1ヵ月半で再び結膜下出血、人生3回目の眼科医院

お盆明けの8月16日、「結膜下出血」で近所の眼科医院に行ってきました。
実は、2回目の結膜下出血です。1回目は6/27でした。80日前ですので、厳密には1ヵ月と20日前ということになります。破れたれた箇所は違うものの。加齢に伴いあまり縁のなかった眼科医院に、続けてお世話になるとは予想もしませんでした。

同じ左目なのですが、前回は(瞳を境にして)外側の白目が真っ赤になりましたが、今回は内側(鼻寄りの側)の白目部分が赤く染まりました。前回同様、何の兆候や気配もなく、鏡をみたら、突然 べったり真っ赤になっているという・・・兎の目と言うよりドラキュラです。不気味な感じです(笑)痛みもなく視力には影響はありません。

症状に気がついたのは、8月13日の夕方でした。朝は何もなかったのに、何気に鏡を見たら真っ赤になっていたのです。盆休みとは知らず、翌14日(土)に朝一に医院に行ったのですが、当然ながら休みでした。盆休みの張り出しがなかった事もあり、何故かなと思いつつ、気が付いたのは帰宅してからでした。年ですねぇ ボケていたのかも^^;

はじめてだとびっくりですが、前回の診断と同じ状況であり、結膜下出血と理解していたので、発生してから眼科に行けない3日間は、手で目をこすったり、洗顔のとき水が入らないよう注意をしました。心なしか日々、赤い目が出血により、濃くなってゆく感じがありました。

結局、8/16、発生してから4日目に診断して貰った訳ですが、やはり「結膜下出血」でした。前回と同じ、充血を押さえるプリビナ液を調整配合した点眼薬を処方。くしゃみ・せき、過飲酒などでも出血するそうなのですが、思い当たる節がないので、加齢により血管がもろくなっているのかもしれませんね。週3回ランニング練習をやっていますが、運動は全く問題ないそうです。

今回の結膜下出血とは関係なく、検査の中で左右の目の視野が、少しずれているということで、1ヵ月先、視野検査をすることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です