新型コロナで休館中だった行きつけのスポーツジムが営業開始


※ スポーツジム内のトレッドミル(ランニングマシン)は23台有り、奥はスタジオ

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業自粛を促す政府発表を受け、行きつけのスポーツジムが、3月3日~3月20日まで休館しておりました。政府から特別の要請がない限り再開するという事前案内もあり、今回 予定通り休館最終日の翌21日(土)から、営業再開しました。

昨日、休館後初めてジムに行ってきました。
フロントでは、会員証チェックイン時、馴染みのスタッフから、風邪の有無や体温は平熱であるかどうか聞かれました。
当ジムの新型コロナ対応期間中のガイドラインでは、自らの検温とスタッフによる体温確認および健康チェックがあるようですが、検温要請はなく後者の確認だけでした。

 

アスレチックジム(2F)にチェックインする際、手指のアルコール消毒を要請されました。
いつものマシン備え付けの使いまわしのタオル((1日に数回交換)は撤去され、マシン使用後および用具の使用前後は、除菌用アルコールとペーパーを使って除菌~使い捨て対応になっていました。ほかには定期的な換気を実施。スタッフの積極的な声掛けや指導はしないようです。

コロナ対応期間中は、スタジオプログラムは参加人数を制限しています。
ジムでは、色々とコロナ対策に努力しているようでした。そのせいもあるのかアスレチックジム内は、いつもの6割位の人数でした。

 

広島は23日現在3人の感染者が分かっておりますが、全国的には少ない部類だと思います。
とは言え、感染確率は低く大丈夫だと思っていても、どういうシチュエーションで感染するかわからないので過信は禁物です。

特に、各マシンや用具など不特定多数の人たちが触ったりするので、 ジムから一歩出るまで意識的に手指のアルコール消毒に心掛けるしかありません。筋トレなどに使用するバーベルやダンベルは、しばらく使わない積りです。

 


※ 各種マシンが揃っています  奥は第二スタジオ

 

ジム休館中は、いつものマラソンコース10kmを、自宅から週2回走っておりましたが、本日は久々にトレッドミルで約6kmを走りました。
途中、9%、5%、3%の傾斜をつけて走ります。屋外練習でもそうですが、ウォークマン(ポータブルオーディオ)は必須で、いつも音楽を聴きながら走っています。

ジムには通常 週3回行きますが、うち2回は屋外でのマラソン練習なので、新型コロナに対しては、それほど気にはしていません。ランニングにより免疫性も上がると言われています。

今月もあと4回~5回走れる機会がありますが、うまくゆけば昨年10月から続いている月間走行距離100km以上クリアできるかもしれません。

 


※3月度ワークアウト 赤ラインは屋外練習。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です