日別アーカイブ: 2017年7月12日

録画番組の視聴アプリ「Twonky Beam」がすでに公開終了だったとは!

市販品のHDD内臓ブルーレイディスクレコーダで、好きな番組を録画したものを観たいとき、皆さんはどうしていますか。

設置した場所での鑑賞はもちろんですが、最近のHDD内臓のBD/DVDレコーダには、DLNA機能(ネットワーク上にある機器の相互接続)がついており、録画番組を離れた部屋のテレビで見ることができます。

たとえば、リビングに置いてあるブルーレイレコーダで大人はBDの再生を楽しみながら、子供は別の部屋で録画した番組を楽しむっていうことが可能なのです。

但し、見る側のテレビにもDLNA機能があることが条件です。
PS3/PS4にもついていますので、テレビにこの機能がなくてもプレステ経由で同じくみることができます。

パソコンは、デジオンの有料ソフト「DiXiM Digital TV Plus」(ディクシム デジタル TVプラス)をインストールすることで見れます。 このソフトにはDTCP-IPという機能もあり、映像の転送と録画映像の著作保護の暗号化を解除する働きもあります。
DLNA機能だけではコピー禁止の地デジ録画映像は配信できませんので、かならずDTCP-IPとパックになっています。

ライセンス制限がない?のか、デスクトップ2台とノートパソコンに入れております^^
ただ、それまで見れていたWindows10はアニバーサリーアップデートをしたら見れなくなりました。 Windows7は大丈夫でした。

iPadやiPhoneでも録画番組を見ることが出来ます。 

それがタイトルに紹介している「Twonky Beam」(トンキービーム)なのです。
2年位前に、iPadにはインストールしていたのですが、当時はソニーのブルーレイレコーダは見れるのですが、我が家にあるパナソニックのディーガでは見ることが出来ませんでした。

すでに家庭内LANでネットワーク上にある液晶テレビや各端末で見れるようにしていたので、不自由もなくいずれVerアップしたとき見れるだろうと様子をみていました。

ところが、昨日たまたまiPadの「Twonky Beam」アイコンをクリックしたところ、
今まで開けなかったディーガの録画番組が見えるではありませんか!
いつのまにVerアップして見れるようになったのだろうか?

知らない人もいるかもしれないとブログで紹介しようと思ったら、

なんと「Twonky Beam」は、昨年公開終了との事!!

Apple store 2016年10月31日、Google play 2016年12月7日、Amazon Market 2016年12月7日で終了の由。

削除したら再インストールできないことになるので、しっかりバックアップしておかなくては^^
もっとも代わりに有料になりますがiPhone・iPad向の「DiXiM Digital TV Plus」が入手可能です。