スポーツ」カテゴリーアーカイブ

マラソン練習日記 その77 6ヵ月連続で月間走行距離100km以上をクリア

 

今月もなんとか月間走行距離100km以上をクリアすることができました。
月間走行距離100km以上は、昨年10月より連続6ヵ月間続いております。

 

新型コロナの感染拡張の影響で、行きつけのスポーツジムでは休館(3/3~3/20)を余儀なくされましたが、屋外練習は欠かさず行いましたので、今月もなんとかギリギリで100kmをクリアすることが出来ました。尚、27日は雨のため屋内練習でしたが、GPSウォッチを忘れ未装着だったため、専用アプリの記録に反映されていません。実際に6km少々走っておりますので(トレッドミル走行メーター)、今月の正しい月間走行距離は約107kmであります。

アクシデントがなければ、4月、5月もイケると思います。
但し、毎年のことではあるのですが、梅雨時期の6月および暑さが増す7月~9月は、10kmコース以上を走る屋外練習の回数が減るので、この間4ヵ月は100km以上をクリアするのはけっこう大変です。

6月に入ると梅雨で降雨が多く、炎天下の30℃を越える真夏日が多い7月~9月は、水分補給してもヘロヘロで体力が持たず、6月~9月は必然的に屋内練習になる頻度が高くなるので、屋外練習のような長距離走行が出来ず90km前後で終わってしまうのです。
ちなみに、トレッドマシン(動くベルトの上)で10km走るのはかなりきついです。
健康維持のために走っているのに、必要以上に無理しても本末転倒になりかねませんので、実力に応じて可能な限りチャレンジしようとは思っています。

 

本日の天候は曇り、気温14℃ 記録は以下の通りです。
いつも10km定番コースです。今日はいつもよりゆっくり走りました。(④~⑤間1.5kmを2往復)

タイム:1時間7分 走行距離:10.5km 平均ペース:6分26秒 最大心拍数:139bpm

 

 

ところで、コロナの収まる気配がありませんね。
スポーツジムは、全国的にはまだ休館しているところもあるかもしれませんが、以下の3密に対処した上で、営業再開するところが多いみたいです。

1. 換気の悪い密閉空間(密閉)⇒ 定期的に窓を開けて換気
2. 人が密集する場所(密集)⇒ スタジオプログラムの人数制限
3. 近距離での会話や発声(密接)⇒ 積極的な声掛けや不要な会話はしない
スタッフはマスク着用

広島市内のスポーツジムは、感染者も一桁台ということもあり、3月下旬からほぼ営業を再開しています。高齢者が新型コロナに感染すると、死亡に繋がるケースが多いとメディアがさかんに報道するせいか、比較的高齢者が多い午前中はいつもより全然少ないです。

 

通っているスポーツジムでは入館時、体温計が入手できたため、額近くにセンサーを近づけて瞬時に検温しています。風邪気味や咳のある人、37.5度以上はお断りだそうです。フロア入口で必ず手のアルコール消毒もすることになっています。利用者は用具の使用前後、除菌用アルコールとペーパータオルで除菌を義務化。

先週27日(GPSウォッチの装着を忘れた日)のジムは、会員はいつもの半分くらいでガラガラでした。室内は定期的に換気を行うことになっていますが、私のいた間ずっと窓は開きっぱなしでした。

ま、その方が安心ではありますが、トレッドマシンで1時間近く走っていても、時折冷たい風が吹き込んでくるので、汗をかくほど走ったのに体が温まらず寒かったです。ともかくコロナも早く収束してほしいものです。

新型コロナで休館中だった行きつけのスポーツジムが営業開始


※ スポーツジム内のトレッドミル(ランニングマシン)は23台有り、奥はスタジオ

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業自粛を促す政府発表を受け、行きつけのスポーツジムが、3月3日~3月20日まで休館しておりました。政府から特別の要請がない限り再開するという事前案内もあり、今回 予定通り休館最終日の翌21日(土)から、営業再開しました。

昨日、休館後初めてジムに行ってきました。
フロントでは、会員証チェックイン時、馴染みのスタッフから、風邪の有無や体温は平熱であるかどうか聞かれました。
当ジムの新型コロナ対応期間中のガイドラインでは、自らの検温とスタッフによる体温確認および健康チェックがあるようですが、検温要請はなく後者の確認だけでした。

 

