秋の訪れと共に咲く摩訶不思議な彼岸花(ヒガンバナ)

 

夏の終わりから秋のはじめに咲く花~別名曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも言われる彼岸花(ヒガンバナ)ですが、名前の由来は、読んで字のごとく秋のお彼岸の頃に開花することから、その名前がつけられています。

 

9月も終わり、少しピークも過ぎた感がありますが、ヒガンバナ科の多年草で、色鮮やかな赤、シックな黄色、清楚な白い花を咲かせ、田んぼの畦や土手などで見られます。秋の訪れを感じさせる風物詩でもあります。

 

9月中ごろ、突然 茎が伸びて花を咲かせ、一週間ほどで花が終わり、茎だけになる

その後、葉が伸びて冬を越し、春まで待つ

でも、夏近くなると地上から消えてしまう不思議な花

 

夏が終わり秋が訪れる頃、再び茎が伸びて花が咲く

花と葉を同時に見ることはできない

花があるときは葉がなく、葉があるときは花がない

 

とても不思議な花です。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です