トピックス」カテゴリーアーカイブ

YouTube 雪の急斜面を登るクマの親子の動画に賛否

出典元:ViralHog( Youtube)

 

ロシア東部のオーホツク海に面するマガダン州の山で、ドローンによって撮影されたクマの親子の動画が話題になっています。

先に斜面を登った母グマが頂上から心配そうに見守る中、足を滑らせて途中何度も滑落してしまう子グマに思わず「頑張れ!」とつい声をかけたくなるほど、手に汗をにぎりながら見入ってしまいました。 一生懸命よじ登るいたいけない小グマの姿に感動します。

 

動画は親子と思われる2匹のクマが、雪に覆われた急斜面に足を踏み入れるシーンから始まりますが、冒頭 猛禽類と思われるワシ?の飛んでいる影が、下から上に通り過ぎてゆくシーンもあり、最強の親グマと一緒であっても、小グマにとっては脅威には違いありません。

その後、何度か滑落しながら子グマは母親と同じルートを辿って斜面をよじ登り、ついに母親のところまであとわずかという時に、親グマが雪を払って子グマを再び滑落させてしまいます。
結果、子グマは斜面のかなり下にある岩場が露出した場所まで滑り落ちようやく止まります。

滑り落ちた子グマは、最初とは違ったルートを必死に登りはじめ、ついに頂上にいる親グマのところに辿りつき、一緒に走り去るところで終わります。

 

紹介記事によっては、親グマが子グマに手を差し伸べようとしてバランスを崩したという説明もありますが、どうみても撮影中のドローンを見つめた後、わが子を外敵から遠ざけようと雪を払って滑落させたように見えます。

 

動画をみて多くの人が感動したという声がある中、撮影に批判の声もあるようです。
野生動物の専門家は、野外におけるドローンの使用について、野生動物にストレスを与えないようなルール作りを指摘しています。出典元である動画配給会社「ViralHog」より、11月2日にアップされた動画は、 その表れなのか Good(高評価)よりもBad(低評価)の方が多いのです。

 

私が思うに撮影スタッフは、ドローンを近づけ過ぎ親グマに敵意(ストレス)を感じさせたと分かっていたように思います。それが原因で雪を払われ岩場まで落とされた子グマが、その後 頂上の親グマに辿りつくまでのシーンの映像は、当初よりズームアウトしており、ドローンを遠く離して撮影しています。

 

冒頭に猛禽類の影が映り込んでいましたし、親グマはすでに警戒態勢だったと思います。ドローンによるストレスを親熊に与えた可能性は否めませんが、外敵から子を守るため親グマの生態本能や落とされても親に向かって登ってゆく小グマの一途な姿は、普通では絶対見ること出来ないものであり、個人的にはとても感動しました。

「+メッセージ」は、「LINE」を越えられるか!

 

 

4月11日 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクのキャリア大手3社が、相互の顧客同士で長文や写真、動画のやりとりが出来る共通の新アプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日から提供すると発表しました。 

 

IDやパスワードの登録は不要で、相手の電話番号を知っていればメール同様の長文が送ることができます。

 

約500種類の無料スタンプグループメッセージも交換可能。
そのほか音声メッセージ地図情報の送受信、既読を表示する機能、QRコード表示による連絡先交換などにも対応。

 

否定はしていますが、通信アプリでは先行している「LINE(ライン)」に3社が結束して対抗する狙いがあるようです。

 

キャリアが個別に提供しているSMS(ショートメッセージサービス)は、通信できるのは全角70文字以内の短文と絵文字のみだし、異なるキャリア間では絵文字など文字化けする課題もありました。 SMSを進化させた新アプリは世界的に標準化されているRCS(リッチコミュニケーションサービス)に準拠したサービスとして提供されます。

 

キャリアを問わず、全角2730文字を送信できる仕様になり絵文字の共通化も図られます。
SMSは一通ごとに料金が発生する従量課金方式でしたが、新アプリはLINEと同様にパケット通信料がかかります。 当然ながら定額料金内であれば追加料金は発生しません。

 

電話番号を知っていれば、送受信が可能なのですが、利用者相互に「+メッセージ」アプリをインストールしておかねばなりません。
5月以降発売のスマートフォンやタブレット端末は、アンドロイドの新機種には予めプリインストールされていますが、アップル製品や発売済みの機種ではダウンロード(無料)の必要があります。

 

「+メッセージ」は、2011年6月にリリースされた「LINE」の牙城をどこまで崩せるのでしょうか・・・ 試す価値はありそう。

NASA提供、火星探査機キュリオシティからのパノラマ映像がすごい!

