スポーツ」カテゴリーアーカイブ

マラソン練習日記 その56 練習コースの3D表示(Google Earth Pro)

※ マラソン練習コースをグーグルアースプロ(3D:拡大・360度回転可)で表示してみました。

※ スタート&ゴール地点(スポーツジム)上空88m

 

桜もピークを過ぎた感がありますが、走るには良い季節になりました。
本日のマラソン練習中、途中で公園や沿道で遭遇する桜は散ることもなくまだ満開真っ盛りでした。

練習スタート時は晴れ(予報では昼から曇り)、気温は14℃でした。
メインコースの大田川放水路の沿道はまだ風が冷たいです。
本日は女性を含むいつものラン友3人で走りました。我々エースのKさんは左下肢の痛みで、残念ながら3月以降のランニングは休止中。彼とまた一緒に走れることを願っているところです。

本日の練習結果は、タイム:1時間2分 走行距離:10.5km 平均ペース:5分59秒 でした。

 


直近では10kmをキロ6分以内でコンスタントに走れるようになり、年々進化している高齢者なんておだてられていますが、体力的にいっぱいいっぱいで少々きつい感はあります^^
キロ6分20秒くらいだと楽なのですが、心肺能力をアップするためにもスピードアップトレーニングは時々必要なので頑張っております。

 

経験的に前半ゆっくり走ってスタミナを温存し、後半にスピードアップした方がスタミナ的には楽です。今回のように前半スピードを上げると、私の場合後半のスピードが必然的に遅くなります。

マラソンはタイムアップのためではなく、あくまで健康促進のためにやっています。
健康寿命を延ばすためにも、出来るだけ長く走り続けるつもりであります はい ^^

 

※ 本日の1Km毎の平均ペース

 

※スタート&ゴール地点の反対側(エアポート側)からみた練習コース

 

※ Google Map(3D航空地図)でみたマラソン練習コースエリア含む遠景
Google Earth Proとは同じ3D表示でも微妙に違い、全く同じようには縮図表示になりません。

マラソン練習日記 その55 7kmをキロ5分45秒で走る!

 

3月3日開催の「第13回錦帯橋ロードレース大会」は、小雨の降る中、無事ハーフコース21kmを完走することができほっとしております。
知っているラン友も数人でましたが、世代は私より若いものの皆早い人ばかりでさすがだと思いました。

 

本日は、大会終了後 2回目のマラソン練習になります。
天候は、青空も見える晴天であります。
気温は6℃、風はまだ冷たいです^^;

 

大会が終えたばかりで寒いということもあり、本日の練習は7kmを流して走ることにしました。
距離は短いですが キロ5分45秒(1kmを5分45秒で走る事)で走ることができました。

走行タイム:41分、走行距離:7.1km、平均ペース:5分45秒 / km

 

 

もし10kmをこのキロタイムで走ることが出来れば上出来です。
大会終了後、1回目のマラソン練習では10kmをキロ6分で走ることができましたので、錦帯橋ロードレース大会以降の練習タイムが何故か良い傾向にあります。

 

マラソン練習では10km~13km位を走っていますが、最近の私の実力は、キロ6分15秒前後なので、本日のようなタイムがキープできれば、今秋開催される「ひろしま国際平和マラソン」10kmコースの好タイムが期待できます。

 

ただ、私も年齢的に限界があり、スピードアップより持久力を高めるにはキロ6分30秒くらいで走るのが楽です。それだとより距離をのばせることも可能で30kmコースのチャレンジも考えています。しかしスピードアップ練習で心肺能力を上げることも、走行スピード落とした時、そのゆとりでより長い距離が走れる可能性もあります。

いずれにせよ若くないのでムリはできませんが、スピードを少しあげつつ走行距離が伸ばせればなと思います。

「第13回錦帯橋ロードレース大会」小雨降るハーフ21kmはきつかった!

