日別アーカイブ: 2016年9月3日

Dailymotion(デイリーモーション)に動画をアップしたら削除された!

Dailymotion(デイリーモーション)に「音楽の館(Music House)」を開設しました。
開設後、アップした動画の一つが数時間で強制的に削除されました。

YouTubeの別館として、Tubeでブロック・削除されたコンテンツをアップしてみたのですが・・・
YouTubeに比べて、Dailymotionは著作権の縛りはゆるいと聞いていましたが、そうでもないようです。

複数の削除があっても、アカウント停止のようなペナルティは今のところないと思うのですが、いずれTubeと同じような対応を迫ってくるかもしれませんね。

※ライブラリー上で削除依頼(すでに削除されて再生不可)DailyMo01DailyMo02

※削除に伴い届いたメール
DailyMo03

YouTubeでは、第三者に著作権のあるコンテンツをアップした場合、世界ブロック、一部ブロック、音楽ミュート、削除 等々と様々なアップ規制があります。 あくまで著作元や委託を受けている管理団体から著作権侵害の申し出があった時、YouTube側(Google)で削除されます。 Tubeの場合、削除が3回あるとアカウントと共にアップされた動画はすべて削除されます。 登録したメルアドも使えなくなります。

私のTube歴は8年越しになり、何度となくアカウント停止の洗礼を受けていますが、YouTuber(ユーチューバー)や一芸に抜きん出たワザ師とか芸能人でない限り、他人にとっておもしろくもない日常やプライベートの動画を上げてもアクセスされる筈もありません。

ワザのないものにとっては、身近なところで好きな音楽や映画を趣味とする愛好者と共有したい趣旨から、どうしても著作権のあるコンテンツを編集・加工してアップすることになりますので、著作元からの申し出により削除される訳であります^^

著作権法改正により、2012年10月以降、第三者に著作権のあるコンテンツのアップロードやダウンロードは違法になりました。  法に照らすとYouTubeの殆どの人が違法行為をしていることになります。
全員を取り締まることは不可能なので、よほど悪質でない限り、運用上は大目にみてくれてるといったところです。

最近のTube(google)は、著作元に著作権料を支払い、著作権の縛りをゆるくしているという話を聞いたことがあります。 アクセスの多いコンテンツに広告をうてば効果もあることですし、そのせいかどうか分かりませんが、以前削除されていたコンテンツが最近ではOKになっているものもあります。

昔なつかしい音楽や映画などクリップにして、皆と共有したいというだけでこのへんは今後も大目にみてもらいたいものです。