 

NASA(アメリカ航空宇宙局)より、メディアなどでも紹介されていますが、火星探査機キュリオシティ(Curiosity)が撮影したパノラマ写真が公開されました。

 

16枚の広角写真を繋ぎ合わせて、360度のパノラマ写真にしています。

 

2017年10月25日に撮影されたもので、NASAで画質や明るさを調整しているとは言え、地球上でも見られるような風景です。

 

でも大気の95%が二酸化炭素(CO2)、つまり濃厚な炭酸ガスが蔓延しているという訳で宇宙服なしでは住めません^^ 重力は地球の約40%~体重60Kgの人は火星では24kgということになります。

 

2012年8月6日、火星探索機キュリオシティを装備したマーズ・サイエンス・ラボラトリ宇宙船は、火星に着陸しました。
その後、長さ3m、総重量900Kgもあるキュリオシティ(ローバー:探査車とも言う)は自走しながら移動し、18km先にあるヴェラ・ルービン・リッジという山の頂上に到達~ 360度ぐるりと16枚の写真を撮影したということであります。

 

山の標高は327m、ここは大昔隕石が衝突して出来た窪地(クレーター)で、遠くに見える山々は直径154kmにおよぶクレーターの外環なんだそうです。

 

映画の世界では、一足先にマットディモン主演「オデッセイ」のようなことが、あと100年も経てば現実に起こるかもしれませんね。

 


Photo:NASA/JPLより

高画質の全景写真は、「NASA」サイトより見れます。
+ボタン側にすると拡大されます(PCの場合)
パソコンモニターでみると迫力があります。
スマホ・タブレットはピンチアウトで拡大

中国発「割れるガラスの空中遊歩道」、イギリス発「廊下を走れない床」にびっくり!

表題の件は、数日前某テレビ局朝の番組で、世界で話題を集めているトピックスとして紹介されていたものです。 ネット上でもそれぞれ取り上げられているみたいです。

 

2015年9月にオープンしたもので、今更感はありますが、中国発のガラス橋の空中遊歩道(スカイウォーク)は何度か見たことはあります。 それだけ注目をあびているのでしょうね。

 

赤外センサーにより、人が通ったらひび割れを起こす仕掛けがあるのですが、ガイドが演技をして恐怖感をあおっていますが、誰ものってこないw

 

高所にあるだけでも十分こわいのに、眼下がまる見えとは腰砕けになりそう~
まして、ビビ割れ仕掛けを知らない高所恐怖症の人は、恐怖感が頂点に達しそうです。
私にはとてもムリです^^

 

 

 

ちなみに、空中遊歩道のあるところは中国河南省の雲台山にあるガラス橋で、長さ280m、巾2m、海抜1180mのところに作られています。 

 

 

 

イギリス発の「絶対廊下を走らせない床」は、イギリスのタイルメーカー「Casa Ceramida」のTwitterに投稿されたものです。

 

目の錯覚ろ利用したトリックアートで、実際はまっすぐで平らな廊下であり、写真のように一部が凹んでいる訳ではありません。

 

発想がおもしろいですね。

 

 


出典:Twitter@casaceramica

 

68秒の動画「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界に拡散中!

