕が貴方のプロフィールとトラフィックをしばらくチェックしていることを考えると、これは公正な取引であり、かなり安価なはずです。ビットコインの購入、送金方法が分からない場合は、どのサーチエンジンで検索しても方法は知ることができます。

僕のビットコインウォレットは *****KGFsCiFq77Zy9TRy4EgWy3E8w8L です。
このメールを開けた瞬間から48時間(正確には2日間)の猶予を与えましょう。

下記の行為をするのはやめてください。*僕に返信すること。(貴方の受信ボックス内でこのメールを作成し、返信アドレスも作成したからです。)*警察や他のセキュリティサービスと連絡を取ろうとすること。さらに、自分の友人に相談するのもやめてください。もし口外していることを僕が感知すると、貴方の動画は公開されます。(僕は貴方のシステムの全てをコントロールしているので、感知するのはそう難しくないと思いますよ。)

*僕を探そうとすること。すべての仮想通貨取引は匿名で行われるため、絶対に無意味です。
*デバイスにOSを再インストールしたり、破棄したりすること。全てのビデオが既にリモートサーバーに保存されているので、この行為も無意味です。

下記は貴方が心配しなくても良いことです。*僕が送金を受け取れないかもしれないこと。
– すべての行動を継続的に追跡しているので、送金が完了するとすぐに表示されるため、安心してください。(僕のトロイの木馬マルウェアは、TeamViewerのようなリモートコントロール機能を搭載しています。)*貴方が送金を完了しても僕が貴方の動画をシェアするかもしれないこと。
– 僕を信頼してください。貴方の人生をもっとややこしくするつもりはないし、シェアしたいだけなら、この手紙を送らずに行っているはずです!

全ては公正に行いましょう!

あと、もう一つ・・・将来的にも同じような状況に引っかからないで下さいね!
僕からの警告は、頻繁にパスワードを変更し続けることです!

***********

【YouTube】二つの動画削除されるも、3ヵ月後にペナルティ解除!!

 

YouTubeの利用は10年以上になります。その間 7回は確実ですが、8回?のアカウント停止の洗礼を受けています^^;  日本上陸まもない2008年ごろは、著作権のチェックがきびしく現在ほどゆるくはありませんでした。昔はアップしたらNGだったコンテンツでも、現在ではOKという動画や楽曲がたくさんあります。

また、動画&ステレオ音源のコンテンツをアップしても、ビットレート制限で音声は必ずモノラルになっていました。動画解像度480Pでした(現在の最高解像度2160P)。中にはステレオ音源でアップしていた人がいて、どうやっているのだろうと興味津々でした。いろいろトライしていたところ、動画画質を犠牲にして(240Pに落として)音声ビットレートを上げると可能なことが分かり、アクセス数を上げるためにも、他のチャンネルにはない一歩進んだマイチャンネルに悦に入ったものです。

YouTubeに関するノウハウは、様々体験からかなり持っていますが、動画アップには注意を払っていても、動画アップしてから1年~2年以上経って安心した頃に、突然動画を削除されることがあります。動画削除されるとペナルティは、90日間経たないと解除されません。動画削除3回でアカウント停止とアップした動画はすべて削除されます。当然、停止されたアカウントと削除された動画のチャンネルは二度と利用できません(復活の可能性はありますが、最低でも5年以上は必要:体験済)

1回目動画削除後、2回目の動画削除があった場合、その時点からさらに90日間のペナルティが課せられます。仮に1回目動画削除が1/1で、2/1に2回目の削除があった場合、、すべてのペナルティが解除されるのは4/30ということになります(1回目ペナルティ解除は3/31)。

今回の私の事例では、1回目の動画削除が2021年4月12日(ペナルティ解除7月11日)にあったのですが、その1週間後の4月19日に2回目の動画削除(ペナルティ解除7月18日)がありました。先日すべてのペナルティが解除される7月18日が無事過ぎて、現在ペナルティのないクリアなマイチャネルになり、ほっとしたところです。

 

経験上、2回目の削除があると、それから1ヵ月以内に、間違いなくアカウント停止されます。3回目はいきなり動画削除と同時にアカウント停止されるので、いつ動画削除されるのかびぐびくもんでした。昔は、3回目はどの動画が削除されたか分からなかったので、新たに動画アップする際、該当する場合があると、再び洗礼を受けてしまいます。

3回目の動画削除をされないためには、あぶない動画を予測しながら、アクセス数に関係なくアップした動画を削除するしかないのです。でもダメでしたねぇ。これを7回ないし8回も繰り返した訳でありますw

