日別アーカイブ: 2017年9月2日

交通ルール無視のおばさんドライバー

毎日のように目につくおばさんドライバーの迷惑運転には困ったものです。

 

何度かブログで取り上げていますが、ご婦人のすべてがそうとは言わないものの、交通ルールや交通マナー無視の迷惑運転している人を見ると、大抵おばさんドライバーが多いです。
毎日車に乗る私ですが、残念ながらさすがと思わせる運転のご婦人にお目にかかることはめったにありません。

一番目につくのが
*一時停止など交通標識(道路標識)無視。
*小さな路地から大きな道路に出る際に左右確認をしない(曲がる方向しか見ない)
*同様に十字路を横断する際も左右確認せず、まっすぐ見たまま車両進行。
*夜間ヘッドライトをアッパー(上向き)にしたまま走る。

ご婦人だけでなく老若男女共に多いのが、ウィンカーの出すタイミングが遅い。
中でもプロのタクシー運転手もすぐ出さない人がけっこういます~
*曲がる直前にウィンカーを出す(先頭車を問題にしています)
信号機のある交差点待機で先頭車なのに信号機が青になってウィンカーを出す。
特に左折の場合、横に並んでいる人やバイクなどの飛び出しがないようウィンカーは出しておかないと事故につながります。

 

 

動画は、スポーツジムへの行きと帰りですが、往路時 おばちゃんドライバーが路地から出てきますが、道路標識(一時停止)&道路標示(止まれ)無視で道路を横断します。
ドラレコは広角レンズを使っているので離れて見えますが、こちらがスピードを出していたら間違いなく衝突です。

復路は、私は右折するので交差点到達直前にウィンカーを出していますが、正面先頭車のタクシーは曲る直前に右折ウィンカーを出しています(プロの運転手と言えません)

ここの交差点は対向車(先頭車)のウィンカーの有無により、確立50%で交差点中央で待たされます。 予めウィンカーを出してくれていればすぐ曲がれるのにです。
それだけすぐウィンカーを出さない先頭車ドライバーが多いということです。
もちろん、直進の場合や横断歩道の歩行者の待機に異存はありません。

 

 

確かに高齢者ドライバーの事故多発により、高齢者講習が義務づけには賛成ですが、一部女性ドライバーの資質も問題です。 今のところこちらが気をつけるしかないのでしょうね。