アスレチックジム(2F)にチェックインする際、手指のアルコール消毒を要請されました。
いつものマシン備え付けの使いまわしのタオル((1日に数回交換)は撤去され、マシン使用後および用具の使用前後は、除菌用アルコールとペーパーを使って除菌~使い捨て対応になっていました。ほかには定期的な換気を実施。スタッフの積極的な声掛けや指導はしないようです。

コロナ対応期間中は、スタジオプログラムは参加人数を制限しています。
ジムでは、色々とコロナ対策に努力しているようでした。そのせいもあるのかアスレチックジム内は、いつもの6割位の人数でした。

 

広島は23日現在3人の感染者が分かっておりますが、全国的には少ない部類だと思います。
とは言え、感染確率は低く大丈夫だと思っていても、どういうシチュエーションで感染するかわからないので過信は禁物です。

特に、各マシンや用具など不特定多数の人たちが触ったりするので、 ジムから一歩出るまで意識的に手指のアルコール消毒に心掛けるしかありません。筋トレなどに使用するバーベルやダンベルは、しばらく使わない積りです。

 


※ 各種マシンが揃っています  奥は第二スタジオ

 

ジム休館中は、いつものマラソンコース10kmを、自宅から週2回走っておりましたが、本日は久々にトレッドミルで約6kmを走りました。
途中、9%、5%、3%の傾斜をつけて走ります。屋外練習でもそうですが、ウォークマン(ポータブルオーディオ)は必須で、いつも音楽を聴きながら走っています。

ジムには通常 週3回行きますが、うち2回は屋外でのマラソン練習なので、新型コロナに対しては、それほど気にはしていません。ランニングにより免疫性も上がると言われています。

今月もあと4回~5回走れる機会がありますが、うまくゆけば昨年10月から続いている月間走行距離100km以上クリアできるかもしれません。

 


※3月度ワークアウト 赤ラインは屋外練習。

マラソン練習日記 その76 新型コロナでジム休館延長~屋外コース10kmを走る

 

いつも通っているスポーツジムは、新型コロナにより、3月3日から3月15日まで臨時休館になっていましたが、さらに3月20日(金)まで延長することになりました。政府から特別な要請がない限り、21日から営業開始になるようです。最悪月末までを予想していたので、ひとまずほっとしたところです。

 

本日も天気がよく晴れで、駐車場の気温は9℃でした。
練習コースは河川沿道を走るので、体感気温はさらに2~3℃下がります。

今日もひとりで10kmを走ってきました。最初は風がきつく寒さもありましたが、走っているうちに体が温まり、快適に走れました。変わり映えしない私の記録は以下の通りです。
私の実力はキロ6分前後(1km当りのタイム)ですが、これ以上のタイム短縮は年齢的に無理です。

走行タイム:1時間3分、走行距離:10km、平均ペース:6分15秒/km、最大心拍数:153bpm

 

いつも走っている屋外練習コースは、自宅からも近いのでスポーツジム休館中も、運動不足にならないように、週2回走っております。本来であれば、汗をたっぷり流したマラソン練習後は、ジムにある大きな風呂に首までどっぷりと浸かり疲れを癒すのですが、休館中はこじんまり自宅のシャワーでガマンです。

 

途中、同じジム友でありラン友でもあるKさんに遭遇しました。彼も練習を途切らさないように、ひとりで走っていたようです。今も一緒にマラソン練習をしているのですが、スポーツジムが休館中なので、ジムから一緒にスタートすることができません。

ところで、昨年10月より続いている連続月間走行距離100km以上の達成はムリかも~
健康維持のために走っているので、一応目標はありますが月間走行距離100km以上とかキロ当たりタイム短縮など記録はそれほどこだわっていません。
健康のために練習を休むことなく継続することに意味があります。

 

*青ライン:屋内練習 赤ラン:屋外練習

 

*PhotoA:本日午前11時ごろの「宮島」(日本三景のひとつです)

*PhotoB:宮島をバックに自撮り 「宮島」と対岸にある練習コース先端にある「草津港赤灯台」

PhotoC:車道と隣接している歩道(マラソン練習コース)

【Amazon】ベストセラー1位のスマートバンド Xiaomi Mi Band 4を買ってみた

 

今回、アマゾン(Amazon)のスマートバンド(スマートウォッチ)ジャンルでは、売れ筋ベストセラー1位の Xiaomi Mi Band 4 を買ってみました。価格は、なんと4000円以下の3,839円也!
スマートウォッチは、中華ばかり3台目になります^^