 

今年で3回目の参加となる「第13回錦帯橋ロードレース大会」ハーフコース21kmを完走しました。
小雨の降る中、体感温度は7℃前後~完全防水のウィンドブレーカーは用意したのですが、ゼッケンが隠れるので、結局 別に用意していたビニールカッパを着て走りました。

フードはついているもめくれて用をなさず、キャップを通し頭はびしょ濡れ、走っても体は温まらず、体は冷え込むいっぽうでかなりきつかったです。
気温 5℃~7℃のマラソン練習はやっているので想定内ではあるのですがやはり寒いです。
GPSウォッチによるデータ(ネットタイム:スタートラインからゴールまで)以下の通り。

 

タイム:2時間19分10秒、走行距離:21km、平均ペース:6分36秒 /km

 

 

 

※正式記録: 2時間21分58秒はグロスタイム(スタートのピストルが鳴ってからゴールまで)
部門順位:ハーフ60歳以上出走者169人中142位
エントリー名簿では257名だったので90名近くの人が雨で棄権したようです。
総合順位:ハーフコース出走者1496人中1359位 妥当なところだと思います。

 

 

天気予報で本日は間違いなく雨が降ることは分かっており、小雨でもこの季節は体を冷やし、低体温症で大風邪でも引いたら元も子もないので、今回は棄権しようと決めていたのですが・・・
小雨が弱くなったのと、思いのほか出場する人が多く、頑張ればイケるかもしれないと急に心変わりし参加することに! すでに参加費用も払っていますしね。

 

今朝起きたとき冷たい小雨が降っており、参加賞だけ貰って帰ろうと思っていたので、前泊した岩国在住の妹宅(錦帯橋から近い)を遅く出たのが災いして、大会事務局の指定した臨時駐車場はすべていっぱい!

結局、会場からずいぶん離れた駐車場に車を止めて、傘をさして通常の服装のまま15分くらい歩いて会場に行き、参加賞を貰った訳であります。
その時雨が弱くなり急遽参加しようと心変わりした訳ですが、駐車場まで急いで引き返し車の中でユニホームに着替え、ハーフコースのスタート時間 9時20分にギリギリセーフ。
準備運動もできないまま走ったせいか13kmを越えたあたりから、腰が痛くなり途中立ち止まってのストレッチを数回余儀なくさせられました。

 

競技中ずっと小雨は降っていましたが、タイムは予想より落ちたものの、完走できてほっとしています。

 

錦帯橋ロードレース大会のコース詳細

アシックスGT2000 NEW YORK6(TJG977)を購入しました

 

前作の買い替えとして、アシックスのGT2000 NEW YORK6(TJG977)を購入しました。
いつもはスポーツ店(ヒマラヤ)で購入するのですが、今回は「ジ・アウトレット広島」のアシックスショップで購入。

 

現在、GT2000 NEW YORK5(TJG946)をマラソン練習・大会本番で使用しています。
左足カカトの部分が少しスリ減っております。
体重のせいもあるのか?ひどい目減りではありませんが、このシューズですでに1500Kmくらい走っており、買い替え時期にはきています。また重さ320gありほかのに比べ重いシューズです。
来月3日開催の「第13回錦帯橋ロードレース大会」は、このGT2000 NEW YORK5で走る予定でしたが・・・

 

※GT2000 NEW YORK5(TJG946:スーパーワイド)新品時の写真です

 

大会当日、予報によると雨も予想されるので完全防水のフード付ウィンドブレーカーを購入するために店を訪れたのですが、2点以上購入するとすべてを20%引きにするという店員さんの説明で急遽シューズを追加した次第^^

GT2000シリーズは14000円位するのですが、発売されたばかりだった前作のNEW YORK5はその価格で購入しました。今回GT2000 NEW YORK6( 2018年1月発売モデル)のプライスは8900円(税別)でしたが、これからさらに20%引きして貰った訳であります。

 

アマゾンではもっと安く購入できると思いますが、フィットするかどうかは実物を履いてみないと分かりません。私は一般の靴は25.5cmを履きますが、NEW YORK5では店員の勧めでワンサイズ上の26.5cmにしました。
しかし、今回のNEW YORK6(レギュラー)は、何故か26cmがぴったりきました。

 

足をシューズのカカト側に押し寄せて、指先端に1cmのスペースがあるくらいが良いそうで、NEW YORK6の購入にあたり、店員は25.5cmを勧めましたが、レギュラーサイズのためかフィーリング的には26cmがフィットしました。指先端が1.5cmのスペースでしたが許容範囲内なので問題はないとのこと。

 

GT2000シリーズは同じ足長サイズであっても、足巾サイズでさらにレギュラー・ワイド・スリム・スーパワイドという指定もできるのですが、アウトレットショップにはレギュラーしかありませんでした。ちなみに私の足巾サイズはJIS表記では、左足は2Eで右は3Eです。

