【詐欺メール】件名:Amazon口座が違反していますので、本人認証をお願いします

アマゾン(Amazon)を騙るフィッィング詐欺が、手を変え品を変え急増しており、あとを絶ちません。近年 ネット通販を利用する人が多くなり、コロナ禍でさらに利用者は増える傾向にありますので、詐欺集団にとっては、アマゾンは絶好のターゲットなのかもしれません。増え続けるのはそれなりに犯人が味を占めている証拠であります。

アマゾンを騙るメール件名も都度変えて、内容も巧妙になってきていますので、詐欺メールであることを見極めることが必要です。今回の詐欺メール内容は以下の通り~

 

***************

件名:Amazon口座が違反していますので、本人認証をお願いします

Amazonお客様

Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Amazonのアカウントを更新できませんでした。今回は、カードが期間切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っているが故に、お客様のアカウントを維持するためAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

 Amazon ログイン 

なお、24時間以内にご確認ない場合、誠に申し訳ありません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ:Amazonカスタマーサービス

どうぞよろしくお願いいたします
Amazon

****************

いつもの事ながら、文脈や文章表現に、企業として不自然な言い回しがあり、違和感があります。差出人のメールアドレスもドメインにAmazonを含んでいませんし、正規アマゾンメールでは、「Amazonお客様」のところは、《 個人名 (フルネーム) 様 》で表記されます。

さらに、「Amazonログイン」のリンクは、右クリックでURLをコピーしてメモ帳などに貼り付けることで、偽物であることがわかります。今回は短縮URLになっています(偽URLは長い文字列が特徴です)が、正規URLは、Amazonを含むシンプルな文字列になっています。

 

極めつけの未然防止は、アマゾンへのログインを、セキュリティ強化された「2段階認証」にする事です。設定すると、ログイン時、登録したスマホに送られてくるSMSで6桁の「確認コード」を入力しないと開けない仕組みになっています。偽サイトからアカウント情報を盗まれても、犯人はログインすることができません。

但し、クレジットカード情報まで入力した場合は、悪用される恐れがあるので、早急にクレジットの無効手続きをすることは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です