Xiaomi(シャオミ)は、2020年日本に進出してきた中国の大手スマホメーカーです。
創業9年で世界シェア4位。今やサムスン、アップル、ファーウェイという上位3社を脅かす存在になっています。

 

先日、マラソン練習時の心拍計として使っている スマートウォッチ iWOWNfit i6HR-Cが、購入後1年9か月でバンドが切れ、バッテリーの使用時間も短くなくなってきたので、買い替えることにしていました。心拍計の精度が意外に高いので、iWOWNfit(アイオーフィット)製品は、2台続けて購入しています。価格的にも5000円前後と安く、着信通知やアプリの通信機能もあり、高価なアップルウォッチを買うよりお得です。

当初、バッテリー1回の充電で1週間はもっていましたが、1台目も2台目も使用1年位経つと充電しても1日しか持たなくなりました。実用的に使えるのは1年半くらいですが、いずれも故障もなくコスパは抜群でした。今回購入したXiamio Mi Band 4は、iwownfit i6HR-C より軽く、重さ22g。

 

 

 

今回3台目の購入にあたり、1年半くらいで毎回5000円前後で買うのであれば、高価であっても数年間はバッテリーの長持ちするものがいいのではないかと、直前までガーミンForeAthlete235J(約30,000円)を購入する予定にしていました。

 

Amazonでガーミンを購入するつもりで、ネットでチェックしているうちに、スマートウォッチXiaomi Mi Band 4に遭遇。 なんと3000円台でも以下の通りスマートウォッチ機能満載で、十分使えるとネット上でも評判になっていましたので、騙された積りで今回も中華のスマートウォッチを試すことにした次第であります。

フルカラースマートバンド AMOLEDタッチディスプレー 5ATM防水 心拍計 活動量計 万歩計 健康管理 睡眠モニター 着信通知&アプリ通知 音楽再生コントロール バッテリー最大20日間 高精細有機ELパネル 3軸加速度計&3軸ジャイロスコープセンサー搭載 Bluetooth 5.0 iPhone&Android対応

 

*ワタナベカズマサさんのXiaomi Mi Band 4の紹介ビデオです。

 

 

先月購入から20日間使ってみましたが、5000円のiWOWNfit製品と比べても遜色なく、価格を考えれば、それ以上かもしれません。電話の着信通知やLINE、Facebookアプリなどの着信通知、目覚ましなど、バイブでしっかりと伝えてくれます。アプリ(Mi Fit)との連携もスムーズです。

外出時、スマホはポケットに入れているので、周りに人のが多いときは着信があっても気がつきにくいですが、スマートバンドのバイブですぐ気がつきます。メールやLINEなどメールの冒頭の一部をテキストで表示してくれます。画面が小さいので私の年齢では読みにくいですが、LINEやメールと分かれば、スマホ本体を見れば済むことなので全く問題ありません。

 

私の場合、フル充電で8日間(残量15%)持ちます。各機能をすべて利用してこのくらい持てば上出来です。位置情報や心拍計検出時間、Bluetooth、明るさなど各種設定で使用時間は変わると思います。問題は1年後のバッテリー駆動時間が気になるところです。

充電は残量にもよりますが、フル充電の所要時間は1時間40分、充電は自動的に止まります。
なので過充電は生じません。

 

*充電終了するとメッセージとバイブで知らせてくれます。
メッセージ表示させるため、タッチした関係で少し電流が流れました。

 

*充電終了後は、電流はストップ(過充電することはありません)

マラソン練習日記 その75 新型コロナによりスポーツジムも突然休館!

 

本日は、ラン友と定例の屋外マラソン練習日。
今月8日開催の「第14回錦帯橋ロードレース大会」が、新型コロナウイルスの影響で中止になり、一時モチベーションも下がりがっくりきましたが、私の場合もともと健康目的のために走っているので、挫けることなく 練習にまい進しております。

ところが、本日も仲間と走るつもりで、スポーツジムにきたところ、なんと本日から3月15日までの2週間 休館とのこと!!!

