日別アーカイブ: 2014年5月31日

WD製2TBハードディスクを廃棄!

2年前に購入したWD製(ウェスタンデジタル)のデータ入ハードディスク(HDD)を廃棄しました。

バックアップ用に使用していたので頻度は限りなく少ないのにデータが1TB近く入っており、データも取り出せないまま、 半年前にオシャカになったHDDなのです。 認識をしないのでツールを使った完全消去もできない訳でして ^^;

そのまま廃棄するには問題があり、あとは物理的に壊すしか方法がありません。
HDDを分解し、3枚構成のプラッタ(金属ディスク)の隙間にドライバを差し込み、ディスクを曲げて変形させ、磁気ヘッドのスィングアームも変形させました。 この状態ではデータの読み出しはまず困難~。

HDDを分解するには、特殊な星型ビスを外すドライバーが必要です。(コーナンや電気工具の扱う店で売っています) 今回は隠しビスを含めて8本ありました。

詳細は省略しますが、WD製のEARSシリーズ(廃棄モデルはWD20EARS)は、XPには非対応になっており、WDが提供する「WD Align Utility」なるソフトでフォーマットしないとパーフォーマンスが異様に低下し(いわゆる低速病)し、読み書きができなくなり撃沈します。

販売時、使用する上での注意事項の案内はなく、製品にもその説明はありませんでした。 ネット上にもその要因も知らないまま撃沈した書込みがけっこうあります。 私の場合、偶然ネットで知ることになり、事前に判っていたので、該当の方法でフォーマットし内臓ディスクとしてて活用していたので問題なく使えていました。

ところが、搭載していたXPマシンが壊れたので、リムーバルケースを購入し 外付HDDとして他のPCで活用に切り替えたところ、半年くらいで読み出しにすごく時間がかかるようになったり、HDDとして認識しなくなったのです。 USBインターフェースの問題? 色々トライしましたがどうにもならなくオシャカになった次第^^;

WD_2TB_1WD_2TB_2WD_2TB_3WD_2TB_4