」カテゴリーアーカイブ

本買取サービス~書店への持込はもう時代遅れ?


 

最近購入した700円~800円前後の文庫本6冊を、広島では有名な複合書店「フタバ図書」の買取サービスに出しました。 6冊~10冊くらいたまると買取に出しています。

本を預けて番号札を貰いますが、査定時間は短く店内を歩いていると5分位で構内放送で呼ばれます。 買取価格は書店のデータベースに入っていて、装丁とか汚れなどのチェックだけを店員がしているのだと思われます。

今回はトータルで金774円でした。文庫本の買取額としては高いほうだと思います。
今までは点数(冊数)と合計金額のみでしたが、最近は内訳の分かる買取書なるレシートをくれるようになりました。

 

今回は買取価格20%アップキャンペーン期間中で、買取価格が2段に表記されています。
上段が本来の買取価格、下段がその20%アップ分です。
キャンペーンがない場合、現買取価格から△129円安となります。

 

 

高杉良著「最強の経営者」など4冊は、初版は30年以上前の企業小説ですが、思いのほか内容は新鮮でした。表紙カバーや帯などを新しくしたリニューアル発刊されたものです。
リニューアル時期は同じなのに、買取10円~200円巾の基準は何なのか分かりません。

東野圭吾著「人魚の眠る家」は、単行本から文庫本になって日が浅く、流行作家ということもあって、ほぼ半額に近い買取でした。仮面病棟」の著者は現役の医者ですが、75万部というベストセラーにもかかわらず買取はたったの5円! 何だこの差は!と思ってしまう。

 

同じ書店持込でも「BOOKOFF(ブックオフ)」は最悪です。
昔、新刊書籍の持込だったのにあまりの安さに持ち帰ったことがありました。
今もメチャ安いみたいですね。
売り場を構えスタッフの多いところはコストもかかるので買取は安いです。
これからはコストのかからないネット系の業者がいいかもしれません。

現在ではたくさんの本買取業者がいますが、家にいてすべて完結する買取サービスが楽チンですね。 有名どころのそのひとつは「アマゾン」~

一冊でも集荷してくれるそうで、事前に買取価格も分かるようになっています。
買取価格が高いという紹介記事もありますが実際のところはどうなんでしょうね。
価格テーブルのサンプルを見ると3円~6円で、本によるのでしょうが安い感が強いです。
また、お金ではなくギフトカードなので、アマゾン通販を利用しない人にとってはデメリットになります。

 

本に特化したフリマアプリ「ブクマ!」の買取サービスも注目されています。
UIは「メルカリ」と似ています。メルカリはご存知のように売却額の10%の手数料がとられますが、ブクマは手数料無料(但し送料負担あり)

本の裏表紙にあるバーコードを読み込み、希望する価格と郵送方法,発送元,本の状態などを入力~ あとは買い手がつくのを待つだけです。
本の写真を自分で撮る必要もありません。取引先の相手とチャットでやりとりもできます。

価格は自分の希望値になるものの、最終的には最安値のものが売れてしまうので、価格設定を高くするといつまでも売れ残ることになるようです。
「ブクマ」の市場はまだ小さいので買い手がつくまで時間がかかり、市場規模の大きいメルカリの方が早く決まるみたいです。

 

結局、高く売れること(買取)を期待せず、ゴミとして処分することを思えば、僅かでも元がとれるだけマシだと思うくらいでいいのかもしれません。

私の場合、「フタバ図書」の買取価格で満足していますし、書店持込みで問題ありません^^

ところで、駅に行っても交通機関に乗ってもスマホを操作している人ばかり~
最近、本を読む人を見掛けなくなりました。

池井戸潤「陸王」~高価買取に満足なり^^

現在、放送中のTBSの日曜劇場「陸王」をご存知ですか?

