日別アーカイブ: 2016年6月6日

本の買取りビジネスはボロ儲け~

ここ2ヶ月で読んだ文庫本8冊(定価総額で6000円位)を「フタバ図書」で買い取りして貰ったら750円也!  売れっ子作家の新刊文庫本も数冊ありましたが、買取りはトータルで約1割程度でした。

新刊650円~750円の文庫本を100円~150円で買取り、400円前後で売っているのですから新刊文庫本より儲けが良いかもしれませんね。 本の買取りビジネスは、正直ボロ儲けだと思います。

※8冊のうち5冊は新刊文庫本(初版)として発刊されたばかり。

※査定0円もあったかも~
bunkobon02

昔、山崎豊子著「沈まぬ太陽」のハードカバー単行本(1,600円前後/冊)全5巻を「ブック・オフ」に出したところ、買取り価格は全部でたったの500円!  発刊したばかりで通勤時1ヶ月で読んですぐ買取りに出したもので、書店の店頭に当時現行本として並んでいるのに、作家とかタイトルも見もせず装丁状態だけをチェックし関係なく1冊100円査定でした。 

現在はどうか知りませんが、それだったらタダで友人に上げたほうがマシだと思い即取りやめした経緯があります。 それでもあきらめきれず、念のため近くの小さな古本屋さんにもっていったら、全5巻を1500円(一冊300円)で買い取ってくれました。

本は専門書も含め、かなり本は読むので文庫本などは定期的に買い取ってもらっています。
でも、査定方法も気に入らないし、買取り価格の安いブックオフにはそれ以来出していません。
しかし、店にとってはアルバイトでも査定できるので効率はいいかもしれませんね。

ローカルではありますが、広島では複合専門大型書店である「フタバ図書」というところに出しています。
文庫本で100円から150円で買い取ってくれます。 作家によっては50円とか0円とかあるかもしれませんが、高額買取りキャンペーンがあったり、査定にメリハリがあるので良しとしています。