ドラレコKNA-DR300が一年で壊れてしまった!

昨年7月に購入したケンウッド製ドライブレコーダKNA-DR300が一年過ぎたところで、ついに壊れてしまいました。

厳密には録画機能は大丈夫なのですが、4個ある操作ボタンの一つ(メニューボタン)が全く動作しなくなり、各種設定や録画ファイルの再生ができなくなりました。 

driverec01driverec05

ドラレコは肝心のときに録画されていないと意味がないので、きっちと録画しているか1ヶ月一度操作ボタンで再生モードにしてチェックをしていましたが、現在は録画確認はマイクロSDを取り外してPCで再生するしか方法がなくなりました。

購入当初より、ステーに取付けたドラレコのロックが甘く、つまみを手で思いっきり締付け方向に回してもダメで、ちょっとさわるだけで簡単に動いてしまう傾向があったり、メニューボタンも何度か押さないとメニュー画面が表示されないなど・・・不具合傾向は最初からありました。

故障時、すぐ購入店に持ち込めるのでと、時間や手間のかかるネット通販でなく地域の店で購入したのに・・・すぐ持ち込まないと何の意味もなしませんね^^; 気がついたときは保証切れ一週間すぎていました。

ただ、ドラレコ取付けのプリウスは、屋外駐車場に駐車しているので、夏場3ヶ月間は炎天下にさらされる環境にあり、車内温度は80℃前後になります。 KNA-DR300の設置環境は-10℃~60℃なので、やはり無理なのかなと思ってしまいます。

また、一緒に購入したとトランセンド製マイクロSD32GB(クラス10)が、購入後5ヶ月目(昨年12月)に先に壊れた経緯があります。

microSD32

で、耐熱温度-25℃~85℃のサンディスク製マイクロSD32GBに買い替えて以降は問題なしで、今年の夏は越せそうなのですが、ドラレコ本体がどこまでもつか心配なところです。

microSD32G

録画機能は問題ないので、このまま使いながら様子をみて次回買直しのドラレコを検討しようと思っています。 2万円で購入したものですが、3年はもってほしいところです。(現在一年落ちでアマゾンで11000円で売られています^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です