日本のメダル獲得はどこまで伸びるか?

リオオリンピックが熱いですね。

徹夜はしませんが日中でもLIVEもあるし、夜中行われるものは中継録画で十分楽しめます。
本日の卓球女子団体(対ドイツ戦)では、愛ちゃんの準決勝5戦目シングルはとても残念な試合でした。

あと2ポイントというところまで愛ちゃんが追い込んだのに、最後の最後エッジボールに泣かされるとは!
運も勝負のうちとはこの事です。 でも見ごたえのあるいい試合内容でした。
敗者復活戦で銅を期待しています。 また 期待の女子マラソンは入賞すらも叶わず惨敗でしたねぇ。

男子競技も応援していますが、やはり花のある女子競技に目がゆくのは否めません^^;
これからのレスリング、バトミントン、シンクロの女子力に期待したいところデス~

リオオリンピック10日目で日本の獲得メダルは合計26個(金7、銀4、銅26)になりました。
米国の大手データ会社「グレースノート」によるリオデジャネイロ冬季五輪開幕前の予想では、合計36個(金14、銀10、銅12)になっていました。 残りどのくらい獲得できるか楽しみです。

水泳・体操・柔道などのメダルラッシュで、日本王国復活の兆しが見えつつあるも、数十年ぶりでメダル獲得したなどと報道される種目も少なくなく、ずいぶんメダルにご無沙汰だったんだなと思いました。

分かるものをピックアップすると(順不同)

*テニス男子シングル(錦織) 銅メタル 96年ぶり(アントワープ五輪以来)
水泳男子800メートルリレー 銅メダル 52年ぶり(東京五輪以来)
*水泳男子400m個人メドレー(金:萩野 銅:瀬戸)ダブル表彰 60年ぶり

*カヌースローラム男子カナディアンシングル(羽根田) 銅メダル 日本初
*卓球男子シングルス(水谷) 銅メダル 日本初
*体操男子団体総合 金メダル 12年ぶり (アテネ五輪以来)
*体操個人総合(内村) 金メダル連覇 44年ぶり (ロンドン五輪以降)
*男子柔道男子全階級メダル 52年ぶり(4階級東京五輪以来) 7階級制は日本初

*体操女子団体4位入賞  48年ぶり (メキシコ五輪以来)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です