 

昨日、ジムのトレッドミル(ランニングマシン)で約7kmを走りましたが、スタッフから何の案内もなかったので、突然の休館は正直なところびっくりであります。
今朝ジム入口で顔見知りの女性スタッフが、ジム駐車場に入ってくる車にビラを渡しており、ひと言ふた言説明を聞いた会員の車が次々と出口に向かってゆくのですぐピンときました。

 

2月29日安倍首相の記者会見と3月1日付厚労省発表資料の新型コロナにおける「スポーツジムでの感染リスク」の発表を踏まえ、会員と従業員の健康と安全確保のため、急遽 臨時休館となったようです。状況によっては15日以降もさらに延期する可能性もあります。
スポーツジムで感染者がでたら感染経路が複雑で、追跡がとんでもないことになりますし、早めの休館は良かったかもしれません。

 

いったん自宅に帰り、今日はいつもと違うコースをひとりで走りました。
いつも走る定番練習コースの対岸にある草津港の赤灯台まで久々に走ってきました。
本日の天候は晴れ、気温12℃と風はやや冷たいものの、冬にしては比較的暖かい日和になりました。コースを変えたものの走行距離は10kmでした。

 

走行タイム:1時間2分 走行距離:10.1km 平均ペース:6分8秒/km 最高心拍数:141bpm

 

*PhotoA:赤灯台 後ろに見えるのは「安芸の宮島」

*PhotoB:「安芸の宮島」をバックに自撮り ^^

*PhotoC:草津港の防波堤内に停留中の漁船 

*PhotoD:久々に走るコース(⑥-⑦-⑧)す。後方に見えるのは広島市市街地中心部

*PhotoE:いつも走っている定番練習コース(②-③-④)、後方に見えるのは「安芸の宮島」

*PhotoF:久々に走るポプラ並木のコースです。

第14回錦帯橋ロードレース大会 楽しみにしていたのに新型コロナで中止!

 

第14回錦帯橋ロードレース大会」は、今年で4回目の参加になりますが、新型コロナウイルスの感染の現状から開催中止とする旨、昨日25日 公式サイトにて発表がありました。
毎年のことながら、出場を楽しみにしていたので、とても残念であります。

 

中四国と東北地方は新型コロナの感染者がいないことから、ひょっとしたらと開催を期待していましたが、昨日政府から新型コロナウイルスに関する基本方針が発表されたことと、「錦帯橋ロードレース大会」と開催日が近い、3月15日開催の「福山マラソン」が先に開催中止を発表したので、錦帯橋マラソンの開催中止は間違いないだろうと思っていました。

 

以下のごとく、2月21日に、25日19時の会議で決定する旨案内があった時点では、開催はヒフティヒフティと感じていましたが、残念ながら期待通りにはなりませんでした。

 

 

昨日も、ラン友4人とマラソン練習をしましたが、錦帯橋ロードレース大会も近いということもあり、練習量でカバーすべく、最年長の私だけ走行距離を延ばし13kmを走ったのにがっくりです。

もっとも大会出場は、私の場合、日ごろの練習成果の場として、その証を記録に残こすことであって、記録更新を目指している訳ではありません。
あくまで健康のために走っているので、大会に出場できないのは残念ですが、元気で走れる間は可能な限り、仲間と一緒に走り続けたいと思っています。

 

 

ところで、2月度もあと2回走りますので、月間走行距離100km以上いけそうです。
昨年10月より、月間100km以上をクリアしています。(青アンダーラインは屋外練習)

マラソン練習日記 その74 この冬一番の寒気の中、揃い踏みで10.5kmを走る

 

昨日18日、中国地方はこの冬一番の強い寒気が流れ込み、山間部は大雪となりました。
広島地方気象台の発表では、広島市内(中区)も、この冬一番の冷え込みで、気温 0.1℃を記録したとの事です。

当日は、マラソン屋外練習日でもあり、天候が心配でしたが、青空も見える晴れの好天気になりました。午前8時ごろの屋外気温は 2℃でしたが、走り始める10時ごろには太陽ものぼり、スタート地点の屋外気温は5℃でした。練習コースは河川沿道を走るのでさらに気温は下がり、3℃前後になります。

 

毎年のことなので、寒さにも慣れてきたというものの、1桁台の気温の日はやはり寒いです。
走り始めると体が温まってきて、走り終わるころには汗もかなりでています。
走行中は、水補給をしておりませんが、最終的に冬でも500mlのスポーツ飲料が空になります。
寒い冬でも夏と変わりないくらい水補給が必要になります。

 

