本買取サービス・・・めちゃくちゃ安い!!

読んだ本を、皆さんはどうされていますか?

以前は、読書好きの友人にあげたり、燃えるゴミとして出していましたが、最近は次の購入費の足しにと買取りサービスに出すことがあります。

出された経験のある人には分かると思いますが、本買取価格のあまりの安さにびっくりします。

今から16年前(1999年)、初版として発刊された山崎豊子著「沈まぬ太陽」全5巻単行本(ハードカバー)をすぐ読んでしまったので、「BOOKOFF(ブックオフ)」の本買取サービスに出したところ、全5巻がなんと500円!
当時ベストセラーとして注目されていた本であったのに・・・
あまりの安さにびっくり~アホらしくなり出すのやめたのを覚えています。

発売されて数ヶ月しか経っておらず、当時新刊として書店にも並んでいる現役バリバリの本であり、一巻あたり1,500円前後の本が・・・です。
結局、他の小さな買取り店に出しオーナーに交渉したところ、それでも1500円でしたが 今思えばかなり良い方だったかもしれません。

若い店員が、書籍名や作家を確認する訳でもなく、本の装丁とかよごれをチェックするだけで、買取り査定は一分もかかりませんでした。
要するに、プレミア性とか発売日・作家名などは関係なく、装丁の状態だけで決めており、効率を図るため、アルバイトや新入社員など誰でも簡単に査定できるようにしているようです。

以来、買取りサービスには出しませんでしたが、たまに高く買取ってくれることのある「フタバ図書」(広島では有名な書店)へ出すようになりました。

購入3ヶ月以内の新しい文庫本で、いつも帯びがついたまま出すのですが、それでも9冊(6,000円相当)まとめて640円!でした。(いずれも新刊として書店で売られているものばかりです)

kaitoribook

futaba

文庫本は、一般的に一冊50円~100円くらいです。 古いものは値のつかないものもあります。
100円で買い取ったものは300円くらいで売り、
3ヶ月経って売れ残るようであれば100円になります。

私のように本を読んだら本買取りにすぐ出す人も少なくなくないので、新刊もちょっと待てば古本コーナで入手できる可能性は高いと思います。
原価が安いだけに利益率は新刊よりいいかも~いまや「アマゾン」や「TUTAYA」も本買取りサービスに進出しています~おいしいビジネスのようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です