月別アーカイブ: 2017年8月

高速道路の「車両通行帯違反」~意外に知らないドライバー

高速道路における「車両通行帯違反」をご存知ですか?

 

平成28年度交通安全白書によれば、高速道路の交通違反件数で一番多いのが「最高速度違反」(スピード違反)ですが、次いで多いのが「車両通行帯違反」なのです。

 

高速道路における追越し車線は、追越しする時以外は走らないことが原則であり、追越したらすみやかに走行車線に戻らなければなりません。 空いているからと言って走り続けると「車両通行帯違反」に問われます。 違反点数1点、反則金6000円の罰則が課せられます。

 

どの位走り続けたら違反になるのか? 道路交通法では明確な規定はないようですがおよそ2km以内が目安と言われています。

「*キープレフトの原則(keep left)」や「車両通行帯違反」を知らないドライバーが多く、追越し車線を走り続ける人は実に多いです。(*左側をキープする、つまり左側寄り通行が原則の意)

片側2車線は、言うまでもなく左が走行車線で、右が追越し車線。
片側3車線は、左・中央が走行車線で、右が追越し車線になります。

 

該当車が覆面パトカーに停車を命じられて、スピード違反していないのに何故?って思うドライバーは多いようです。 これでスピード違反もしていたらふんだりけったりですよね。

また、渋滞の元凶にもなる追越し車線をチンタラ走る車両をたまに見かけますが、車間距離を詰め前車にピタリとつけ、バッシングなどで煽る車両がいます。
空気を読まないマイペースで走る車両も確かに迷惑な話ですが、車間距離を詰める通称「あおり運転」は「車間距離不保持違反」という交通違反になります。

時速100kmであれば100m、時速80Kmであれば80mの車間距離が必要と言われています。

※車両のスピードメーターはメーカー意向により高速になるほど実測値より高く表示されます。
ドラレコのGPS実測スピードに5km~10km/hプラスしたものがメーター表示になります。
動画は先日私が走った高速道路のプリウスに取付けているドラレコ映像です(私はルールを守っていますよ^^ 悪い見本も撮れています)

特に、高速道路での「車間距離不保持違反」は違反点数2点、反則金は普通車の場合9000円というペナルティが課せられます(行政処分)
罰則についても「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金(刑事処分)とかなり厳しい。重大な交通事故に発展する可能性も否定できない行為なのでやむなしと言ったところです。

交通ルールを知らなかった為に、「車両通行帯違反+スピード違反」や「車両通行帯違反+車間距離不保持違反」のようなダブルの交通違反にならないよう気をつけて貰いたいものです。

件名:お使いのApple IDは、新しいブラウザのサインインに使用されました

Apple IDに絡む詐欺ネタが続きますが、今度は切り口を変えたフィッシングメールが届きました。

 

一週間前にも「あなたのアカウントは一時的に無効になっています」という警告と共にアカウント情報の確認を促し、Apple IDやパスワードでのサインインを偽サイトに誘導するものでしたが、今回は他の端末から他者が私のApple IDで新しいブラウザにログインされたという事で、前回と同様情報更新の必要があると促すものです。 しかし、文面は違っても目的は全く同じものです。

 

 

毎日 Window7やWindows10を必要に応じて活用しているので、YouTubeやGmailなど登録したアカウントでログインしますが、端末を変えてログインしたとき、Googleから同様な案内メールがくることがあります。
アップルからこの手の案内が来たことは一度もありませんが、連絡があっても不思議はないと思っていました。 ただ、どう考えてもその覚えがなかったので・・・

 

Apple IDも合っていましたし、私の記憶違いかもしれないと何気にメール内の 《http://appleid.apple.com》をうっかりクリックしてしまったのです。
怪しいメールはいつも送信元のメールドメインを確認するのに、今回は文面の方ばかりに気をとられていました。(「のブラウザ:Chrome」という翻訳ミス?やメールドメインもおかしいですし)

で、てっきりAppleのページが出るとと思ったら、何故かGoogle(グーグル)の検索サイトが現れました。

 

実はこのサイト、真っ赤な偽物のGoogleサイトなのです。

 

こちらが本物のGoogle サイトです。 

 

どこが違う?