そこで、突然のアカウント停止を避けるために考えたのが、ペナルティ解除されるまで、チャンネル内のすべての動画を「非公開」にした事があります。「非公開」にするとYouTube内のインデックスに表示されませんので、検索でヒットすることはありません。削除の場合と違って、アクセス数やコメント、Good件数(Bad件数含)は保持されます。この方法を、数年前にトライしてアカウント停止されることなくうまく成功した経緯があります。

しかし、ペナルティ解除後 「非公開」のすべての動画を順次「公開」に戻しても、元の1日当りの総アクセス数に戻るには半年~1年以上かかります。たとえ10万件以上アクセスのあった1動画であっても同様です。実感としてアカウント停止後に、チャンネル開設をし一からアップした場合と大差ない印象です。

 

で、少々冒険でしたがトライした今回の方法は、すべての動画を「非公開」にするのではなく、動画の一部を「非公開」にしてみました。つまり、約150ある動画の1/3に当たる50近くの動画を「非公開」にした訳です。この方法だと半分以上の動画は公開しているので、ペナルティ解除されるまで、チャンネルの総アクセス数を極端に落とすことなく、解除後 公開に切り替えた動画がすぐにアクセスアップしなくても、総アクセス数は徐々に上昇するので問題ありません。

ペナルティ解除の7/18以降、一部の動画を除き「公開」に切り替えましたので、公開動画数はほぼ元に戻りました。ペナルティ中も該当チャンネルの1日当りの総アクセス数は、3万件前後ありましたが、もっと多くあった削除前のアクセス数にいつごろ戻るのか様子見です。予想として半年以上は、かかるような気がします。

2012年10月以降は、第三者に著作権あるコンテンツのアップロードやダウンロードは、私的利用であっても禁じられております。YouTubeにアップしている動画の多くが、私を含めて著作権に触れるものばかりです。しかし、広告が貼られたり、動画の著作権者への収益化で、違法なアップロードであっても合法的に扱われるようになりましたが、それでも認めない動画はあるようです。

削除するのではなく、外国系コンテンツのようにブロック(ペナルティ無し)でも、実質削除せざるを得ないので、邦楽もそう願いたいものです。

年々、昭和が遠くなる昨今、該当のマイチャンネルにおいては、団塊世代以上の人たちには楽しんでもらう為にアップしています。また若い人たちには良き昭和の音楽を知ってもらう為に、懐かしい1960年代~1970年代の昭和の楽曲を中心にアップしていますので、大目に見て貰いたいものです。

最近、排便回数が増えてきた 健康な人の回数どれくらい?

今回は、「ウンチ」に関するお話です。どんなえらい人でも、飛び切りの美人でも、万人はウンチをします。排便回数って誰にも聞けるお話ではないので、自分の体験を通して色々調べてみました。

私の場合、若いころからずっと基本的に排便回数は1日1回と決まっていましたが、最近 1日の排便回数が2回~3回と増えてきました。朝食が終えてしばらく経った午前9時前後に最初の排便があります。

1回目の排便後(平均的な便量があります)は、すっきり出た感じで残便感はありません。すぐにではなく、昼や夕方近くの排尿時に便意をもよおすことが多く、そのままガマンすると便意はなくなります。仮に2回、3回目と排便しても便量は少ないので、ガマンをして排便を1回で済ませることは可能ですが、ガマンするより素直に出した方が健康にとってよいと思いそうしています。

排便回数が増えたからといって、下痢をしている訳でもなく、便の硬さは少し柔らかめで、便の色も正常(黄色っぽい)で問題ありません。ちなみに、便の色が黄色または黄色がかった褐色は、腸内細菌のバランスが良い(善玉菌が多く悪玉菌が少ない)ことに通ずるそうです。腸は第二の脳とか第二の心臓とも言われ、免疫力を高め病気にかかりにくくなります。1日のお通じ(便通)は大事なのであります。

そこで、ネット上で関連記事を調べると、毎日朝1回排便する人もいれば、週に3~4回程度の人、1日2回出る人もいますが、これらすべて正常範囲の回数なんだそうです。記事の受け売りすれば、1日3回の人でも正常範囲内であり、一方週3回でももすっきり出ているのであれば便秘ではないそうです。

健やかな便通は、毎日の食事にも関係してきます。私は、納豆・豆腐・キノコ類(舞茸など)・ヨーグルトや繊維質の多い野菜は毎日食べています。肉より魚が主体です。最近、食事量が少し増えました。週3回のランニング練習はしていますが、体重60kgはキープ、ウエスト91cmのままです。

