追悼~高倉健 「冬の華」 

昨年11月高倉健さんが亡くなって2ヶ月経った今も、追悼番組や彼の出演した映画がTVなどで公開されています。 レンタルショップでは高倉健さん(菅原文太さんも)の特別DVDコーナを設けています。 YouTubeも関連する投稿が目につきます。

高倉健といえば、「網走番外地」・「日本侠客伝」・「昭和残侠客伝」など仁侠映画でトップスターとして揺るぎないものにしました。
東映退職後独立してからの「幸福の黄色いハンカチ」・「冬の華」・「遥かなる山の呼び声」・「居酒屋兆治」・「駅」・「夜叉」など・・・前科を背負った役どころも多いですが「動乱」・「八甲田山」・「鉄道員(ぽっぽや)」のような制服をきた役もピカ一ですね。 とにかく目深にかぶった帽子やキャップがとてつもなく似合う俳優さんは他にいないと思います。

健さんの映画はたくさんある中で第一回日本アカデミー最優秀主演男優賞をとった「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)がよく話題にされますが、受賞を記念して翌年製作された降旗康男監督の「冬の華」を忘れてはいけません。

個人的には、健さんの映画を語るのに、この「冬の華」は外せません。 高倉健の真骨頂といえる「男の美学」を謳った作品だと思います。 この映画は昨年11月23日14:00からBSジャパンで放映、今年も本日1月9日BS朝日で19:00から番組で放映されます。 クラシック音楽とクロード・チアリのテーマ音楽が見事にマッチング~何度みても胸にぐっときます。

私がアップした「冬の華」、諸般の事情でブログ内での限定公開にしています。(YouTube上では非公開)

P.S 埋め込みは出来ませんがこちらにもアップしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です