夫婦のコミュニケーション

昼過ぎ、遠くに聞こえていたサイレンがだんだん近くなり、私の住んでいるマンションの前で止まった。
何事かと外をのぞくと消防車3台と救急車1台の車両が・・・

数人の消防士がどかどかと我がマンションに入ってくるではありませんか!
「×××号室はどこですか!」「階上の方、非常梯子を貸してください!」と慌しく声が飛び交う。

日曜日ということもあって、通路からの騒々しい声で各階の住人が何事かと出てくる。
ま、私もその一人だったのだけれど~w

どうやら、たまたま県外に出かけていたご亭主が、家にいる奥さんに何度電話しても出ないという事が発端だったようです。 階下の住人に様子を見てほしいと頼んだようですが、鍵がかかってどうにもならなく、亭主は119番に掛けたらしい。

結局、奥さんは外出中で不在だっただけの話。 人騒がせな話ではあったけれど事故や事件性はなく、我々住人もほっとしたところ。 シチュエーションにもよるが電話が通じないだけで119番という発想はなかなか・・・

野次馬的に深読みすれば、奥さんは携帯電話をもっているのにそちらも通じなかったのか~
電話に出ないだけで、そこまで不安になる理由が別にあったのか~夫婦喧嘩でもして出なかったのか???・・・ 真相はわかりません^^

ちなみに、このご亭主は25年来のマンション住人なのにエレベータや道端で挨拶をしてもまったく反応がない人~奥さんは気さくでとてもいい人なのに~日ごろから夫婦間のコミュはしっかりとっておきたいのもですね。

今回のようなケースで119番に電話すると4台も車両がくるっていうのもびっくりです。 消防士の方には頭が下がる思いですが、最悪を想定してくるということがよくわかりました。

shobosha1

 

2 thoughts on “夫婦のコミュニケーション

  1. くろにゃん

    こんばんわ男爵様 ^^ うちの近所も昨晩、パトカーと消防車が来ましたよ。
    何でも「風呂のガス釜からボッと炎がでた!」ってことで。
    ことの真相は「ガス釜が古くて劣化したものを使用していたのが原因」だそうです^^;
    最近はご年配の方がかなり多いので、数台来るんだとか。
    多分、男爵様のところも一端も同じ類なのかなと思います。
    しかし、連絡つかないからといって消防車と救急車ですか・・・^^;

    返信
  2. ヒデタン男爵

    くろにゃん こんばんは^^

    ブログに公開できない事情もあるにはあるのだけれど・・・
    電話応答なしで車両が4台も来るとは正直びっくりです。
    病人であれば救急車だけだと思うけど、経験則から万全を期して
    出動するんだろうね。

    私も、酔ったはずみで自宅のガラス戸に手をつっこみ右手薬指を切り
    (骨が露出)、自ら119番に電話し救急車に来て貰ったことがあります(笑)
    アルコールが入っていたせいか傷を縫うときも全然痛くなかったです^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です