Windows10の予約は慎重に。

6月1日、マイクロソフト次期OSのWindows10のリリースが7月29日(水)と発表がありました。
併せて、Windows7や8.1が搭載されたPCのタスクトレイ(デスクトップ右下)に「Windows10を入手する」というアイコンがWindows Update経由で提供されており、 現在予約が可能になっています。

Windows10は、PCやタブレット、スマートフォンなどのデバイスを選ばず、ひとつのOSですべてに対応。
Windows7および8.1搭載PCにて無料でアップデートが出来ます。 最後のWindowsとも言われOSのサポート期限はなし。  つまり、インストールしたパソコンが壊れるまでOSのパッチなどサポートが受けられる訳であります。

予約手続きを済ませると、リリース後 案内と共に自動的にダウンロードされます。(予約取消はDL前であれば可能) 但し、インストールは自身でやることになります。
スタートメニューも復活し、使い勝手も良さそうなWindows10ですが、リリース日までにアプリや周辺機器・デバイスのドライバーなど毎度の事ながら対応が間に合うとは思えません。  

Window7からのアップデートではデスクトップガジェット(脆弱性により現在は配布廃止)やソテリアを含むゲーム、Widows Media Centerなど削除されるようですし、標準機能だけではDVDが再生できなかったり、動作しないアプリや周辺機器も生じてくる懸念があります。
アップデートしたばかりにWindows10の機能を有効に活かせないのでは意味がありません。
インストールする前に、必ずCドライブのバックアップはとっておきましょう。

リリース後一年間無料ダウンロード期間がありますので、各メーカのサポート情報など確認しながら、アプリや周辺機器の動作するメドがたってからでも遅くはありません。 Win7の操作感はXPの延長上にあり使い慣れている方も多く、8/8.1もサポート期間は充分あるので、急いでアップデートすることもないと思います。

win10_01
タスクトレイのWindows10予約アイコン(Windowsマーク)

win10_02win10_03
アイコンをクリックすると現れるウィンドウ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です