【プリウス 】DIYによる3回目のエバポレーター洗浄を実施

愛車プリウスは。毎日の買い物の足替わりに利用するだけで、エンジンの調子もすこぶる良く、大きなトラブルもありません。2011年6月購入後11年間でオドメーターは 7万2千キロ少々、新車に買い替えする理由もなく、先日ディーラーに5回目のディーラー車検に出しました。

ディーラー車検の事前見積もりにおいて、エアコンのエアフィルター交換およびクイックエバポレーター洗浄を含む見積りが必ずありますが、ディーラーにたのむと1万円少々かかるので、少しでも車検費用を安くするため、3回目の車検から自分で作業しています。ちなみに、エパポレーターとは空気を冷却する熱交換器の事です。

またディーラーで使用する同じ純正品を、アマゾンから入手して作業を行います。パーツは事前に手配していましたので、エアコンのエバポレーター洗浄とエアフィルター交換を行いました。DIYで行うのは3回目になります。作業は簡単なのでどなたでも出来ます。3年前、当ブログにてエバポレーター洗浄の詳細手順を掲載していますので、参考にして頂ければと思います。

ドライブジョイ(DRIVE JOY)クイックエバポレータークリーナーデンソー(DENSO)のクリーンエアフィルターの製造元は、トヨタ系のブランドなので品質については安心です。現在発売されているエパポレータークリーナーのパーツNo V9354-0009は、今までのV9354-0006の後継品となっています。エバポレーター洗浄とクリーンエアフィルター交換はパックで行った方がよろしいです。作業は30分以内で終わります。

※ 左:DROVE JOYクイックエバポレータークリーナーV 右:DENSOクリーンエアフィルター

※ アマゾンの注文品詳細

クリーンエアフィルターを装着したとき、グリーン(左)が上側で、黒っぽい(右)が下側になります。冷風の流れは下から上に流れますので下側が汚れます。もともと黒っぽいことを知らなかったので、車検3年目にはじめて、自分でエアフィルターを取り外した時、3年分の汚れで真っ黒になったのだと思っていました(笑)。

2年前に交換しましたが、今回取り外しましたとき、新品と比べるとやや黒さは増しているかなという感じです。蛇腹部分を開くと粉塵で汚れているかなという印象ですが、年間走行距離は少ない分思うほどは汚れてはいませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。