 

※GT2000 NWE YORK6(TJG977:レギュラー)

 

GT2000 NEW YORKシリーズは、サブ5の初級者用シューズですが、中級者以上の練習用としても使われるシューズで世界でも最も愛用されている商品です。市民ランナーの川内優輝選手も練習で使用しています。

 

しかし、少々重いのが難点でしたが、GT2000 NEW YORK6は、ミッドソールにFlyteFoam(フライトフォーム)を搭載して、軽量化と優れたクッション性の両立を実現。
GT2000シリーズ史上最軽量が売りになっています。まちがいなく300gは割っている感じです。

 

店内で実際に履いて歩いたり軽く走ったりしてみましたが、フィット感やクッション性がよく、とても軽かったので、このGT2000 NEW YORK6を前作に続けて購入した次第です。
安定性、通気性、軽量性、フィット性に関して前モデルよりすべてにおいて格段に改善したということのようです。

 

昨日のマラソン練習で13.5kmを走った限りでは、ソールは少々硬めですが反発力もあり、何より軽いのでひょっとしたら本番でスピードアップができるかもしれません。

マラソン練習日記 その54 直近4年間で延べ4000kmを走る!

 

今月もあと少しで100Km(現在88.69km)を越えそうですが、昨日の13.4km(Workout 530)をもって総走行距離4000kmを達成しました(赤アンダーライン:屋外練習、他はトレッドミル)

GPSウォッチを購入した2015年5月(Workout 1)から、タイム・走行距離など測定を開始しましたので、正確には3年9ヶ月で達成したことになります
GPSウォッチアプリ「NeoRun」により、節目毎に走行データから自動的に表示されるものです。
ちなみに3000kmを達成したのは2018年4月でした。

 

もっとも、マラソンをはじめたのは11年前なので実際にはもっと走っています。
昨日のマラソン練習日和は、天気は曇り、温度8℃でした。
多少暖かくなってきたとはいえ、練習コースは河川沿線なので風はまだ冷たく体感温度は5℃くらいに感じます。いつも通り代り映えしない練習コースと記録であります^^;
年々体力が落ちてきているように思いますが練習あるのみです。

 

タイム:1時間25分、走行距離:13.4km、 平均ペース6分23秒/km でした。

 

 

来月3月3日(日曜日)「第13回錦帯橋ロードレース大会」開催が近づいてきました。
現在マラソンの屋外練習は10km~13.5kmを走っていますが、大会はハーフコース21kmにエントリしていますので、15km越えの練習を一度はしておきたいのですが・・・
大会まで練習日はあと3回ありますので、うち1回は走っておきたい気持ちです。

 

一週間前に、ロードレース大会参加の案内・参加賞引換券はじめ、計測チップやゼッケンも送られてきましたので、万全を期して望みたいと思っています。
あとは当日雨が降らないことを祈るばかりです。
広島からだと朝出発がとても早いので、例年通り岩国市在住の妹夫婦宅に前泊の予定です。

 

マラソン練習日記 その53 10km走るも再び転倒で怪我!

 

本日の記録は以下の通り(いつもと変わり映えしませんが私の実力です^^)
もし、ハーフからさらに距離を延ばし30kmまでを、キロ6分30秒(1kmのタイム)位であれば、持久力は多少自信があるので可能性ありですが、10Km以上のコースをキロ6分以内で走るのはきついです。

 

タイム:1時間2分、走行距離:10.2km、平均ペース:6分11秒/km

 

本日の天候は、晴れ・気温8℃でした。
いつものお馴染みの10Kmコースを走りました。

久々にラン友メンバー4人が揃いました。
屋外練習をしばらく休んでいたKさん、いつも一緒に走っているMさんとマドンナのOさんと私。
世代は違いますが皆仲良しです。4人の中では最年長の私が一番遅いです^^;

今日は少々薄ら寒く感じましたが、風もなく日差しもあったのでタイツも履かず短パン生足で走りました。あとで述べますがこの生足だったことが裏目に出ました。
そう、昨年12月に転倒し右ヒザ・肩など怪我をしたのに、またまた転倒してしまったのです

 

前半5kmまでは、キロ平均5分台で走行

 