 

 

原作は、「半沢直樹」や「下町のロケット」でも人気を呼んだ池井戸潤さんの人気小説です。

 

老舗の足袋業者が、世界的なスポーツブランド企業を相手に、これまで培った足袋製造の技術を生かしてランニングシューズに挑戦する物語です。

 

原作も秀逸ですが、素晴らしいドラマに出来あがっており、毎回感動しています。
主役を演ずる役所広司や脇を固める寺尾聰など演技が渋いです。
若手の山﨑賢人や竹内涼真など出演しており、若い視聴者にも人気があるようです。

 

「読んでから見るか、見てから読むか」・・・

 

1970年代後半の角川映画のキャッチコピーですが、「陸王」をみていると同じ気持ちにさせられ、1週間前に原作本を購入し、全部読み終えました^^

 


 

定価1,700円(税別)と、文庫本より少々高めですが読んでも感動します。

 

先週日曜日(第6話)より、ストーリーを承知の上で見ていますが、読んでからみても十分楽しめるドラマです。

 

ところで、本題の前置きが長くなりましたが^^;

読み終わった本は、7~8冊まとめて市内にある書店「フタバ図書」買取コーナにもってゆくのですが、書店のWebをチェックしていたところ、「陸王」が最高で700円の高価買取キャンペーン中!

早速書店に持参したところ、装丁や帯など新刊と同じ状態であり、購入して一週間ということもあり、査定700円で買取決定!

 

 

 

 

この手の新刊で有名作家のものでも、通常200円~300円なので、破格の買取価格です。
定価600円~900円の文庫本は、新しくても買取相場は10円~150円で、中には0円というのもあります。 買い取ったものは中古本として再販するので売れるものでないと価格はつきません。

 

 

 

ちなみに、以下の池井戸潤氏の文庫本はすべて読みました。
銀行・融資に絡めむ物語が多いですが、どれもおもしろいのでお勧めです。

半沢直樹シリーズ《「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」、「ロスジェネの逆襲」、「銀翼のイカロス」》、花咲舞シリーズ《「不祥事」、「花咲舞が黙ってない」》

「空飛ぶタイヤ」、「ルーズヴエルト・ゲーム」、「仇敵」、「ようこそ、わが家へ」、「七つの会議」、「アキラとあきら」、「かばん屋の相続」、「果つる底なき」、「鉄の骨」、「下町のロケット」

文庫本は、中古本で十分です!

カミさんの食材などの買い物にアッシーとしてほぼ毎日夕方2時間くらいつきあっています。
市内や近郊の大手ショッピングセンターを日替わりで巡回~(笑)

ショッピングセンターでウィンドウショッピングするのがカミさんの趣味~
もちろん、安くて良いものがあれば買うこともあります。

ただ、着いてからは時間を決めて別行動です。
ショッピングセンター内、もしくは近くに家電量販店があれば私もウィンドウーショッピングをしますが、
書店があればそこで立ち読みしたり、文庫本を購入し読書で時間をつぶします。
Wi-Fiスポット(無料)があれば、Tubeで格闘技系の動画を見たりすることも・・・

前置きが長くなりましたが・・・^^;

文庫本は、いつも新本を購入し読み終わると不要になるので、いつも「フタバ図書」で買取って貰っていますが、一冊700円前後の文庫本で100円です。
著名な作家や現行のベストセラー本であれば150円ということもあります。

5~6冊になったらまとめて持ってゆきますが総額4000円~5000円のものが、買取りでは500円~650円程度になります。 約10分の1です。

書店はこれらをおよそ定価の半額で売ります。
本の売り手は損した気持ちになりますが、買い手は新本の半額で入手できるのでお得感があります。


※最近購入した文庫本(A6)と上の「銀翼のイカロス」は四六版(すべて中古本)

思いのほか汚れや折り目などもなくきれいなものが多く、半年前から中古本も視野に入れ、読みたい文庫本があれば買うことにしています。 読み捨てならば中古本で十分です。

最近は 葉室燐池井戸潤東野圭吾のものが多いです(いずれも直木賞作家)。

文庫本だけでなく、パソコン関連雑誌や専門書も熟読の必要なものは購入します。
雑誌については、保存版以外は定期的に処分。


※パソコン関連の雑誌

ところで書店でいつも感じることですが、マナーのない人が多いのにびっくりさせられます。

買う気が無いと思われる人ほど、週刊誌や単行本を数冊積み上げてベンチで読んでいます~
必要な一冊だけを読めばいいのに、何なんでしょうねぇ。

単行本やハードカバー本でも、折り目がつきそうなめくり方をする人がいます。
その本を知らずに買う人はたまったものではありません。 中にはメモをとったりする人も・・
買えよ!といいたくなります。

読んだ後も投げ捨てるような置きかたをしたり・・・買う訳でもないのに数冊下の中から抜き取って読んだり・・・マナーがなっていません。

客寄せやPRの一環として机と椅子を置いていた書店も、最近は椅子だけにしたり数も減らす傾向にあります。  週刊誌も最上段の一冊だけを除きビニール本化しているところ店も出てきました。  