昨日のマラソン練習は、今年初のラン友メンバー揃い踏みとなり、私を含む男性3人と女性2人の総勢5人で走りました。冬でもハーフパンツで生足を出して走りますが、この日はさすがにタイツをつけて走りました。

この時期 途中すれ違う人は、外套やマフラーで身を包む完全な冬装備。
冬は、半袖スポーツウェア、アンダーウェア、パーカーなど重ね着して練習しますが、生地の作りは丈夫であってもペラペラの薄地~ 健康のために走っているとはいえ、年齢のわりに元気であることに、我ながら感謝であります。

来月8日に行われる「第14回錦帯橋ロードレース大会」のゼッケン(番号)も先日送られてきました。あとは練習あるのみです。ラン友揃い踏みの中の3人が、この大会にエントリしています。

 

いつもの代り映えしない10kmコースですが、記録は以下の通りです。
ほぼキロ6分(平均ペース)なので、70代後半の私めの年齢からすれば上出来です。
今月の最速タイムになりました。

タイム:1時間3分、走行距離:10.5km、平均ペース:6分、最高心拍数:153 bps

 

マラソン練習日記 その73 ハーフマラソン大会を控え、13kmを走る

約2800m上空からみた本日のマラソン練習コース(Google Earth)

 

本日の天候は、晴れのち曇りでした。気温は8℃(スタート&ゴール:スポーツジム駐車場)
久々にラン友のレギュラーメンバー4人が揃いました。
但し、練習する走行距離は、各人違うのでそれぞれが途中で切り上げます。

 

我がランクラブのエースだったKさんも、腰痛でしばらく練習を休んでいましたが、今年から徐々に練習量を増やし、まだ本調子ではないものの、ランニング距離10kmをクリアできるようになりました。Kさんに代りエースの座をものにしたMさんは、昨年と比べて練習タイムも大幅に縮まり、今や絶好調であります。

 

マドンナのOさんも参加し、私を含め皆やる気まんまんのマラソン練習になりました(笑)
彼女は、本日約7kmを走ったあと、スポーツジムの屋内プールで1km(25mプールを20往復)を「自由形」「背泳ぎ」「平泳ぎ」「バタフライ」すべての泳法で泳ぎます。
いつもは泳いだ後、走るのですが本日は逆になりました。ほかにシンクロナイズドスイミングやバレーボール、エアロもやっており、マドンナというより鉄人です^^

 

毎年、「錦帯橋ロードレース大会」(ハーフ・10km・5km・2km)開催1か月前から、13km~15kmのランニング練習をします。いつも10kmコースは練習しているものの、今年になって13km以上の練習はまだしておりません。

昨年10月から今年1月までの各月間走行距離は、100km以上を4か月連続でキープしており、規定の練習量は確保していますが、来月大会を控えているので、内容的には15kmコースなどの練習も入れてゆきたいと思います。

 

冬場の練習なので、本日は少し寒かったですが、同じ大会に出場するMさんと一緒に13kmを走りました。記録は以下の通りです。久々にふくらはぎと足の裏が少し痛く感じました。

来月3月8日開催「第14回錦帯橋ロードレース大会」(ハーフマラソン21kmにエントリ)まで、約1か月となりましたので、しっかり練習をして万全を期したいと思います。

 

走行タイム:1時間23分、走行距離:13.3km、平均ペース:6分13秒/km、最高心拍数:157bpm

 

マラソン練習日記 その72 冬の練習は寒い 気温7℃の中を10.5km

 

本日の天候は、曇り、気温7℃(スタートのスポーツジム駐車場の気温)でした。
いつもの変わり映えしない定番の10キロコースです(ルート④~⑧間を2往復で約6km)
寒風の吹く河川の沿道を走るので、体感気温はもっと下がります。

 

毎年のことながら、特に1月~2月の冬の屋外練習は寒いです。すれ違う人は暖かそうな冬コートを着て歩いているのに、私めは、上半身のアンダーウェアは着ましたが、ランニングタイツは履かず、ショートパンツのみで生足を出して走っています。
本日は鞄に手袋を用意していたのに、練習時忘れて手袋なしで走ったので、耳は冷たく手は悴み、余計に寒かったです。本日は私を含むラン友3人で走りました。記録は以下の通り~

 

タイム:1時間4分 走行距離:10.5km 平均ペース:6分10秒/km 心拍数:153bpm

 