1月度は残り3回走る予定ですが、なんとか月間走行距離100kmいけそうです(赤線は屋外練習)

 

8.5km付近で足がもつれ転倒してしまいました
練習はそのまま続けましたが、左肩、肘、膝左の側頭部を強打しました。

やはり年のせいなのか、多少の凸凹した道ではあったのですが、前半のスピードアップの疲れで左足がしっかり上がらずもつれたのか?
日ごろからスクワットや筋トレもしているし、月間100km前後走っているにもかかわらず転倒とは・・過信や油断は禁物ですね。

 

恥ずかしながら、屋外練習時において通算4回目の転倒です^^;
最初の2回は木の根っこや突起物でつまずいて転倒したものですが、昨年12月と今回の転倒は足のもつれ感が強いです。イメージ的にはバランスをくずし体が横向きになり肩から落ちる感じです。
先に手をつくことが出来れば肩に当たることはありません。

つまずいた時は膝頭の正面に傷を負いますが、足がもつれて転倒したときはヒザや肩の側面に傷があります。昨年12月も右肩から転倒しましたが、肩や右足ひざの傷も側面でした。

 

今回は、左の側頭部も打ったので、時間と共に少し腫れています。
直径3cm~4cm位のタンコブが出来たみたいで、食事の際 口を大きく開けたり、物を噛む時に側頭部が都度痛みます。痛みがひどくなるようであれば、近くの脳外科医院に行こうと思いましたが夕方には大分痛みがとれなんとか大丈夫のようです。

反面、左肩の痛みが夕方になるとだんだん増して、手を上にあげたり後ろに回したりすることが出来にくくなりました。腕ふりせずに走ることは可能ではありますが、腕振りもままなりません。

 

誠に見苦しい写真で恐縮ですが左足と左肘側面の傷です。
左肩も同じ位の範囲で擦り傷があります。

私も今年で喜寿なりますが、骨折しなかったのが不幸中の幸いでした。
マラソンは健康法のひとつでもあるし続けてゆきますがムリをしてはいけませんね。
来る3月3日「第13回錦帯橋ロードレース大会」ハーフに参加するので、2月になると距離を延ばした15km~16kmコースの練習が必要になります。アクシデントに気をつけて練習をしたいと思います。このブログを書いていても左肩が痛いです^^;

 

コスパ抜群のTao TronicsワイヤレスイヤホンTT-BH038、8時間連続再生

 

先日、マラソン練習時に使用するため、Bluetooth対応のソニーウォークマンNW-S315(16GB)を買い替えた事をブログで紹介しました。
一応、ノイズキャンセリングイヤホンが付属しているのですが、軽くてスポーツタイプの防水機能のあるTao Tronics 製 TT-BH038 ワイヤレスイヤホン(ブラック)を家電量販店で別途購入しました。

 

ほかに JVCケンウッド製HA-ET800BT(2017年2月発売)も検討したのですが、結局 Tao Tronics製の方に決めました。

 

スペック(仕様)ついては殆ど変わりませんが、JVC製の方は充電時間2.5時間で音楽連続再生9時間、重さ17g、家電量販店店頭価格で約10,000円(アマゾンで6,000円位であり)
片や、Tao Tronics製の方は、充電2時間で連続再生8時間、重さ18g、店頭価格は5,380円(アマゾンも店頭価格と大差なし)です。
コスパや見た目もTao Troniceの方がよかったのでこちらに決定した次第です。

 

 

2018年3月発売されたもので、ソフトバンクセレクション(Softbankが認定したアクセサリ商品をセレクションブランドとして販売)の商品にもなっています。
iPhone6を購入した際、同セレクションのワイヤレスイヤホン(ユニットタイプWS-31)を併せて購入したのですが、毎日の使用で3年経過した今も故障せず使っています。
ソフトバンクセレクション商品であれば品質面は信用できそうです。

 

TT-BH038の主な仕様は以下の通り

 

人間工学に基づいた耳にフィットしやすい湾曲したフック形状、
内臓の110mAバッテリーは2時間充電で連続再生8時間が可能
IPX5防水仕様、ナノコーティングで内部コーティングされた防水イヤホン、汗や水を弾き易くなっています。使用しないときはマグネットでくっつけられるので落下防止になります。

 

