古希過ぎて、二度目の五十肩になってしまった!

4月28日のブログに、左手を横にあげると痛みがはしる旨記しましたが、いっこうに症状が軽減するような事にならず近所の整形外科医院に行ってきました。

診断の結果、やはり五十肩でした。
70才過ぎたら七十肩というのかなと思っていたら五十肩というようです^^ 
一週間分の痛み止め内服薬と、毎日超音波による温熱療法をやりましたがいっこうに症状は良くならず。

50才頃にも五十肩をやりましたので(この時は右肩)、二度目ということになります。 症状は全く同じです。 当時も日中は、右手を激しく動かさなければそれほど痛みはないのですが、夜中に決まって痛みで目が覚め(安静時痛)、しばらく起きておかないと激痛が収まらず睡眠不足の毎日でした。

痛みは五十肩になった人には分かりますが、筋肉痛ではなく神経をつつくような痛みです。
外から揉んでも変化はないので、痛みの持っていきようがなく腕の置き場がないという感じになります。
脇の下に枕を挟み、腕を投げ出すようにし、腕の重さに任せ肩を延ばすイメージで腕を置くと痛みに反応~
一番痛みの少ない姿勢でじっとしていると痛みが軽減してきます。

一度目のはレクリェーション中、転倒で肩の強打がきっかけだったので、当時は五十肩とは思わずハリ・灸・整体や麻酔を使ったブロック療法もしたり、大病院のハシゴもしましたが、数ヶ月経っても痛みがとれず。
最後の病院で、五十肩と言われうまく付き合うしかないと言われて腹が決まり、いつの間にか治っていました。 でも1年位はかかりました。

今回も同様に、痛みで毎日夜中目が覚めます。
治療してもすぐ治るものでもないと分かっているので今は通院していません。
ただ、昔と違い若くないので快方に向かうのがどのくらいかかるのか見当もつきません。

こういった系統の痛み~つまり坐骨神経痛とか頚椎ヘルニアも過去経験があり、なんとか自然治癒で乗り切っていますので、少々きついですが今回も頑張ろうと思います

救いなのは、前後の腕フリは大きく振らなければ左右とも大丈夫なので、8km~10kmのマラソンの練習は今のところできているので幸いしています。 ただ、目標のハーフマラソンクリアはちょっときびしくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です