事情はあるにせよ必要であれば買えばいいのですから当然の対応だと思います。
買わないのであればマナーは守るべきですね。

表題以外の内容が多くなり失礼しました。 読んで頂きありがとうございます^^;

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読んで~

増田俊也著「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」をいっきに読みました。
格闘技好きの私にとっては、とても興味深い内容でした。

著者も柔道家であり、敬愛をこめて木村政彦の生き様や彼に関わった人たちを絡めながら、戦前・戦後の柔道界や格闘技界の裏側にスポットをあてています。
力道山との試合で人生を狂わされた木村政彦のリベンジ本ともいえます。

kimuramasa

この本は「ゴング格闘技」に3年余り、連載され2011年9月単行本で新潮社から発売されたものです。
かなりセンセーショナルなタイトルで、しかも700ページを越える大著でしたが発売と同時にたちまちベストセラーになりました。 今回読んだのは文庫本ですが、内容的にも圧倒的なボリウムがあります。

プロ柔道からプロレスに転じた木村政彦と人気絶頂の力道山との実力日本一を争う「昭和の巌流島決戦」といわれた試合は幼心に興奮したものです。

この試合は仕組まれた試合であったことを後年知ることとなりましたが、負けた木村政彦は「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と言われ、毎日9時間以上練習をし全日本選手権13連覇、公式戦は15年間無敗という偉大な最強の柔道家であったことをこの本ではじめて知りました。
本来負ける筈のない格闘家だったのです。

タッグを組んでいた木村政彦は、いつも外人レスラーに負かされる力道山の引き立て役ばかり。
片や力道山は負け知らずでフォールされることは決してなかったのです。
当時のプロレスはすべて台本があり、力道山がヒーローになるよう演出されていました。

木村としてはおもしろくなくガチンコでやれば、絶対負けないという申し出から試合が実現しましたが、試合は当然ながらセメント(真剣勝負)の筈だったのに、裏では引き分けにする念書が二人の間に交わされていました。

30才の力道山も寝技に持ち込まれれば勝ち目はなく、柔道家としてピークはすぎているとは言え当時37才の木村の実力は認めていたようで、事前の打合せでお互い一本ずつを勝ち星をとり、3本目の試合は時間切れ引き分けにする手筈になっていました。

 

ところが、力道山は最初からその積もりはなかったようで紹介ビデオのような試合運びになりました。
視聴率100%のこの試合に台本があったことを観客は知るよしもありません。
巷に流れる当時の試合映像も木村政彦の有利な試合や力道山の反則などはカットされています(延べ6分間)。

この試合の勝利で力道山は国民的スターを確固たるものとし、木村は落ちぶれこの試合を機に生き恥をさらす結果になりました。 力道山は後に台本破りで違約金を木村側に払っています。

力道山はファンにとってヒーローでしたが、猜疑心の強さ、傲慢さ、酒ぐせの悪さ、金銭への執着など人一倍強いものがあり、可愛がられたジャイアント馬場でさえ「人間として何一ついいところのない人でした」と言っていることに驚きを感じます。

木村は、格闘技バカでした。 ビジネスセンスはなく玄人筋の女好きで底なしの酒豪でした。
力道山との試合前日、取り決めがあったとはいえ1升4合の酒と瓶ビール6本飲んで試合に臨んでいます。
万全を期して臨んだ力道山に対してプロレスをなめてかかったことも敗因に繋がったとも言われてます。

その後、力道山は39才のとき暴漢の刃に倒れ、木村は病により75才で亡くなりました。

力道山没30年後、猪瀬直樹(元東京都知事)のインタビューに対して「力道山を殺したのはヤクザではなく私だ。私が死という言葉を念じて彼を殺したのだ」と語っています。 台本破りは彼にとって終生忘れることのない無念の出来事だったに違いありません。

木村政彦も力道山も波乱万丈の人生を送り、昭和の怪物だったとことに違いありません。

本の買取りビジネスはボロ儲け~

ここ2ヶ月で読んだ文庫本8冊(定価総額で6000円位)を「フタバ図書」で買い取りして貰ったら750円也!  売れっ子作家の新刊文庫本も数冊ありましたが、買取りはトータルで約1割程度でした。

