YouTube 著作権侵害により1年ぶりに動画削除される!

がぁ~ん、1年ぶりにYoutubeの動画が削除されました (-_-;)
ペナルティ解除は、3か月後の4月28日になります。

この間に、あと2回著作権違反の警告を受け、コンテンツを削除されると、アカウントおよび全映像が削除されます。当然ながら同じアカウントでは、Tubeにログインできなくなります。
しかし、3か月間何ごともなく過ぎれば、元の真っ白な状態に戻ります。

今回の削除依頼元は、日本映画放送株式会社で、音楽ではなく映像の方で著作権侵害になったようです。この会社は時代劇をはじめ日本映画を中心とした映像コンテンツを衛星放送で提供しています。Youtube(Google)は、この会社の依頼で削除した訳です。

 

編集した映像は、1976年から始まったテレビ時代劇「新・座頭市」で、勝新主演で共演するゲスト俳優が毎週替わるものでした。私は、洋画を主に見ますが、世代的に時代劇も嫌いではないので、映画の座頭市シリーズなども、居合の殺陣のすばらしさによく見ています。

 

 

Tubeにアップしたのは、「新・座頭市」に勝新太郎の妻である中村玉緒さんが出演したときのカットであります。編集したこのテレビ映像と映画の座頭市シリーズで勝新が唄った主題歌「座頭市」(作詞:川内康範、作曲:曽根幸明)を挿入したものです。ドスの効いたセリフと歌のうまさがこの映像にぴったりでした。

 

Youtubeにおける日本の楽曲は、JASRAC(ジャスラック:日本音楽著作権協会)がきびしく管理しているので、メジャーな楽曲や有名アーティストが歌う楽曲は、削除されるケースが多くなりましたが、映画のカットは音楽ほどきびしくはありませんでした。
しかし、ここ数年で映画のカット映像もきびしくなりました。経験上、東宝、東映、日活、松竹はNGです。今回の削除で大映もNG対象に入った感がありますので、映画コンテンツのアップも難しくなりました。

 

主に、1960年、1970年代のなつかしい昭和の楽曲を、みなさんに楽しんでもらうことを目的にアップしていますが、第三者に著作権のあるコンテンツをアップしているので反論はできません。

以下の映像が削除された「座頭市」の映像です。Tubeにはアップできないので、別の動画共有サイトにアップしたものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です