お年玉付き年賀はがき、毎年当たるのは切手シートばかり・・・

 

お年玉付き年賀はがきの当選番号は、年賀 約150枚の中から当選したのはたったの4枚!
いつものごとく切手シートでした~ 毎年同じパターンです^^;
先月末に郵便局に受け取りに行ってきました。

 

なかなか1等、2等は当たらないものですねぇ

 

余談ですが~9年前(2010年)に、2等に当選したことがあります^^
2等の当選確率は、100万本に3本の割合でした。
5つの商品から希望のものを選びます。

1. 任天堂ゲーム機WiiおよびWiiスポーツリゾート
2. キャノン製デジタルカメラIXY DIGITAL 220IS
3. 東芝製ポータブルDVDプレーヤー SD-P73DTW
4. シャープ加湿空気清浄機KC-Y45W
5. 有名産地の特別栽培米

 

結局、東芝製7インチDVDプレーヤーを選びました。
バッテリで連続5時間再生が可能で、ワンセグ付きでSDの録画可。
DVD-R/-RW、CD-R/-RW再生やCPRM対応。
MP3.WMA.JPEG音声・静止画再生。
AC電源、シガーライター電源など3WAYになっており、使用頻度は少なくなりましたが、現在も健在でそれなりに重宝しています。

キャリングバッグがプレーヤーのホルダーを兼用しており、車の後部座席で鑑賞できるようになっています。当時実売3万5千円位の商品ですが、機能てんこ盛りの商品でした。

 

 

 

2等当選以来、10年間切手シートばかりですから、今後上位当選は期待できそうにありません。

 

当選云々もさることながら、SNSの普及で年賀状の売上げ枚数も年々減ってきています。
併せて年賀状のやりとりの是非もある昨今ですが、新年の挨拶に続き「来年から年賀状を辞退させていただきます」そんな一文を、年始のあいさつに添える「終活年賀状」も広がりつつあります。

私もここ2、3年~終活年賀を受け取ることが多くなりました。
受け取った相手に対しては年賀は出していません。

高齢になったから、人間関係を整理したい、高齢化による賀状づくりが負担になった等々・・・
理由はさまざまですが、長年親しんできた年賀状のやりとりについて考える人たちが増えてきました。

 

賀状づくりは苦ではないのですが、私も今年喜寿を迎えるにあたり、今後付き合いのなさそうな人や付き合いの薄くなった人は、段階的に整理してもいいかなと考えるようになった今日この頃であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です