新刊650円~750円の文庫本を100円~150円で買取り、400円前後で売っているのですから新刊文庫本より儲けが良いかもしれませんね。 本の買取りビジネスは、正直ボロ儲けだと思います。

※8冊のうち5冊は新刊文庫本(初版)として発刊されたばかり。

※査定0円もあったかも~
bunkobon02

昔、山崎豊子著「沈まぬ太陽」のハードカバー単行本(1,600円前後/冊)全5巻を「ブック・オフ」に出したところ、買取り価格は全部でたったの500円!  発刊したばかりで通勤時1ヶ月で読んですぐ買取りに出したもので、書店の店頭に当時現行本として並んでいるのに、作家とかタイトルも見もせず装丁状態だけをチェックし関係なく1冊100円査定でした。 

現在はどうか知りませんが、それだったらタダで友人に上げたほうがマシだと思い即取りやめした経緯があります。 それでもあきらめきれず、念のため近くの小さな古本屋さんにもっていったら、全5巻を1500円(一冊300円)で買い取ってくれました。

本は専門書も含め、かなり本は読むので文庫本などは定期的に買い取ってもらっています。
でも、査定方法も気に入らないし、買取り価格の安いブックオフにはそれ以来出していません。
しかし、店にとってはアルバイトでも査定できるので効率はいいかもしれませんね。

ローカルではありますが、広島では複合専門大型書店である「フタバ図書」というところに出しています。
文庫本で100円から150円で買い取ってくれます。 作家によっては50円とか0円とかあるかもしれませんが、高額買取りキャンペーンがあったり、査定にメリハリがあるので良しとしています。

本買取サービス・・・めちゃくちゃ安い!!

読んだ本を、皆さんはどうされていますか?

以前は、読書好きの友人にあげたり、燃えるゴミとして出していましたが、最近は次の購入費の足しにと買取りサービスに出すことがあります。

出された経験のある人には分かると思いますが、本買取価格のあまりの安さにびっくりします。

今から16年前(1999年)、初版として発刊された山崎豊子著「沈まぬ太陽」全5巻単行本(ハードカバー)をすぐ読んでしまったので、「BOOKOFF(ブックオフ)」の本買取サービスに出したところ、全5巻がなんと500円!
当時ベストセラーとして注目されていた本であったのに・・・
あまりの安さにびっくり~アホらしくなり出すのやめたのを覚えています。

発売されて数ヶ月しか経っておらず、当時新刊として書店にも並んでいる現役バリバリの本であり、一巻あたり1,500円前後の本が・・・です。
結局、他の小さな買取り店に出しオーナーに交渉したところ、それでも1500円でしたが 今思えばかなり良い方だったかもしれません。

若い店員が、書籍名や作家を確認する訳でもなく、本の装丁とかよごれをチェックするだけで、買取り査定は一分もかかりませんでした。
要するに、プレミア性とか発売日・作家名などは関係なく、装丁の状態だけで決めており、効率を図るため、アルバイトや新入社員など誰でも簡単に査定できるようにしているようです。

以来、買取りサービスには出しませんでしたが、たまに高く買取ってくれることのある「フタバ図書」(広島では有名な書店)へ出すようになりました。

購入3ヶ月以内の新しい文庫本で、いつも帯びがついたまま出すのですが、それでも9冊(6,000円相当)まとめて640円!でした。(いずれも新刊として書店で売られているものばかりです)

kaitoribook

futaba

文庫本は、一般的に一冊50円~100円くらいです。 古いものは値のつかないものもあります。
100円で買い取ったものは300円くらいで売り、
3ヶ月経って売れ残るようであれば100円になります。

私のように本を読んだら本買取りにすぐ出す人も少なくなくないので、新刊もちょっと待てば古本コーナで入手できる可能性は高いと思います。
原価が安いだけに利益率は新刊よりいいかも~いまや「アマゾン」や「TUTAYA」も本買取りサービスに進出しています~おいしいビジネスのようですね。

読書の秋ですねぇ

街路樹や公園の木々も赤や黄色に染まり、朝夕の寒さも身に堪えるようになり秋本番といったところです。秋と言えば、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・と言われ、秋の装飾語としてもサマになります。 食欲の春とかスポーツの冬とか・・言いませんものね(笑)