コーディックは、aptXとAACを採用したCD音質
iPhoneはAAC対応なので音質確保できるものの、ウォークマンNW-S315のBluetoothコーディックは、標準のSBCなので音質は少々落ちますが、聴感上は思うほど悪くはありません。

 

A2DP、 AVRCP、HSP、HFPという4つのプロファイルに対応
ウォークマン(A2DP、AVRCPに対応)とのワイヤレス接続では音楽再生ならび音量調整・曲送り・一時ストップなどコントロール操作が出来ます。音量調整はWM本体側で上限(MAX)を決めてリモコン側でコントロールするのがベスト。

 

当然ながらiPhoneとワイヤレス接続すれば音楽再生のほかにハンズフリー通話も出来ます。音量調整は、同じくiPhone本体とリモコン側と両方で調整可能。

 

夜間光を反射する素材を採用したフラットケーブルを使用しているので夜間の外出・ランニングにも最適です。フラットケーブルなので付属の収納ケースにも入れやすく絡みにくくなっています。

 


※TT-BH038(右)の追加購入でBluetoothイヤホンが3つになりました^^
左2つのBTユニットはiPhoneで使用。通常のイヤホンが利用できます。

 

室内・室外のマラソン練習に使用しましたが、耳にもぴったりフィットしてはずれにくいです。
但し、耳との密着度が高いと走っている時、イヤホンが上下するたびにキュッキュッと音がして耳障りなことがあるのですが、耳への装着(当たり具合)の調整で解決します。
イヤーフックのおかげではずれることはありません。周囲の音も確認しながらランニングできます。

 

使用中、バッテリーが十分ある場合、リモコン部のパイロットランプがゆっくり青色点滅していますが、残量が不足してくると赤色点滅に変わり、充電時期を知らせてくれます。

iPhoneとの接続ではバッテリの残量表示が%単位で表示されますので、具体的に把握したいときは便利です。2時間前後でフル充電するとパイロットは赤点灯から青点灯に変わります。
過充電防止回路があるのか満充電になると電流は流れません(充電電流の測定で判明)

 

リモコン部の3つの操作ボタンは各々独立していて、大きさや操作性が工夫してあり、走っているときでも右手親指の腹で簡単に操作できます。

 

耐久性はこれから使い続けてみないと分かりませんが、ソフトバンクセレクションブランドであることとスペックと価格を考えれば、コスパ抜群の商品だと思います。

マラソン練習日記 その52 気温5℃ 11.5kmの初マラソン


※マラソンコースの橋から見た安芸の宮島遠景 1月4日AM10:45、両サイドの河川沿道をいつも走っています(Photo1)

 

1月4日(昨日) 天候は晴れ、気温5℃の中、屋外での初マラソンであります。
走り初めは、3日(一昨日)スポーツジムのトレッドミル(ランニングマシン)で約6kmを走りました。

ラン友の1人は高血圧でドクターストップ中、別の1人は風邪でダウンし、いつも走っているマドンナも見当たらず、結局屋外での走り初めはひとりでした^^;

 

ウェアとパンツの下にアンダーウェアとタイツをはき、ウィンドーブレーカーを羽織って手袋もつけ完全武装で走りました。 少しヒンヤリしましたが、天気もよく気持ちよく走れました。

 

いつも音楽を聴きながら走っていますが、先日購入したウォークマンNW-S315と新たに追加購入したスポーツタイプのワイヤレスイヤホンTT-BH038を装着して走行~
今までは、コード付イヤホンで聴いていたのでコードが邪魔にならずなかなか快適でした。
商品のレポートについては、日を改めて紹介したい思っています^^

 

タイム:1時間12分、走行距離:11.5km、平均ペース:6分18秒/Km

 

 


※マラソンコース端から見た安芸の宮島 1月4日AM11:00(Photo2)

マラソン練習日記 その51 気温3℃ 平成最後の年末練習10kmを走る

本日は、平成最後の年末練習になります。
天気は晴れ気温3℃、風も冷たくとても寒かったです。

 

練習コースはいつもの10kmコースであります。
コースの一部に桜並木があります。
春にはピンクの花が咲き、夏には緑に茂り、秋には真っ赤に染まる葉っぱも冬にはすべて落ち、雪が降った時は綿帽子をかぶる・・・夏は暑く冬は寒いマラソン練習ですが、四季折々を楽しみながら走っています。

 

