マラソン練習日記 その89 小さい秋~彼岸花~屋外練習9.8km

 

天高く馬肥ゆる秋~最近では聞かれないフレーズ?になりましたが、もう秋ですねぇ。
コロナ禍がなければ申し分ない季節です。本日の天気は、雲ひとつない快晴でした。
気温24℃(スポーツジム駐車場)湿度50%、マラソンの屋外練習にはベストコンディションであります。

いつも走っているコースの一部が工事中のため、本日も気ままにコースを見つけながら変則的に走りました。今日はラン友Mさんと一緒でした。

本日の記録は、以下の通り

タイム:1時間4分 走行距離:9.85km 平均ペース:6分33秒 最高心拍数:144bpm

マラソン大会も次々と中止になり、目標もなくなったので、健康の為だけにのんびり走っています。ホルモン治療中のためか、男性ホルモンを抑制するので、どうしても倦怠感があります。
屋内および屋外練習に、毎回 走りはじめはけだるさを感じますが、走っているうちに解消します。多少は気持ちの持ち方で変わってくるのかもしれません。練習後の疲労感は残りません。

ほかに骨密度の低下もあり、転倒には注意が必要です。マラソン練習中、2回転倒してじん帯や膝頭など怪我したことがあるので、足をしっかり上げて走るようにしています。
治療中、カルシウム摂取やビタミンD生成のため、太陽光に当たることも必要のようです。

 

お笑いタレントでアースマラソンの間寛平さんも前立腺がんでしたが、アースマラソン中は、ホルモン治療しながら最終的に放射線治療で復活しました。今では、お酒もガバガバ飲んでいるそうです。こんな元気なジジイがいるのだと、私めも病気を乗り越え、頑張りたいと思っています。

 

走っている途中で、ところどころに咲いている彼岸花に遭遇しました。
練習を終え、自宅近くの街路樹草むらにも彼岸花が咲いていました。コロナで春先から撮影スポットに行っていないので、自宅からカメラを持参。撮っているとハゲハチョウが飛んできてベストタイミング~黒ハゲハやモンシロチョウも飛んできました。20分間に214枚も撮りました(^^♪

小さい秋見つけた~彼岸花 

花が咲くときは葉がなく、葉があるときは花がない・・・不思議な花です。
花と葉を一緒に見ることがないことから「葉見ず花見ず」と呼ばれます。
花が咲いても実はつけず、分球によって増えます。

あまり、イメージの良い花に見られていませんが、彼岸花が咲くと秋到来を感じます。

 

別のカメラで昨年12月28日に撮った「彼岸花の葉」(別の場所)
緑色で光沢のある細い葉が特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です