ついに、私もLINE(ライン)を登録しました

ご多分にもれず、ついに私もLINE(ライン)を新規登録しました。

 

 

と言うより、登録するハメになりました^^;

 

パソコンは毎日使っていますので、この際 スマホ版LINEと同期するPC版LINEも併せてインストールしました。

 

 

※PC版LINEのログイン画面
スマホ版LINEで登録したメールアドレスとパスワードを入力しログイン

 

 

※新規登録時とメール内容暗号化解除時に、(スマホ版LINEによる)本人認証は2回あり。

 

 

 

LINEついては、かねてより仲のよい友人や子供からもLINEを登録してほしいと勧められていました。

 

その気になればいつでも登録は出来たのですが、現在のコミュニケーションツールで不自由はしていないし、ただ面倒くさかっただけの話~
操作性の事ではなく、既読・未読スルーなど相手の思惑が絡み、「mixi疲れ」や「facebook疲れ」を彷彿させる面倒くさいアプリという印象があったからです。

 

2017年11月現在、国内利用者数は7000万人以上で、2人に1人以上が利用している事になります。
若者はLINEトークでチャットを楽しみ、ジジババは孫とのコミュにLINEは必須ツールになっています。

 

実は2ヶ月前にLINEを一度インストールしたのですが、うっかり「友だち自動追加」をオフにしていなかった為、繋がってほしくない相手もゾロゾロあったので、一旦削除した経緯があります。 しかし、今回再インストールしても友達登録されたのものはそのままサーバーに保存されているようで、クリアされていませんでした^^;
(LINE削除前にアカウントを削除しておけば出来たようです)

 

LINEは、初心者なのでまだ使いこなしている訳ではありませんが、先日飲み仲間と忘年会で友だち追加をふるふるで登録したり、その場で撮った写真を転送したり、名古屋在住の子供や孫にはQRコードでの友だち追加やトークなど・・・操作性もよく意外に簡単なのでびっくりしました。

 

私にとってLINEだけがコミュニケーションツールではないものの、必要に応じて上手に活用したいと思います。 しかし、仲間や友人との交流はリアルで繋がるのが一番です。

 

ちなみに、LINEアプリは無料であってもトーク・無料通話・ビデオ通話などインターネットを利用しているので、キャリアで契約しているパケット(通信量)を消費しています。
なので、通信が無料という訳ではありません。
もっとも、YoutubeなどWeb映像の長時間視聴をしない限り、LINEの通常利用では「パケ死」することはありません。

 

言うまでもなく、自宅Wi-Fiルーター無料Wi-Fiスポットエリアで使用すれば、キャリアの契約パケットを消費しません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です