日別アーカイブ: 2015年11月17日

ブログの適正な文字数とは?

当ブログも、早いものでスタートしてから二年~

おかげさまで毎日100人前後の方の訪問があります。
アクセスを集める仕組みのある大手ブログサービス(アメーバ、FC2、ライブドア、Jugem、Yahooなど)と違い、自前で立ち上げたブログなので私にとっては上出来です。
投稿ページ別のアクセス数で記事別の注目度がわかるのですが、各々相当数の増加傾向に提供者の私として感謝あるのみです<(_ _)>

しかし、興味ある記事を書くのはもちろんですが、せっかく訪れて頂いても最後まで読んで貰わなければ意味がありません。
そこで気になったのが文字数です。 適正な文字数ってあるのか? 長すぎて途中で読むのをやめられたり、短すぎて何を言いたいのかわからない記事では問題です。

常々気にはしていたのですが 改めてネットで調べてみました。
調べてみると あるわあるわ・・・意外に注目されているテーマなのですね。
単に日記を書くだけなのか 商用目的などブログの目的によっても違うし 考え方も色々あるのですが、一般的に妥当なブログ文字数は500~1000文字のようです。 

ちなみに私の場合、偶然にも500~1000文字前後です。 1000文字の記事で長すぎると感じていたので、適正範囲内とは意外でした。 (ここまで550文字^^)

当ブログは、レスポンシブデザインを採用していますので、パソコン・タブレットやスマホまで すべての端末で適正表示をするようになっていますが、スマホでスクロールしながら見る1000文字はどうなのかな気になっていました。 500文字以下で構成したほうがいいかなと思っていたりしましたが、適正文字数であることがわかりましたので、深く考えることはやめました。

また文字数が少なすぎるとSEO対策上不利という話もあります。
表面的な字ズラの数で左右されるものではなく、多くの良質な情報を含む内容であれば必然的に文字数も多くなり、検索エンジンによる内容評価(テーマ・内容・キーワードなど)がアクセスアップや訪問者アップにつながるということなのです。 (ここまで878文字)

あるキーワードで検索をかけた場合、 数行しか書いていないブログ記事に行き当たることはないそうで、文字数の多いブログにヒットすることから言われるようになったそうです。 もっとも数行では良質なブログとはいえませんが・・・。

思うに 内容が高尚なものでなくても、訪問者にとって何か得るものがあったり 参考になる内容であったり 共感を覚えるものであったり そして皆さんと共有できる記事であることが大事な気がします。

そうそう一行の文字数は、35~50文字以内が読みやすいそうです。
今までで一番長いブログ文字数になりました^^ (ここまで1149文字)