前記事にも書きましたが、他人を煩わすことなく健康寿命が延ばすことが大事です。元気であることに感謝しながら、これからもオマケ人生を大いに楽しみたいと思っています。

「老老介護」承諾殺人 夫婦で交わす最後の会話に涙(広島)

 

「今日死ぬか」と72歳の夫が問う。寝たきりの80歳の妻は「ええよ」。それが49年間連れ添った2人の最後の会話だったという。7月3日 中国新聞一面にあるコラム「天風禄」の冒頭の書き出しであります。

ふたりに子供はおらず、広島市内に住む近所では長年おしどり夫婦で有名だった。夫(72歳)は、今年4月、自宅で妻(当時80歳)から承諾を得たうえで、首をマフラーで絞めて殺害した承諾殺人の罪に問われていました。自らもカッターナイフで手首を切って自殺をはかったが未遂に終り、後追いは果たせなかった。冒頭陳述で検察側は、「被告はがんを患い体力が弱まる中で、脳梗塞などで動けなくなった妻の介護を続けていたが、限界を感じるようになり、心中を持ち掛けて犯行に及んだ」と指摘。

妻は6年前に脳梗塞で左半身麻痺になり、介護なしでは歩けなくなった。介護認定は受けたものの他人に迷惑をかけたくないと、介護施設への入居を拒んでいたそうです。しかし、自宅で介護をしてきた夫もがんが再発、心身ともに追い込まれ疲れ果ていたことは想像つきます。夫も「やれんのよ」と近所の人に漏らしていたという。妻も精神的に落ち込みいつも「死にたい」という妻の言葉に、冒頭の会話へ繋がったのかと思うとやるせない気持ちになります。

広島地裁はがんの闘病生活を送りながらの介護など酌むべき事情があるとして7月2日 懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました(冒頭写真は広島地裁)。この心中事件の経緯は新聞などでご存知の方も多いと思いますが、これから超高齢社会に突入する時代において他人事で済まされません。

裁判官は判決の言い渡し後、「長いこと奥さんのために尽くしてきたと思いますが、今後は自分のことも考えて、心穏やかに過ごしてください」と被告に語りかけた。

 

「老老介護」は社会問題でもあり、高齢社会におけるテーマでもあります。「自分一人でなんとか頑張らなくては」と抱えるような社会にしてはいけませんね。高齢者も日ごろから健康管理をしっかりしておかねばなりません。

高齢社会を生き抜くためには、介護問題と併せて、少しでも他人の手を煩わさない健康寿命を延ばすことが大事です。2019年(最新) の「平均寿命」と「健康寿命」は以下の通り。毎年7月30日厚生労働省より、前年度のデータが発表されます。

 平均寿命 (0歳から死ぬまでの年数)
男性:81.41歳 女性:87.45歳

 健康寿命 (平均寿命から寝たきりや認知症などの介護期間を除く年数)
日常生活を制限されることなく健康的に生活を送ることのできる期間のことをいいます。「日常生活の制限」とは、介護や病気などを指し、自立して元気に過ごすことができない状態です。
男性:72.14歳 女性:74.79歳

現在◯◯歳の人が、あと何年生きられるかという平均余命(簡易生命表)というのもあります。
例えば、現在70歳の人は、15.96歳を加えた85.96歳まで生きれるという事です。平均寿命を超えてしまいますが、人は高齢になればなるほど、統計的に平均寿命を超えて長生きします。
「平均寿命」は、「0歳時の平均余命」と言えます。

 


出典:「厚生労働省」Webサイトより


出典:「厚生労働省」Webサイトより

「ひろしま国際平和マラソン」二年連続中止は誠に残念です

毎年、11月3日(文化の日)に開催される「ひろしま国際平和マラソン」の開催中止が決まった。7月に入っても、正式な発表がなかったので、ひょっとしたら開催されるかなと期待していましたが、7月8日 正式に開催中止の発表がありました。

昨年は、コロナ禍で1981年第一回開催以来、初の中止になりましたが、今年も昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染の収束が見えず、二年連続で開催中止になった次第。中止されることなく順当に開催されていれば、昨年は第40回、今年は第41回の開催になる筈でした。

ひろしま平和マラソンは、チャレンジコース10kmに、通算7回参加していますが、すべて完走しています。昨年は、私も前立腺がん治療で、開催されたとしても参加はできませんでしたが、治療も無事終わり、今年の開催には、ぜひ参加する予定でしたので、誠に残念であります。治療中もランニング練習は週3回欠かさずしており、これから少しずつ練習距離を延ばし、参加に合わせて調整に入る予定でした。

