マラソン練習日記 その87 検査続きで6月度の月間走行距離37.8km !

 

毎年、6月~9月を除くマラソン練習の月間走行距離は、110km~140kmを走っています。
練習メニューは、週3回のうち1回はスポーツジム屋内で筋トレ&ランニング(トレッドミル)をし、雨天を除き残り2回は屋外にて10km前後を走ります。

屋外練習で走行距離を稼ぎます。4ヵ月間(6月-9月)は、梅雨時で雨が降ったり、夏日の気温上昇で28℃越えの日は熱中症防止等で、屋外練習日が少くなるので、月間走行距離80km~90kmになってしまいます。

今月の月間走行距離は、それどころか37.8km(7回/月)しか走れませんでした。
同じ、昨年同月では92.6km(14回/月)も走っています。練習日が半分しかなかったので、当然ながらの結果ではありますが・・・やむなしです。

 

すでに当ブログで紹介していますが、7年前から半年毎のPSA検査(前立腺がんの腫瘍マーカー検査)で経過観察中、直近の数値が高くなったため、3回目になる針生検で組織片を採取・検査したところ、前立腺がんと判明しました。

冒頭カレンダーの クラブ青印()のところが、その関連検査や治療方針など説明のあった日です。4日は針生検の日で、検査後1週間は激しい運動は禁止されていました。

早期発見ではあるのですが、年齢的観点から手術せず、放射線治療とホルモン治療の併用になります。今月28日からホルモン治療を開始、すでに1ヵ月持続型の皮下注射をしています。検体検査をしながら半年継続の後、放射線治療に入いる予定です。

 

ホルモン治療期間中も、スポーツをしても良いということなので、来月からマラソン練習を開始します。お酒も適度なら良いということで、毎日ビールとワインを飲んでいます。

アースマラソンの最中に、前立腺がんを発症した間寛平さんも、放射線治療でがんを克服しました。彼もマラソン愛好者であり、現在はお酒もガンガン飲んでいるそうです。

私の残り人生も少なくなってきましたが、がんを乗り切り更なる健康維持のため、マラソンを継続してゆきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です