便利な無料公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)だけど・・・

外出先でインターネットに繋げたいとき、無料の公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)があると助かりますよね。 スマホのデータ通信量を節約する為に、無料Wi-Fiスポットを利用されている人は多いと思います。

回線契約なしに使える便利なサービスですが、暗号化されていないWi-Fiスポットの利用は危険がいっぱいなので注意が必要です。 スマホユーザはパソコンユーザほどはセキュリティに注意を払っている人は少ないかもしれませんが・・・

現実にID・パスワードやクレジット番号を盗みだされたり、ウィルス感染・不正アクセスなど無料Wi-Fiスポット利用によるインターネット被害が多発しているそうです。

そうは言うものの、私も外出先で鍵マークのないWi-Fiスポットを利用することはありますが、動画配信サイトの視聴やニュースなどの閲覧に限っています。 
ログインが必要なページにはアクセスはしないようにしています。

契約しているキャリアはソフトバンク(iPhone6)ですが、Wi-Fiスポットは全国に約46万箇所、キャリア三社の中ではダントツに多く大抵はこちらだけで済むことが多いです(467円/月なるも契約者は無料) ちなみにドコモのWi-Fiスポットは約15万箇所、AUは24万箇所です。

SSIDは0001softbankと0002softbankが二つあり後者が暗号化(WPA)されています。
もちろん後者を優先にしています。

私が利用(登録)している無料のWi-Fiスポットはセブン・イレブン系の「7SPOT」とイオン系の「AEON MALL」だけです。 カミさんのお供でショッピングモールなど時間待ちに利用するからです^^

「正体不明なアクセスポイントは利用しない」、「ログインの必要なページにはアクセスしない」の2点を厳守するだけでも一歩前進です。
また暗号化されているものでも「WEP」は安全性が低いので過信は禁物。「WPA」がベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です