ソニー株価急上昇、12年ぶりに塩漬け株から解消!

 

久々に株のお話です。

ソニー(6758)の株価が、9月28日に6,973円の高値がついた。
昨日10月3日に、終値6.621円になりましたが、これから先7,000円の大台も目の前であります。

 

実は現役時代、自社の「従業員持株会制度」で給料天引きで毎月1万円積み立てをしていた時期がありました。 2000年3月4日プレステ2(PS2)が発売された時のソニー株価は約30,000円。
3ヶ月分で一株しか買えないほど、当時のソニーは勢いがありました。

 

その後、買い易くするために株式分割が行われ、半分の15,000円になりましたが、ソニーを退職した2001年のソニー株価は1万円を割っていました。

 

退職後、持株会で入手したささやかな株式を基に、ネット証券に口座を開設し2004年ごろから株式投資の勉強を始めました。 初心者なので株の本を読み漁り、最初はトヨタ自動車、ソニーなど大企業の株式を対象に、株価の下がったところで買い、200円位上がったところで売れば、2万円の利益がでます。

 

わずかな差益ですが、株の乱高下をうまく読み取り、この二社だけで2年間に20万円くらいの利益が出ました。元々大穴を狙う積もりもなく損をしなければと思っていました。

 

12年前(2006年)ソニーの株価6,710円の時に100株(671,000円)を約定したのですが、その後一度も上がることもなく、いつかは回復するだろうと思っていたらトレンドはぐんぐん下がる一方~ 損切りのタイミング逸して二桁台の損失が発生し、20万円の利益は吹っ飛んでしまいました。

 

2009年には2000円台になり、2012年の終値は1000円を割り、958円!
この時点で損益、マイナス575,200円也! 
この時、ソニーは地に落ちたと感じました。

 

 

あれから12年 株価6,710円を越える日が来ようとは・・・やっと塩漬け株を解消することができます。年内にタイミングをみて、差益が出れば申し分ないですが、損切りになっても売却の予定にしています。

 

2016年まではソニーだけで30万円以上の差損が出たままで、投資から遠ざかっていましたが、ソニー株をリセットしたらまた始めようかなと思っています。
企業によっては配当だけでも数パーセントあり、預金より断然いいのでうまく利用するべきです。

但し、個人的には生活資金の運用はお勧めしません。 
あくまで、生活資金以外の範囲で行うべきです。10万円からでも始められる小額投資もあります。

 

2015年9月~2018年9月(3年間)ソニー株価チャート

 

9月28日の終値 6,966円で、「売却」ボタンをクリックすれば25,600円の利益

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です