秋の夜長~静かな音楽を聴き、お酒でも飲みながら好きな本を読みふけるのもいいものです。
現実は、カミさんのアッシーとして、ほぼ毎日市内や近郊のショッピングセンターに行った際、待ち時間を利用して読む場合が多いです。 睡眠時間5~6時間ですが、すき間時間を利用しないと一日の時間が足りません。 趣味を含めチャレンジネタは多々あり一日があっと言う間に過ぎてしまいます。 

色々なジャンルの本を読みますが、小説に関しては読んで面白いということが必須です。
表紙カバーに記してある「作家経歴」「あらすじ」、さらに本の「目次」と最終ページにあるあとがき」を読めば作家の得意ジャンルやおよそのストーリーの内容がつかめます。

最近は、池井戸潤・葉室麟・東野圭吾の文庫本を読んでいます。 いずれも直木賞作家です。
葉室麟氏は、中国新聞の連載された時代小説「紫匂う」を読んだのがきっかけでファンになりました。
背景描写など映像が浮かぶほど・・・文章がとてもきれいで、同じく好きな作家藤沢周平の再来と言われています。 直木賞受賞作「蜩ノ記(ひぐらしのき)」は、映画化されましたが一読の価値はあります。

池井戸潤氏は、TBS系TVでも放映された「半沢直樹(俺たち花のバルブ組)」の原作者です。 ドラマになる前に原作は読んでいましたが、元銀行員だけあって金融や経済小説はリアルでとてもおもしろいです。

半沢直樹の第三作目にあたる「ロスジェネの逆襲」が最近文庫化されましたが、期待に違わず一気に読みました。 現在「下町のロケット」をTV放映していますが、これも直木賞受賞作品で読み出すと止まりませんでした。

東野圭吾氏は、「容疑者Xの献身」の原作者でガリレオシリーズで歌手福山雅治主演で映画化もされました。 この人の頭の引き出しはどうなっているのかと思うほどアイディアが斬新で、どの原作もかぶることなく新鮮でみな面白いです。 「真夏の方程式」も原作を読み映画も観ましたが、最後のどんでん返しにはびっくりです。

読んだ後は、フタバ図書で買い取ってもらいますが、700円前後で買った文庫本は100円~150円にしかなりません^^;  今読んでいるのは池井戸潤著「鉄の骨」です。 談合が絡む中堅ゼネコンのお話です。

※ 直近一ヶ月で読んだ文庫本
dokusho201510

※ 今、読んでいる文庫本
dokusho201510_1

驚愕のトリック本 泡坂妻夫著ついに復刊!

本音ところ紹介したくないのですが、朝日新聞の「売れている本」で紹介され今大反響の文庫本です。
あとで述べる仕掛けのある文庫本なので正直なところあまり多くの人に知られたくないのですw
かって入手しくいまぼろしの本でもあり、今回の復刊で喜んでいる泡坂ファンはたくさんいると思います。
その本は「しあわせの書~迷探偵ヨギガンジーの心霊術」と「生者と死者~酩探偵ヨギガンジーの透視術」の2冊です。 私は12年前に書籍店では手に入らずアマゾンより入手~今回復刊にあたり各々2冊目を購入しました。

著者である泡坂さんはすでに亡くなられていますが、一流マジシャンでもありミステリ作家でもありました。
「しあわせの書」は、ストーリーもなかなかおもしろいのですが、読み終わった時この本の驚くべき仕掛けに驚嘆します。 巷にすごい本と聞き入手した読者が読み終わった際、どこがすごい事なのか気がつかない人もけっこういるようです。  最後のくだりをよく読めば判るようになっています。 ネットで「ネタばらし」らしきもの公開している人がいますが、この本の性質上 すごさを体感する特権は購入した読者だけにあります。

マジック好きの私もこの本を使って読心術の余興を披露したのですが仕掛けを見抜いた人はいません。 しかし、ながれでついネタばらしをしたのですが大きな間違いでした。 種をばらすと興味はたちまち半減します。 マジックの種は絶対バラしてはいけないのです。 この本と何の関係があるのかと言われそうですがこの本を読めば理解できます(笑)

「生者と死者」は、数ページ毎の括りで袋とじになっており、そのまま読めば短編小説として楽しめますが、読み終えた後、袋とじをすべて開き 読み進めると短編小説は消滅し、別の長編小説に変わるという作者のアイデアと仕掛けに脱帽です。

awasaka