リッピングソフトDVD Shrink は今?

DVD Shrink(DVDシュリンク)は、完成度の高さと操作性の良さで人気を博したリッピング定番ソフトです。



DVDコピー、リッピング、片面二層DVD(8.5GB)を片面一層(4.7GB)に容量圧縮、言語選択、不要映像削除、リージョンコードフリーなど出来るのでマニア間では重宝されたフリーソフトでした。

 

2004年7月(日本語版Ver3.2.0.16)で開発終了になったものの、以降もDVDの殆どがCSS(コピープロテクタ)を採用しているため、問題なくリッピングおよびエンコードできましたので、2012年10月著作権法改正でプロテクタ解除を目的とした使用が禁止されるまで利用した人は多いと思います。

 

尚、自作DVD2枚を1枚したいとき、DVD Shrinkの圧縮機能を利用することで可能ですが、この場合の活用は違法にはなりません。

 

 

映画好きの私も改正前までは、「TSUTAYA」で借りたDVDが、忙しくてレンタル期間中にすべて見れないとき、isoイメージでリッピングしておき、あとからパソコン上でゆっくり鑑賞する使い方をよくしていました。
別途ライティングソフトで、そのまま焼けば簡単にDVDが作成できました(当時は自分で楽しむ分にはOKでした)。

 

現在、公式サイトからの配布はなく、使い方やリンクを紹介した関連本もぱったりと発売されなくなりました。 2012年10月著作権法改正以降、当該ソフトの提供・使い方など掲載した雑誌発行元や自らファイルをアップしてリンクで紹介した人が逮捕され、すでに罰則が適用されたケースがあります。

 

ネット上では改正前の投稿なのか使い方やリンクの紹介しているサイトが一部見受けられますがリンク先は消滅しているものが殆どです。 つまり、現在は入手不可能になっています。

 

DVD Shrinkの味を知った人が、ぜひとも入手したいとネットを探せばあるにはありますが、変なところからダウンロードするとマルウェアやウィルスに感染しかねません。
英語版Ver3.2.0.15 は入手できるところもあるものの、国内でのリッピングを目的とした利用は、個人で楽しむものであっても違法になるので内緒で使う人はいるかも。

開発終了されたと言え、現在でも十分利用できる秀逸なフリーソフトなので、本音のところ少なからず「隠れDVD Shrink 愛用者」はいると思います。

私はどうかって? もちろん現在は使っていませんよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です