腰痛でしばらく屋外練習を休んでいたKさんが、昨年暮れくらいから、時々ランニング練習に参加できるようになり、本日も参加しました。
6km以上長く走るのは、まだムリのようですが、いつものメンバーと一緒に走れることはうれしい限りであります。一日も早く我がグループのエースに戻ってほしいものです。

 

令和2年の初ランは、1月3日でした。
1月14日には、我がRunクラブのマドンナOさんも一緒に初ラン。
彼女が一緒に走るとなぜか走行ペースが上がり、ベストタイムが出ます(笑)
私のキロ当りタイム(平均ペース:1kmを走るタイム)は、6分10秒位ですが、キロ6分以内で走っており、今月のベストタイムにもなっています。

 

今月、残りの練習を予定通り走ることができれば、月間走行距離100Km以上いけそうです。
ハーフコースにエントリーしている、今年3月開催の「第14回錦帯橋ロードレース大会」向けて、少しずつ練習距離を延ばし、万全を期したいと思います。
大会成績は後からついてくるもので、完走できれば結果はこだわっていません。

 

*赤線は屋外練習日

マラソン練習日記 その71 今年最後の屋外練習と月間走行距離100km以上クリア

 

今年(令和元年)最後の屋外練習になりましたが、天候は曇り時々晴れ、気温9℃の中、ラン友Mさんといつもの定番コース7.6Kmを走ってきました。(地図上、④~⑤沿道を1往復で7.6km、2往復すると10kmコースになります)

本日の記録

 タイム:46分54秒、走行距離:7.6km、平均ペース:6分/km、最大心拍数:135bpm

 

マラソンの屋外練習では、通常は10kmを走るのですが、本日のように寒かったり(河川の沿道は体感温度5℃)、コンディションが悪いときなどは、7.5kmコースにしたり、練習当日のムードで適当に決めています。来年3月「錦帯橋ロードレース大会」(ハーフマラソン)が近くなると12km~15kmと練習距離を増やしますが、まだ先なので当分は7km~10km範囲の練習です。

 

屋外練習としては、本日が令和元年最後の練習になりますが、厳密には12月30日スポーツジムでの屋内練習がもう一日あります^^ 屋内では5~6kmのトレッドマシンによるランニングとストレッチをやります。

 

今月も月間走行距離100km以上をクリアしました。
走行データは、GPSウォッチのデータをパソコンに取り込み自動集計していますが、24日の屋外練習時、ウォッチを忘れ装着せずに走ってしまいましたので、データ(7.6km)が抜けています。
集計上は102.69kmですが、実際には110.29kmになります。これに12月30日の屋内練習の距離が加算されますので、12月度月間走行は116km前後になる予定です。
9月より、毎月の月間走行100km以上が続いております。

 


*屋外練習日(赤線)

 

全く別件なのですが、公式マラソン大会のエントリーや記録、ランキング、ランニングに関する様々な情報提供など、マラソン愛好者には知られた「RUNNET(ランネット)」というランニングポータルサイトがあります。

 

2017年より出場している「錦帯橋ロードレース大会」(ハーフマラソン)の自分のタイムが、全国の公式ハーフマラソン大会をすべて含めた年齢別ランキングが確認できるようになりました。
但し、2018年の公式大会からのようですが、今年(2019年)のものはまだ未掲載でした。

 

私めの2018年「第12回錦帯橋ロードレース大会」の記録は次の通りでした。
 公式タイム:2時間14分34秒、総合順位:1323位(1595人中)
 ハーフ男子60歳以上 153位(206人中)

 

この公式タイム2時間14分34秒が、2018年に開催された全国のハーフマラソン大会を含めたランキングが判明しました(記録証も発行できます)
昨年3月4日出場時の年齢は満75歳でしたので、年齢、性別、名前を入力し検索をかけると、以下のように年齢別の全国での順位がWeb記録証に明記。

 
男子75歳の部 第102位(255人中)

 

2018年開催された国内の公式ハーフマラソン大会に、出場した男子75歳ランナーは全国に255人おり、その中で私のタイムは102位だったということであります。

ちなみに、本日一緒に練習したラン友Mさんも同大会に出場しており、当時66歳で412位(1337人中)でした。年齢がひと回り若くなると出場者数が5倍になっているので、逆に私の年齢がもっと上がると高齢者ランナーは100人くらいかもしれませんね。いつまで続けられるか分かりませんが頑張ります(笑)