NHK朝ドラ「マッサン」が放送終了~夫婦愛に感動!

昨年9月29日からはじまったNHK連続テレビ小説「マッサン」が昨日(28日)最終回を迎え終了しました。。
ニッカウィスキー創業者の竹鶴正孝さんとその妻リタさんの歩んだ波乱万丈の人生を元に構成されたドラマです。 物語の中では亀山政春と亀山エリーとして登場~竹原、大阪、北海道と・・ところ変わっても広島弁を話し通すマッサンに、同じ広島県人としてとても親しみを覚えました^^

ドラマの中のマッサンとエリーの夫婦愛に感動! 涙腺が弱くなったせいもありますが、カミさんと鼻をすすりながら共々泣かされました。 悲しみと違いドラマなどで涙したり感動することは体にも良いことだそうです。

エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんの集中力と感情移入がすごいです。
当初日本語も話せないのでローマ字読みにして発音を覚え、せりふの意味を英訳して内容を把握した上で演技に臨んでいたそうですが、せりふの内容に応じ自然に涙するその演技に感心しました。

朝ドラは、「ちゅらさん」(平成13年)以来見ていないのですが、「あまちゃん」のじぇじぇじぇでブレイクしたのをきっかけに一度みてみようと、「ごちそうさん」から「花子とアン」と続けて見ました。 「花子とアン」も実話を元にしたドラマでしたが毎日かかさず・・・といっても録画して夜中に見ていましたが、こちらもよかったです。

「マッサン」も同様、カミさんと毎日23時半ごろ録画したものを鑑賞。 ドラマのような夫婦になれたらなと・・・つくづく思います。 理想ですが・・・(笑)

massan1massan2massan3massan4
massan5massan6
NHK連続テレビ小説「マッサン」最終回より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です