3年ぶり、2回目の前立腺針生検の結果は・・・

先月26日、地元の大学病院で実施した3年ぶり2回目の前立腺針生検の結果が、本日判明しました!

 

病変部含む前立腺針生検の結果は、極めて良性で前立腺ガンの疑いはなし!!

よかったぁ~ \(^o^)/  ほっとしました。 

 

今の段階であれば、見つかっても100%治癒可能な早期発見に入る前立腺ガンであると自分に言い聞かせながら、結果を聞くまでの気持ちはまさに戦々恐々~今回ばかりはガン宣告されることを覚悟して臨みました。

 

針生検後、ガン宣告を前提に外科手術か放射線治療などいずれを選択しても、後遺症はさけられず、ついに制約を受ける余生を送らなければならないか・・とか、それならばいっそう治療をしない選択肢もありかも・・・とか、もうマラソンもできないかも等々、いろいろ気持ちが交錯していただけに喜びもひとしおです。

 

4年前から前立腺PSA検査の経過観察(半年毎)をしているT病院のS先生にかかっていますが、当初 PSA値4.2 ng/mlだったものが、測定毎に上昇傾向にあり昨年12月にはついにPSA値が9.18ng/mlになりました。 併せて実施したMRI検査にも病変(白い影)が1箇所認められた為、所見は「前立腺ガンの疑いあり」~ で、2回目の前立腺針生検に踏み切ったもの。

 

今回の針生検は、病変部が直腸側から深部にあること(腹側)と、T病院で撮ったMRI画像と針生検時の超音波画像を同期させてピンポイントで病変部から採取する医療システムを利用するので、T病院S先生の紹介で地元の大学病院で行いました(最新医療技術だそうです)
病変部から2ヶ所、その他指定の場所をランダムに10ヶ所、計12ヶ所の組織片を採取。

 

生検結果は2週間後に判明するのですが、大学病院担当F医師からT病院S先生に所見と共に郵送される為、3週間後にT病院に行くよう説明を受けていまして、その日が今日であったということであります。

 

今回異常はありませんでしたが、引き続き半年毎のPSA検査を継続することになりました。
このままゆくとPSA値10.0を越えることになりますが、高値安定なのか下がるのか経過を見守ってゆきたいと思います。

 

本日の白判定を聞いて、来る3月4日開催「第12回錦帯橋ロードレース大会」を安心して心おきなく走ることが出来ます。
万一、黒判定であったとしてもマラソン大会に参加した後に、治療方法を検討しようと思っていただけに、白判定に喜びも倍増です。 改めて健康であることに感謝です。

 

※数日前に届いた「錦帯橋ロードレース大会」の実施要領、ゼッケンなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です