Pokemon GO(ポケモンGO)を爺さんがやってみた!

7月22日、ついに日本で「Pokemon GO(ポケモンGO」が配信開始されました。
無料アプリでは、すでにランキングトップになっています(APP STORE)。

PokemonGo5

PokemonGo2

私自身は爺さんと思っていませんが、古希をすぎれば回りから見れば正真正銘の爺さんであります^^
私の世代では、興味ある人は少ないでしょうが話ネタとして早速やってみました。

22日当日はダウンロードが殺到するので制限がかかると思い、本日App Storeであっという間にダウンロード終了。 インストール後 生年月日やアバターなど所定の設定が終わるとゲームが始まります。

歩いているとポケモンが現れるのでタップして、モンスターボールをポケモンに向かってスワイプ、ヒットすれば捕獲できます。 捕獲ポケモンを増やすことで進化し、新たなバトルが展開し難易度が上がってゆくようです。 現在ポケモン三体をゲット!

一体捕獲したところでニックネーム登録(英数字のみ)があるのですが、使用できる名前なかなか見つからず何度も却下されここで苦戦する人が多いようです。 同じ登録ネームがある訳なので末尾に数字3~4桁追加すれば意外に早く登録できます。

PokemonGo1PokemonGo3pokemonGo6

iPhene6を使っていますが、過去通常使用で本体が熱くなったことがないのに、ポケモンGOをプレイし始めて数分で本体バッテリがかなり熱くなり始めました。
多分、GPSで位置情報を確認しながらカメラも使うというフル稼働のARモード(カメラで撮影したリアルな風景を活用)のせいだと思います。

スペックの低いスマホだと対処できないケースもあるかもしれません。
バッテリ喰いゲームなので連続使用には注意も必要です。

歩きスマホも社会問題になっていますが、ポケモンGOで拍車がかかるようになっては問題ありですね。  私には通常のゲームの域は出ず、楽しいには違いありませんが、ハマる気にはなりません。
ゲームとしてはたまにするプレステ3の方が楽しめます(ボケ防止です^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です