また、毎年3月に開催される「錦帯橋ロードレース」ハーフ21kmには通算3回エントリーし同じく完走。通常は全国からのエントリーですが、今年は 同じくコロナ禍で、山口県と広島県(大竹市・廿日市市)在住者限定で開催されました。来年の開催予定は決まっていませんが、エントリーを予定してます。ただ、同じ練習でも、年を一つ重ねるごとに、少しずつきつく感じられる年齢になってきました。

それでも同世代の人と比べれば、頑張っている方だと思いますが、加齢(高齢)と治療後の体重増加により、ハーフが所定時間内で走れるかなと懸念しています。ま、練習次第と思いますが、今年11月ごろには開催内容が判明すると思いますので、その時に決めようと思っています。来年80歳を迎えるのでムリをするつもりはありませんが、自分ではまだまだイケるの思っています(^^

チャレンジ精神旺盛で生涯学習がモットーなので、YouTubeにアップするための動画編集や専門書やパソコン関連雑誌もよく読みます。マラソンは健康の源~頭を使い体を動かし、元気印のシルバーとして頑張ります(笑)

【2021年7月】件名「ビューカードご利用確認」のフィッシングメールに注意!!

 

7月早々、「ビューカード」を騙るフィッシングメールが届きました。ビューカードはスイカが使えるJR東日本のクレジットカードであります。金額不足になっても自動的にチャージしてくれたり、利用者は多いと思います。私はビューカードを利用していないので、ひっかかることはありませんw

過去には大手銀行や運送会社、楽天などを騙るものが多くありましたが、その後アップルを騙るメールが目立つようになり、最近はコロナ禍で通販利用者が増えたせいか、アマゾンを騙る詐欺メールが多くなりました。よくもまあ、次から次へと手を変え品を変え来るものだと思いますが、やはり被害に遭う方がいる以上、犯罪集団はいろいろ知恵を絞って攻めてくるのでしょう。

インターネット全盛時代の現在、氾濫する詐欺メールの被害に遭わないようにするためには、詐欺メールの見極めの知識を身につけ自身で防ぐしかありません。

7月2日着信したメールは以下の通り。

差出人 Viewsnet.jp <view-update@jgfqermne.asia>
件名  ビューカードご利用確認
宛先 <私のメールアドレス>

ビューカードをご利用のお客さま
利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
 お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい

▼ご利用確認はこちら
https://viewsnet.jp.gvjnj.bar/
弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高
めるため、
▼VIEW’s NETログイン
https://viewsnet.jp.gvjnj.bar/
▼My JR-EASTログイン
https://viewsnet.jp.gvjnj.bar/
===================================
※お手もとにViewカードをご用意ください。
※お持ちのカードによっては、サービスを利用できない場合があります。
*ご注意ください*
変更のお手続きがない場合、弊社からの重要なお知らせが届かない場合があります。
◆おしらせメールについて◆
ビューのおしらせメール配信を「希望する」に設定すると、
各種サービスやキャンペーンなど、おトクな情報をお届けいたします。
===================================
株式会社ビューカード
東京都品川区大崎一丁目5番1号 大崎センタービル 〒141-8601
※本メールは送信専用です。
===================================
本メールに掲載されているすべての記事、文章等の無断転載を禁止します。
著作権はすべて、株式会社ビューカードに帰属します。
===================================

フィッシングメール(詐欺メール)が来た時、一番のキモは、企業が、ユーザーに対して、如何なる理由があろうと、本人確認のための個人情報(アカウント・クレジットカード番号など)の照会を、メールでお願いすることは100%ありません。その上、手続きをしなければ、利用制限かけるなんて論外です。

詐欺メールと判断するチェック箇所はいろいろありますが、ここさえ押さえておけば、メール内容から、詐欺メールはかなりの確率で見抜けます。

ちなみに、メール内のリンクをクリックすると、本物と同じ偽ログイン画面に誘導されます。本物か偽物との違いは、ブラウザから本物サイトのログイン画面を表示させると、URLが違う事で分かります。

メール文末にある「株式会社ビューカード」は本物の住所なので、その巧妙さにユーザーの多くが勘違いさせられるのです。

 

ビューカードを騙る詐欺メールは今年4月ごろから始まっており、すでに報告されていますので、現在はリンクをクリックしても、以下のようにアンチウイルスソフトにより、ブロックがかかります。尚、メール件名は同じでも、リンク先URLや差出人メルアドは、都度変更されているようです。