表示された画面は全く同じです。 違うのはページのURLです。 

本物のURLは《https://www.google.co.jp》のドメインのみなのに、偽サイトはドメイン名からさらに下の階層のディレクトリがあります。

またリンク先《http://appleid.apple.com》に偽装された実際のURLは《https://t.co/cPb7EFRr9d?caseid=LyqTrzEKoRSnImIkLwAeqJWgIKIuoxR9》 です。

このURLが、偽Google検索サイトにリンクされています。
ちなみに、この偽サイトで《http://appleid.apple.com》を入力して検索すると、Apple IDログインページが現れました。 当然ながらAppleの偽サイトです。最上部にあるURLはこんなに長くありません。

本物のApple ID管理サイトのURLは、《https://appleid.apple.com/#!&page=signin》

しかし、メール文中のリンクをクリックすれば、最初からAppleログインページが出てもよさそうなものですが、一発目にGoogleの検索ページがでてくるとは・・・まわりくどくするのも何か意図があるのか?

 

 

1日経った26日現在には、メール文中のリンク《http://appleid.apple.com》をクリックしても下記のような警告がでるようになりました。

 

 

アンチセキュリティソフトではなく、何故かTwitter.comからの警告になっていますが、被害の拡大はこれで抑えられました。

マラソン練習日記 その27 33℃の炎天下を走る!

お盆も過ぎたというのに、毎日暑い日が続きます。

今年の7月~8月は30℃を越える日もめずらしくなく、熱中症にもなりかねないので8月に入っても、マラソンのランニング練習はもっぱら屋内のトレッドミルで走っています。

先月30℃越えた日に屋外10kmを走りましたが、晴天だけでなく曇り日でも発汗はハンパではなく脱水症状気味で足が思うように進めません。 いつも途中給水しないのでもうヘロヘロ~

昨日午前8時ごろは、曇り空で頬をなぞる風も涼しく、最近は屋内ばかりなので久々に屋外を走ってみるか・・・という気持ちになっていました。
ところが10時ごろになると太陽光も照りつける晴天に~
晴れを望む時はそうならないことが多いのに、今日に限って晴れるとは~と勝手に腹立たしく思ってしまう。

朝の体感温度は、それほど暑く感じないのに私の部屋の温度は31.8℃~


スポーツジムに向かうプリウスの示す外気温度は33℃!

 


 

15kmまでのマラソン練習は、トレーニング的な意味もあっていつも給水していません。
7月の炎天下のランニングは大変な思いをしたのに、喉元すぎればなんとやらで、今回は500mlのスポーツ飲料を持ってトライしてみました。

結果、10km走行の予定でしたが、7km弱しか走れず散々でした。

タイム:46分 走行距離:6.9km 平均ペース 6分40秒 / km

 

 

太陽の照りつける炎天下は、道路の照り返しもあり 33℃より高いと感じました。

向い風の時は、生あったかい風でも体感温度はやや下がりますが、追い風方向に走るときは、風がパタっと止まり、体全体がものすごく火照って燃え上がったような感じになります。

今回は給水しながら走りましたが、5km付近でなくなりました。
炎天下の33℃でのマラソン練習は、さすがに堪えます^^;

ジムに到着後、500mlのスポーツ飲料を自販機で購入しさらに一気飲み~(少し残りましたが) 給水なし時のランニング後はいつも500mlで足りていましたが、炎天下では1000ml近い汗が出るのだと再認識しました。

涼しくなったら走行距離15km以下は、また給水なしでトレーニングしようと思います。

件名:「あなたのアカウントは一時的に無効になっています」Appleを騙る詐欺メールに注意!