うさんくさい中年のおじさんが踊っている変なダンスが世界で注目を浴びています。
最近、メディアでも紹介され知っている人もいるのではないでしょうか。
ジャスティン・ビーバーのツィッターでの紹介がきっかけに国内のみならず世界各国に火がついたようです。

イギリスBBC・アメリカCNNはじめ、欧米メディアでも紹介され、病みつきになるビート、しょうもない歌詞、笑えるシンプルな繰り返しetc・・・目下世界に拡散中の動画であります。
若い世代には受けそうですね。

ネタ元は千葉県出身のシングソングライターのピコ太郎さんのYouTube投稿動画。
実際は千葉ではなく、青森県出身のお笑い芸人古坂大魔王(古坂和仁)さんとの事。

何はともあれ、動画は一見の価値があります。

ご本人の公式チャンネルではメイキングビデオも紹介しています。
忘年会のかくし芸でやる人もでてくるのでは・・・(笑)

第16回シルバー川柳入選作品(2016)~思わず笑ってしまう

9月8日シルバー川柳の入選作品の発表がありました。

年の功ならではの作品がずらり~同世代とは言え皆さんセンス抜群です。

身近なところにありそうな力作ばかり・・・思わず笑ってしまいます。

応募総数8876作品から入選した20作品です。

来年は私も応募してみようかなw

ningyo
(高橋まゆみ人形作品)

☆ ポックリと逝きたいくせに医者通い

☆ 気が付けば母のとし超え我を知る

☆ 絵手紙でいい味出してる震える字

☆ 「やめとくれ」ただの寝坊で脈とられ

☆ こんにちは思い出せずにさようなら
☆ 希望なし目標なくて自由あり
☆ あれよあれそれよそれよと答え出ず
☆ 猫までが妻の真似して俺またぐ
☆ クラス会それぞれ持病の専門医
☆ ボケもよい昨日のケンカもう忘れ
☆ 金よりも大事なものが無い老後
☆ 見栄と欲捨ててしまえば生き仏
☆ チンをして出すの忘れて冷蔵庫
☆ 金が要る息子の声だが電話切る
☆ 飼犬が徘徊防止に付いて来る
☆ この歳で止めてどうする酒たばこ
☆ やっと立ち受話器を取れば電話切れ
☆ ハグされてこわい私の骨密度
☆ 五郎丸まねて念仏かと訊かれ
☆ 基地問題うちがもめるは墓地問題

出典:公益社団法人 「全国有料老人ホーム」HPより

変身立体の不思議~鏡に写すと変身!

2016年、第12回ベスト錯覚コンテスト(Best Illusion Of The Year Contest)で、2位に輝いた明治大学杉原厚吉教授の「四角と丸」の紹介動画が話題になっています。
これまでにも、二度の優勝を飾った錯覚・だまし絵研究の第一人者です。

一体、どうなっているのでしょうね。

鏡に細工がある訳でもなく、二つの異なる方向から見ると違った形に見える「立体錯視」を利用しているのだそうです。 つまり、手前から見た形と鏡側から見た形が異なるということなのですが、四角が丸になったり丸が四角になったり不思議な世界ですね。

 

過激な自撮り(セルフィー)で死亡事故多発

南米ペールのアマゾンのジャングルで自撮りの最中500メートルの滝の下に転落、命を落とした韓国人の報道がありました。 また先週も南米ペルーの世界遺産マチュピチュで警告看板や管理員の注意も無視してがけ近くの禁止区域で転落したドイツ人もいました。

スマホやSNSの普及で一般的になった自撮り(セルフィー)ですが、目立とうとするあまり危険なシチュエーションで撮影を試みたりする人が増え、世界各地で死亡事故が多発しているという。

命をかけて自撮りする人の心理状態ってどういう構造になっているのでしょうね。

※下は香港にあるビルてっぺん(346m)からの投稿自撮り映像

ドローンで撮る新婚カップルの自撮り映像が凄すぎ!

朝のテレビを見ていたら、すごい映像が紹介されていました。

京都の新婚カップルが500万円を貯めて昨年7月世界一周旅行に出かけました。
その際、各地で撮ったドローン(Phantom)による自撮り映像が世界で話題を集めているそうです。

映像が絶景凄すぎて、口あんぐり言葉もでません^^

世界一周旅行の空撮映像を、公開している新婚のご夫婦は、山口千貴さんと山口真理子さんです。
すでに45カ国を突破しており、現在アメリカに滞在中で今年8月に帰国するそうです。

※ドバイの「パーム・ジュメイラ」

※ご夫婦が滞在中のホテル(マリーナベイサンズ:シンガポール)から最初に投稿した映像