ハブ(Hub)を交換しました。

現在、BUFFALO製8ポートスイッチングハブを使っていますが、スループット10/100Mbps仕様のものからGiga仕様(1Gbps:1000Mbps)のハブに交換しました。

有線ハブとして デスクトップPC3台、プレステ3、BDプレーヤー、32”テレビ、ルータなど7ポートを活用。
またルータに接続の無線LAN親機(ブリッジモード)は、40”テレビ、BD/HDDレコーダ、モバイルPC、iPhene、iPadなど利用。 計12台の端末が家庭内LANで繋がっています^^ 

今 使っているハブは故障している訳でもないのですが、現在 「フレッツ光プレミアム(100Mbps)」から「フレッツ光ネクスト(1Gbps)」への切り替えを検討中でして、前準備としてギガ仕様のハブに交換したという次第です。

私の住んでいるマンションは、昨年 管理組合の総意でギガ仕様の「フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」に切り替え工事済み~回線終端より住居まで光ケーブルの引込みすればいつでも隼にアップグレード可能なのです^^  

現在、インターネット上の回線スピードは30Mbps前後(フレッツプレミアムマンションVDSLタイプ)ですので、実用上不自由はありません。 NTT西日本管内にある(各府県にある)地域IP網での回線スピードは89Mbps前後です。 隼にすればこの部分が1Gbps(理論値)になるということであります。

ちなみにLANケーブルも、当初よりカテゴリ6(Giga仕様)を使っているし、無線LAN親機もギガ対応(有線スループット)です。 但し、無線LANのスループットは理論値300Mbps仕様となっていますが、無線でここまで出れば言うことありません。 複数あるパソコンのLANポートもギガ対応、CPUのスペックもクワッドなのでこちらも問題なし。

初期工事を除き月々の費用はほぼ変わらないし、現在の環境下では回線スピードも良くなることはあっても悪くなることはないと思っています。 フレッツ光ネクスト隼に変更した場合は、検討している方の参考にレポートします^^

8P_HUB018P_HUB02
Giga8ポートスイッチングハブ(スループット1000Mbps)

5P_HUB
以前取付けていた8Pポートスイッチングハブ(スループット10/100Mbps)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です