フィッシングメールと言えば、銀行を騙るものが殆どでしたが、以前「Officeのプロダクトキーが不正にコピーされている」というマイクロソフト(MS)を騙るフィッシングメールが来たことがあります。

今回は、件名「アラート:あなたのアカウントは一時的に無効になっています」というApple(アップル)を騙るフィッシング詐欺メールが届きました。

メールアドレスのドメインが@apple.comでないことや、宛先が個人名でないことで(BCC)、偽メールということはすぐ分かります。 それでも被害に遭う人はいますので、この手のメールには注意してほしいものです。

 

メール内のURL(リンク先)は、絶対クリックしてはいけません。

 

 

メール内のリンクはクリックしてはいけないのですが、記事として紹介するために、どういう風に誘導してゆくのかサワリを検証してみました。
(仮想ブラウザで、事前に安全を確認したページを開いています)

実際のリンク先は、「http://x.co/ogiebugis」です。短縮URLを使っています。
いずれフィッシング詐欺サイトとして登録されると思いますので、万一クリックしてもアンチセキュリティソフトにて警告が出るようになります。

「ここでログイン」を開くと以下のようなAppleのサイトが現れます。

但し、本物に似せた真っ赤な偽サイトです。

しかし、 ホームページ上部の横に並んでいるリンクタブは、すべて正規aplleページに飛ぶようになっており、こういうところが偽サイトの巧妙なところであります。

偽サイト内の各リンクを検証しても、Apple IDを作成せざるを得ないように誘導しています。

 

 

 

さらに「Apple IDを作成する」をクリックと以下のような入力画面が現れます。

最終的には、必ずクレジットカード番号を記入するよう誘導されますので、絶対入力してはいけません。

 

 

「第37回ひろしま平和マラソン」に参加を申し込みました!

来る11月3日に開催される「第37回ひろしま国際平和マラソン」のチャレンジコース10Kmに参加申し込みをしました。

 

 

昨年は、5月頃より五十肩を患い、痛みのせいで腕振りが満足にできず、練習中に転倒したこともあり、安全を期して参加を控え、残念な思いをした経緯があります。

しかし、医者通いでは治らなかった五十肩が、ストレッチに切り替えたおかげで痛みもとれ、今年3月に行われた「第11回錦帯橋ロードレース大会」のハーフ(21km)に参加する事ができ、2時間13分で完走しました。 

屋外練習では、10km~15kmをいつも走っていますので平和マラソンで良い結果がでればと思います。

ところで、ひろしま平和マラソンの走行タイムは、「グロス」「ネット」の二通りあります。
前者は、全体がスタートしたときのタイム、後者はスタートゲートをくぐった時のタイムです。 本来、スタートゲートからゴールインまでの「ネットタイム」が公式記録であってもよさそうなものですが、公式記録は「グロスタイム」を使っています。 順位もそれに従っています。

 

※一昨年(平成27年)に参加したときの記録証です。
記録(タイム)が「グロスタイム」になります。

 

チャレンジコースの場合、参加者は約5千人いますので、「グロスタイム」は スタート地点がスタートゲートより、後ろにいる人ほど時間がかかることになります。 一応ゼッケン番号順にグループ分けされ並んでいますが、前列から後列までのタイム差は3分~4分はあります。

スタートゲートをくぐるまでの時間差が、そのままグロスタイムとなるので、前列にいるほど人ほどタイムは早くなり順位も上がることになります。

ゼッケン番号が若いほど前列になるので、参加申し込みは早いほど有利となります。
但し、申し込み時 自分の予想タイムも申請するようになっていますので、申し込み順だけでなく、且つ予想タイムの早いグループが前の方にくることになると思います。

で、今年は参加申し込み開始日(8/16)すぐ申し込みした次第です^^
毎年、9月に入って申し込みをしていたので、今年はどの位のスタート位置になるか楽しみです。

帰省した孫が、PlayStation VRに驚愕!「すごい!」を連発!

名古屋在住の息子夫婦が孫を連れて12日帰省。
本日14日昼過ぎに名古屋へ発った。
息子の仕事の関係でいつも滞在は短いが、ジジババにとっては十分である。

帰省は盆と正月だけなので、半年毎の再会になりますが孫の成長は早い。
興味対象も年齢と共に変わってきますが、孫も今年満12歳になる。
中学一年生で身長は165cm 。来年は私の170cmも追い抜かれることでしょう。

2週間前やっと入手したPlayStation VR(PSVR)

今回孫に見せたところ、誰もが最初に発する「すごい!すごい!」「何、これ!」を連発。
息子や嫁にも見せたが、発するセリフは皆同じであります^^

PSVRの360度の没入感は、実際に体験しないと分かりません。

予想以上に驚愕・感動します。

 

