Windows10のバージョン確認方法とサポート終了日

Windows10 は、大型アップデートが年に2回あります。この大型アップデートによってバージョンを最新のものに更新し続けることで、サポート期間を継続し続けることができます。

従来のWindowsでは、メインストリームサポートが発売後5年間、延長サポートはメインストリームサポートの期限が切れてから5年間と設定されていましたが、Windows10では、大型アップデートを年2回にしたことから、基本的なサポートは更新後、約1年半と短くなりました。

Windows10のアップデートは、Windows Updateで自動で更新されるので気にする必要はありませんが、大型更新の場合、「ダウンロードしてインストール」待ちで保留されている場合があります(私の場合、最新Ver2004では不具合が発生し、前Ver1909にしているため、以下の通りVer2004で保留ままになっています)

 

 

型落ちのパソコンを購入したり、トラブルで初期設定やリカバリーした場合は、Windows10のバージョンが古いものになっている可能性がありますので、セキュリティ上からも、常にOSは常に最新バージョンにしておきたいものです。

それには、利用しているWindows10のバージョンを確認する必要があります。
バージョンの確認方法は、いろいろありますが、一番簡単なのは以下の通りです。

1. スタートボタン右にある検索欄に「winver」と入力
2.
ウィンドウ上部にある「winver コマンドの実行」をクリック
3. 「Windowsのバージョン情報」が表示されます

 

 

更新方法は、「スタートボタン」⇒「設定」⇒「更新とセリュリティ」⇒「Windows Update」からですが、手動でする場合は、こちらかも可能です。

 

リリース日 名称 バージョン サポート終了日
2015年07月29日 初期バージョン 1507 終了
2015年11月10日 Novemver Update 1511 終了
2016年08月02日 Anniversary Update 1607 終了
2017年04月05日 Creators Update 1703 終了
2017年10月17日 Fall Creators Update 1709 終了
2018年04月30日 April 2018 Update 1803 終了
2018年11月13日 October 2018 Update 1809 2020年11月10日
(当初2020年05月12日)
2019年05月21日 May 2019 Update 1903 2020年12月8日
2019年11月12日 November 2019 Update 1909 2021年05月11日
2020年05月27日 May 2020 Update 2004 2021年12月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です