レーダー探知機が古くなったので、新しい機種を注文したが・・・

ドライブ好きの私にとって、レーダー探知機は必須アイテムであります。
最近はありませんが、スピード違反は数知れず・・・(笑)

でも制限速度40キロのところで、ネズミ捕りを張られれば誰でもひっかかりますよねぇ。
取り締まる側の点数稼ぎとしかいいようがありません。
一般道路で、追い越しをかけた先にネズミ捕り!  30キロオーバーで免許停止になったこともあります^^;

10年前、広島呉道路に向かう坂料金所前の高速道路で制限速度60キロのところを98キロで走ったため、38キロオーバーで反則点3、罰金3万5千円也! レーダー探知機を装着していたのに・・・です。
ピッピッ鳴ってはいましたが、不要輻射による誤動作だと思っていたのが運のツキでした。
その後、誤動作のない探知機に替えました^^
なお、
自動車専用道路では40キロオーバーで免停になります。

私の場合、車の間を縫うような走り方ではなく、あくまで流れに沿ってちょっとスピードを上げるくらいです。
車間距離に問題なければ、個人的には高速道路(制限速度100キロ)における120キロ前後のスピードは、車の性能を考えれば決して無茶なスピードではないと思っています。 
保証の限りではありませんが、高速道路のオービスは制限速度+20キロのノリ巾があります。

現在活用しているのは、GPSアンテナ一体型のユピテル製レーダー探知機(スーパーキャットGC-2600)です。 4台目になりますがずいぶん救われました。 購入してから故障もなくほぼ8年を迎えます。

speedradar2speedradar

全国のオービス設置マップが、本体メモリに埋め込まれており、該当場所1km手前くらいから3回に渡り音声で警告してくれます。 マップは有料で更新出来るようになっていますが、本体を送らなければならず、面倒なので毎年購入するオービスマップで補足していました(中四国管内の既路線では思うほど増えていません)。
警告もしてくれるオービスマップのスマホ用アプリもありますが、長時間ドライブではバッテリ食いで問題あり~

orbisMap

 正常に動作しているので、買い替える必要はないのですが、活用8年で元も取れたことだし PCやスマホでオービスマップ等の更新が無料で出来る新しいレーダー探知機を検討~機種も決めて昨日アマゾンに注文しました(後日レポートしたいと思います)。

あとでネット調べたら、今使っている機種(GC-2600)は、2007年で生産完了しているのに、9年経った現在もアマゾンで売り出されているのにびっくり!
思いのほか信頼性のある商品なのかも・・・十分使えるのにちょっと早まったかなぁ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です