 

 

※ PSVRに夢中の孫

※ 360度周囲を確認している孫

余談ですが、没入感をより高める為に、ソニーがPSVR用ヘッドホンとして推奨しているMDR-ZX660も購入しました。

市内にある家電量販店の店頭買いだと税込みで9千円近くなるので、それより3千円安のアマゾン(マーケットプレイス)にて入手。

 

 

 

※MDR-ZX660

想定の予算内とはいえPS4 Pro」と併せ PlayStation VR」にずいぶんと出費しましたが、その価値は十分あります。 ボケ防止にたまにゲームをやっても1時間くらいですが、PSVRも同様大いに楽しみたいと思っています。 趣味やネタは色々とあるので、一日がさらに短くなりそうです^^

現在ハマっている「Farpoint」が思いのほか私のゲームスキルでは難儀しています^^; でもおもしろいです。「PlayStation VR Worlds」のサメ遭遇は一度見たら十分ですが、他のアプリは何度も楽しめます。

その他、無料配信で楽しめる「The Playroom VR」
1人で遊んでも、みんなで遊んでも楽しいこのゲームは、VRの面白さをわかりやすく伝えるというミッションもしっかりとクリアしており、ヘッドセットをつけない人とも一緒に気軽にプレイできるVRゲームです。

 

家庭も顧みず、かって企業戦士と言われた我々の世代にとって、ババ嫁と共に好きなことをやって過ごせる老後はそのご褒美と思っています^^

※初心者でも楽しめるソフト「PlayStation VR Worlds」、「Farpoint」

Freemake Video Downloader 、3分以上の動画は有料版でないとNG!

「Freemake Video Downloader(フリーメイクビデオダウンローダー)」は、10,000以上を超えるサイトの動画を手軽にダウンロード出来るフリーソフトで有名です。

 

日本語にも対応しており、URLをコピーして貼り付ける(コピー&ペースト)だけで、初心者でも簡単に出来るので、「Freemake Video Converter」と共に人気のフリーソフトでもありました。

 

 

久々にFreemake Video Downloaderを使ったところ、「ファイルの長さは3分以上です。無制限の変換は、Freemake Premium Packで利用可能です」という案内がありました。
要するに有料版を買えということです。

 

いつからこうなったのか?

 

フリーのダウンローダーは他にもありますので困ることはありませんが、今まで時間やサイズ・期限など関係なくダウンロードできていたのに残念です。 有料になれば利用者は間違いなく減るでしょうね。

 

期限付(1年)は、日本円で約900円、無期限で1,900円になります。

 

お勧めの代替ソフトとしては4K Video Downloader」があります。
ソフト名通り4K動画のダウンロードが可能です。
YouTube、Vimeo、Dailymotion、Facebookなどいけます。

 

特筆なのは、フリーソフトにはめずらしくWindowsだけでなくMacやLinuxなどにも対応しています。 また、Virustotalでチェックしましたが、ツールバーやアドウェア、マルウェア一切ありません。 知らない間に広告や変なソフトがインストールされることもありません。

 

宇宙飛行士が捉えた「宇宙からみた台風5号」

現在、日本をゆっくり縦断中の大型台風5号~
日本列島を包み込む巨大な台風~

メディア等からも紹介されていますが、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士がTwitterで投稿した画像がすごいです。 人知を越えた自然の脅威に圧倒されます。

投稿したのは、ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・リャザンスキーさんとアメリカの宇宙飛行士ランドルフ・ブレスニークさんです。

地上400Kmから捉えた画像は圧巻ですね。
まさに宇宙からみた台風5号です。

真っ黒な宇宙空間に浮かぶ地球! 地上に住む人間の存在がちっぽけに見えます。


出典:Sergey Ryazansky/Roscosmos/Twitter 2017年8月1日

出典:Randy Bresnik/NASA/Twitter  2017年8月1日 左に見えるのはソユーズ

PlayStation VR 、 Farpoint(ファーポイント)をやってみた^^

Farpoint(ファーポイント)は、PLayStation VR(PSVR)用ソフトの中でも売れ筋商品になっています。 特に、シューティングコントローラ同梱版は、今年6月発売されたものの数量限定ということもあり、PSVR本体同様にどこも売り切れで、手に入りにくくなっています。