タイム:1時間、 走行距離:10.7Km、 平均ベース:6分19秒/km

 

 

冬場のマラソン練習は、夏用の半袖ウエアの下に長袖のインナーシャツ(アンダーシャツ)を重ね着して走ります。もっと寒いときはショートパンツの下にタイツもはきます。
風のある日はフード付ジャケット(ウィンドブレーカー)も必要です。

 

防寒対策は、天候・気温・風によって都度対応しています。
11月ごろから半袖シャツとインナーシャツおよび手袋をつけて走っていましたが、下半身はショートパンツなので裸足を露出して走っていました。
しかし、本日はさすがに寒くはじめてタイツを履いて走りました。

 

寒い日は、10km走っても首から上は若干汗をかきますが、体の方は思いのほか温まりません。
四季によりコンディションは色々ですが、この年まで元気で頑張って走れることに感謝です。
来年3月3日開催される「第13回錦帯橋ロードレース」は、すでにエントリー済みで3回目の参加となりますが、年が明けたら少しずつ練習距離を延ばし本番に臨みたいと思います。

 

今月の総走行距離は91kmでした。
目標100km以上はクリアできませんでした。

※青線が屋外練習

9年ぶりにウォークマンNW-S315へ買い替えました

 

ポータブルオーディオプレーヤーは、物持ちがよく6年~9年前に購入したものが3台あります。マラソン練習時に9年前に購入したソニーのウォークマンNW-S636F(4GB)を主に使っています。何度も固い床に落としたりぶっつけたりしていますが、故障もせず現在も正常に使えています。ただ、当初フル充電で40時間位は再生できたのに、現在は2~3時間位しか持ちません。

 

その後、一体型のウォークマンNWD-W263(4GB)を購入、音質は申し分ないのですがマラソンなどで使用するとどうしても耳から外れ易く、スポーツ用途に購入したのにあまり使うことがなくなりました。

 

アップル製のスティックタイプiPodshuffle(2GB)も、スポーツ用に使ってみましたが、1ヶ月くらいでイヤホンコントローラーの音量調整やポーズ、早送りなどのボタン操作が出来なくなりました。同じ故障が一年以内に5回(すべて本体一式交換)もあり、最終的に修理はあきらめiTunsで音量を任意に設定し、一般イヤホンで聴くことで対応。
当然ながらコントロール操作がないので、その後故障することはなくなりました。
今思うに防滴仕様でないイヤホンコントローラーユニットに汗が混入したのかも・・・

 

複数あっても、使うのはNW-S636Fのみだし、9年間も使え元は取ったようものなので、ここいらが買い替え時期かと、今回ノイズキャンセリング機能およびブルートゥース(Bluetooth)対応ののウォークマンNW-S315(16GB)を新しく購入することにした次第です。

Xアプリは使えなくなり、Music Center for PC(アプリ)にて旧ウォークマンとCDから楽曲を転送、現在1000曲位を入れて楽しんでいます^^
Music Center はインストールOKのWindows7では何故か動作せず、やもえずWindows10 PCにインストール、こちらでは動作しました。

 

※ウォークマンNW-S315パッケージ

※NW-S315ウォークマン一式(パッケージ内容物)

※本体とノイズキャンセリングイヤホン(付属)

 

購入10日になりますが、新しいだけあってバッテリの持ちがまことによろしいです。
低音の伸びや高音のキレもよく音質も申し分ないです。
ただ、筐体がプラスチックになり、ホームメニューの表示が、背景が真っ黒の白抜き文字だけになりました。以前のカラー表示と比べると液晶表示は安っぽい感じがします。

曲数表示も含む全曲シャッフルや夜のおすすめ、アクティブ、リラックス、スローバラードなどメニューから選択すればジャンル別に再生してくれる「おまかせチャンネル」もなくなりました。
同じシリーズの後継モデルなのに便利な機能を省略する意味があるのか残念なところです。

 

マラソン時はそれほど騒音の酷いところを走っているわけではないので、ノイズキャンセンリングイヤホンは必要ありませんが、電車内やにぎやかなところでは使い分けをしたいと思います。

 

マラソン練習時に使用するには付属イヤホンは少々重く防滴仕様でもないので、近々スポーツタイプのワイヤレスイヤホン(Bluetooth)を購入の予定です。
購入したら使用感などブログで紹介したいと思います。