日別アーカイブ: 2014年12月26日

やっちゃった! 愛車プリウスが・・・

その瞬間、ガリガリッ・・・購入4年目プリウスの後部左サイドをコンクリートの柱に擦ってしまった!
一昨日、某ショッピングセンター(5F)ビル駐車場の螺旋スロープを上る曲り角の支柱に、車の左側をひっかけてしまったのです。  年末押し迫ったこの時期に・・・気分は完全にブルー・・・(;O;)

狭いスロープではありますが、何度も利用しており擦るところではないのに・・・ 前の車への追従に気をとられ、ハンドルを左側に切るタイミングが早すぎた為でした。 誰にも文句を言えない独り相撲~

prius_jison

翌日、ディーラと自動車保険会社に各々連絡をとり、ディーラにプリウスを持ち込み見積りをして貰ったところ修理代は約35万円。 板金で対処できるところはホイルハウスの上部くらいで二重構造の隙間が潰れているドアは要交換だし、強度を保つ厚いフレーム部分もくの字にへこみこちらも板金不能。 カッターで上下切断し新しい鋼材と入れ替えするとのこと。

思いのほか重症で修理期間は2週間~年末年始が入るので来年の20日ごろになりそうです。 年明けの持ち込みを考えていましたが、サビが発生するのですぐ工場に入れることを勧められました。

半年前(車検時)数万円かけてボディーコーティングしたばかりですがこれも保険対応できるようです。
そのほか修理期間中の代車(ナビ・ETC付シルバーのプリウス)も手配して貰いました。  すべて諸々をいれると総費用50万円くらいかかりそうです。

修理代は車両保険に加入しているので免責5万円の負担のみ。 車対車の場合はゼロでそれ以外の車両損傷は免責ありの保険にしているので今回免責が発生した次第。 トータルアシストタイプの保険なので代車費用も一ヶ月まではOKです。 交渉状況は保険会社のWeb上で逐一報告してくれます。

ここまでお話だと保険対応で良いことづくめですが続きがあります。 2013年よりノンフリート等級(無事故割引)が改定され、割引率が「無事故」と「事故有」の二種類が設けられ、後者の方の割引率が大巾に落ちるよう設定されています。 従来は20等級で割引率が63%あったものが一般的な事故であれば57%位で済みましたが、昨年の改定以降これが38%位まで一挙に落ちます。

私の場合、約75,000円(年間)だった保険料が、今回の自損事故で年間保険料がさらに約5万円割増しになり、次回更新時の年間保険料が13万円近く跳ね上がります。 相手がいてもいなくても保険を適用すれば同じだそうです

この高額保険料が3年間続き、その間無事故(保険適用なし)であればノンフリート等級が元に戻ります。
つまり、
3年間で従来の保険料より、約15万円も余計に支払うことになる訳で痛い話です。

運転は好きで車には毎日乗りますが、年齢の割りにはそこそこスピードは出すほうです。 でも、どこかで運転に対し慢心や過信があったのだと思います。 保険料の高額支払いは痛いですが、授業料と思い運転には気をつけたいと思います。