2015年 解禁のボジョレーヌーヴォーを飲みました!

ボジョレーヌーヴォーの解禁日は、毎年11月の第三木曜日と言われています。
つまり、今年(2015年)の解禁日は11月19日になります。 実は私の誕生日でもあります(笑)

お酒は好きなのでワインもよく飲みますが、単純に飲んでおいしいものを選びます。

数十万円もするワインと千円のワインを比べて、素人が飲んでおいしく口当たりが良いと思うのは後者です。

目が飛び出るような高価なワインは、確かに作柄の良い年のものを使い 長く熟成された希少価値のあるワインには違いありませんが、ヴィンテージに重きをおき味より格付けや自慢を優先する空気感があります。

なので、私はただのお酒好きなだけで、ソムリエのような大それた薀蓄があるわけでもないので、毎年イオンで2000円位のものを購入します^^

今回購入したのは、「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU)」です。

nouveau1nouveau2

昨日、やっと飲みました
国産赤ワインと比べると 渋みが弱いと言われていますが、冷やすと独特の渋みが増し(私だけかもしれませんが)この味わいはクセになります。 購入したものはやや辛口系でしたがとてもおいしく戴きました。

「ボジョレーヌーヴォー」との違いは生産地の違いです。
「ボジョレー・ヌーヴォー」、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区のぶどうから造られた新酒です。

一方、「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」、ボジョレー地区の中でも限定された地域(ボジョレーヴィラージュ地区)のぶどうから造られた新酒なのです。 なので「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」の方がワンランク上となります。

「ボジョレー・ヌーヴォー」は、名前のとおり新鮮さがウリのワインなので、フタをあけたら鮮度が日々落ち 味もまずくなってゆきますので、数日で飲みきってしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です