ソフトとシューティングコントローラー(シューコン:エイムコントローラー)を別々に購入すると13,000円位になりますが、同梱版だと約1万円で購入できます。
アマゾンなどではプレミアがついており、定価通りに購入することができません。 高いものでは2倍の価格になっています。

市内の店をあちこちと探していたら、なんと一昨日市内の大型総合書店で入手できたのです。
しかも、数百円ですが定価より安く入手できました!(通常定価販売)



※シューコンには、「DUALSHOCK 4」コントローラーのボタン類はすべて装備しています。


早速、今年 後期高齢者になる私めがやってみました。
ゲームを楽しむことはもちろんですが、一応目的はボケ防止です^^

 

 

宇宙船が見知らぬ惑星に不時着をして、一緒に乗っていた二人の博士の痕跡を辿りながら、途中現れてくる大小のクモのお化け(未知の生命体)を退治してゆくのですが、専用のシューコンなので、狙いを定めて引き金を引くだけ~操作はとても簡単です。

両手に構えたシューコンがそのままVR空間のリアルな銃になり、見慣れぬ天体に浮かぶ異星の空を見上げたり、手に持った銃の操作やSF的な造形を眺めるだけでも楽しめます。
アサルトライフルやショットガン、狙撃用ライフルなど、多彩な武器を駆使して戦えます。

360度周囲を見渡せば、そびえたつ岩山や断崖絶壁~無機質な茶色で染まる砂塵舞う地形は、地球外惑星そのもの~すべてが立体視(3D)され、プレイヤーとゲーム主人公の視点が同化し、襲いくる生命体との戦いをリアルに体験することができます。
まさにFPSの醍醐味を味わいながら没入感100%!

PS2やPS3のソフトを複数もっていますが、最後までクリアしたものは1本もありません^^;
Farpointは、シンプルな構成になっているそうでして、私のゲームスキルでも最後までクリアできそうです。

チャレンジモード、オンラインモードなど色々モードがあるのですが、シングルのキャンペーンモードは通しで5~6時間だそうです。 ゲームとしては短い方だと聞いてびっくりです。

また、FarpointはVR酔いの少ないゲームと言われていますが、私の体験では座ってやると若干のVR酔いがありますが、立ったままゲームをしたところ殆どVR酔いはありませんでした。

盆に帰省する孫もVRは初体験と思うので、一緒に楽しみたいと思っています。

仙台・宮城観光PR動画が物議! 

ピークを過ぎた話題かもしれませんが・・・
7月上旬より放映された壇蜜ワールド全開の仙台・宮城観光PR動画「涼・宮城の夏(りょうぐうじょうのなつ)」が2週間でアクセス150万回以上あったという~内容があまりにも性的揶揄がありすぎると波紋をよんでいる。

宮城県知事の音頭で製作されたので、村井知事は「面白く出来あがったと思っている」と。
片や仙台市 奥山恵美子市長は、出来上がったあと内容を見せられたようで「少し配慮にかけたのでは・・・女性が心地よく見れるところだけではない」とそれぞれ見解は違う。

カメを相手に「上、乗ってもいいですか?」のくだり辺りから、色々と想像をかき立てると・・・問題があるようです(笑) 血税で作られる訳なので、もっとまじめにやれということなのでしょうが・・・市民・県民には賛否両論あります。

でも、誰も注目されない観光PRビデオを作っても意味がありません。
見てくれたり注目されたりすることでPRになるのですから。

宮城県 村井嘉浩知事いわく「可も不可もないビデオでは誰もみてくれません。従ってリスクを負ってでも皆さんに見て頂けるものをと思いました。 私としては賛否両論あったことが逆に成功につながったのだと思う」と~まさに彼の思惑とおりに進んだと言うわけです。

男性には、思わずニンマリと笑ってしまいますが^^
このくらいのゆるい揶揄やユーモアは有りだと思うのですが、このビデオをみて皆さんはどう思われますか?

結局は、血税で作られたので大方の県市民が納得できるものでないといけないのでしょうね。