ジオン注射 術後90日治療完了

昨年12月16日、ジオン注射による手術をしてから約90日が経過しましたが本日をもって治療完了!
座薬でケアしながら本日4回目の経過診察をしましたが、出血や炎症もなく無罪放免になりました。

ジオン注射術後より、排便後の残便感はもちろん事 運動していてもいつも肛門まわりのもったり感が、ウソのようにもなくなりました。 ジオン注射は別名硬化療法とも言われており、うっ血して膨らんだ患部を固めて硬化縮小させるものです。 おしりをさわると肛門が奥にひっこみつり上がったような感じですが違和感は全くありません。

ジオン注射は、外科手術と違って完治治療ではありませんので、再発率は外科手術の2~3%に対してジオンは12~15%らしいです。 再発してもまたジオン注射でいける話も聞きますが、私の担当医は再発の場合は外科手術で対応する説明をされました。 状況によるのだと思います。

再発しない為には、トイレに行ったら力まず3分以内で用を足すように心がけ(私の場合、1分以内です^^)、下痢や便秘は禁物です。 いずれにせよ、痔で悩んでいる方には、入院の必要もなく体へのダメージのないジオン注射は絶対お奨めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です