日別アーカイブ: 2016年6月27日

五十肩発症二ヶ月~痛みとれずヒアルロン酸注射に!

4月末ごろから左肩に激痛がはしりるようになり、日を追って手が思うように上がらなくなり、服の脱ぎ着もままならぬようになりました。

5月初に整形外科にて診察してもらったところ、五十肩と診断されました。
以降、毎日病院で物理的な温熱療法しながら、スポーツジムのフロでも左肩を暖めながら出来るだけ肩を動かすストレッチもやり、2ヶ月経過しましたがいっこうに痛み改善せず。

日中はそれほどでもないのですが、就寝2時間後くらいじっとしているのに左肩や左上腕に激痛がはしります。 神経をつつくような疼く痛みです。 いわゆる夜間痛と言われるものですが、痛みが始まると腕をどこにおいても痛みの解消ができず、夢うつつに痛みを感じながら朝を迎える毎日で少々寝不足気味。

実は、五十肩は二十年前にも右肩をやりまして、治癒までに1年以上を要しました。
今回と同様 夜間痛に悩まされ、病院や整体医院を渡り歩きましたが、いっこうに改善しないので腹をくくって五十肩と付き合っていましたが、結局いつの間に治った経緯があります。

五十肩は一度発症した肩に再発はなく、必ず片側づの肩に発症するそうです。

周りにいる友人や仲間たちに五十肩になって治した人が複数いるのですが、最近ではヒアルロン酸やステロイドを使った注射療法が一般的なんだそうです。

症状によって治療期間は変わると思いますが、1週間1回のヒアルロン酸注射で5回~友人の殆どが一ヶ月くらいで治っています。 

友人の奨めもあって、先週よりヒアルロン酸による注射療法に切替えました。
先生の治療方針により、最初の一回はステロイド注射でした。 2回目からヒアルロン酸注射にするということでした。  注射した直後は、ステロイド系なので腕を挙げても肩の痛みがウソみたいになくなりましたが、注射した当日の夜も夜間痛はありました。 若干痛みが軽くなったような感じはありましたが、二日目の夜からは元の痛みに戻りました^^;

ヒアルロン酸注射することで石灰化などによる収縮した肩関節を動きやすくさせるもので、その間併せて腕の稼動範囲を広げる肩ストレッチをします。 簡単にすぐ痛みが取れるとは思いませんが、5回注射した後どのくらい改善するか期待したいところです。