映画」カテゴリーアーカイブ

「ボヘミアン・ラプソディ」に感動、サントラCDも買っちゃいました!

 

先日、クィーンのフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画、「ボヘミアン・ラプソディ」に感動した旨ブログで紹介しましたが、早速 オリジナル・サウンドトラックのCDを購入しました。

多くの人がもう一度観たいと言っていますが、それほど心を揺さぶる映画でもありました。
当然ながら映画に流れたサントラもゆっくり聴きたいというのも自然の流れだと思います。

 

映画を観た翌日、市内の家電量販店CDコーナーで購入~その日店頭では最後の一枚でした。
アマゾンでも注文翌日入手可能だったのですが、値引きなしの定価(税込2700円だったし、すぐほしいということもあって店頭で購入した次第です。
iPhone、Walkman、パソコンに入れて、自宅にいるとき、外出時やジムで運動しているときなど、折にふれ聴きまくっています^^

 

オリジナル・サウンドトラックCDのセットリスト

 

01. 20世紀フォックス・ファンファーレ(オリジナル)*

02. 愛にすべてを
03. ドゥーイング・オール・ライト
04. 炎のロックン・ロール
05. キラー・クィーン
06. ファット・ボトムド・ガールズ(初公開)**
07. ボヘミアン・ラプソディ
08. ナウ・アイム・ヒア
09. 愛という名の欲望
10. ラヴ・オブ・マイ・ライフ +
11. ウィ・ウィル・ロック・ユー
12. 地獄へ道づれ
13. ブレイク・フリー(自由への旅立ち)
14. アンダー・プレッシャー(クィーン&デヴィット・ボーイ)
15. リヴ・フォーエヴァー

16. ボヘミアン・ラプソディ(ライブ・エイド)+
17. RADIO GA GA(ライブ・エイド)+
18. AY-OH(ライブ・エイド)+
19. ハーマー・トゥ・フォール(ライブ・エイド)+
20. 伝説のチャンピオン(ライブ・エイド)+

21. ドント・ストップ・ミー・ナウ(エンド・ロール)*
22. ショウ・マスト・ゴー・オン(エンド・ロール)

初収録 ** 初公開 + CD初収録

 

熱烈ファンからはベストアルバムとは言えないかもしれませんが、セットリストは映画のストーリーをなぞる構成になっており、聴いていると各シーンがかぶり聴き込むほどに心に染みてきます。

 

最初の20世紀フォックスのファンファーレは既成のものではなく、ブライアン・メイのギターとロジャー・テイラーのパーカッションによるものです。「リスナーがサウンドトラック・アルバムを聴いていることを忘れないように」と、ブライアンのアイデアであり配慮なのだそうです。

 

エンドロールで流れる「Don’t Stop Me Now」「The Show Must Go On」も大好きな楽曲です。
ネットからの受け売りですが、「ショー・マスト・ゴー・オン」は、フレディのエイズが進行していて体調が悪化している中、当時作曲をしたブライアン・メイは、この曲はフレディにはムリかもしれないと考えていました。

デモを聴かせたところ、” I’ll fucking do it, darling”(ダーリン、俺はこの曲にすべてをかけるよ)と語ったという逸話があるそうです。歌詞も命がある限りショーを続けていかなくてはと自分を勇気づけるものにしています。この歌唱は彼の生涯最高のうちのひとつだとブライアンは語っています。

 

私の世代のロックと言えばロックンロール~1950年代半ばごろからビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」、プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」や「監獄ロック」、チャックベリーの「ジョニーB.グッド」など~1960年代にはプレスリーに影響を受けた英ロックバンドのビートルズ時代が、青春時代真っ只中でした。

1970年代に入りクィーンの楽曲は知っていましたが、女装などファッションもキワモノの印象が強かったので少し距離をおいていました。
しかし、今回観た映画でフレディの生き様に共感~いっぺんに楽曲が身近なものになりました^^

 

※CD冊子内フォトの一部

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました

 

1971年に結成された伝説の英ロックバンド「クィーン(Queen)」~
映画「ボヘミアン・ラプソディ」、ボーカリストのフレディ・マーキュリー半生を描いた伝記作品です。
全国公開は11月9日~最近はもっぱらBD/DVD化を待って映画鑑賞することの多い私ですが、かなり話題になっていたこの映画だけは、どうしても観たくて遅まきながらシネコンに行ってきました。

 

独特な旋律、歌詞、ファッションで世界を魅了したクィーン~
そして、フレディ・マーキュリーの強烈な生き様

期待に違わず心を揺さぶる最高の映画でした!
音楽史に残る名曲誕生の瞬間や20世紀最大のチャリティーコンサート「LIVE AIDE(ライブ・エイド)」での圧巻のパーフォマンス~ラスト21分間は感動以外なにものでもありません!

 

ロックバンドの頂点に登りつめたクィーンですが、驕りから次第に仲間と疎遠になり孤独へと転落してゆくフレディ~元恋人メアリーの忠告から再びバンド仲間・家族・友人との絆を取り戻しゆく彼の半生を描いた数々のシーンとライブで演奏される楽曲が重なり、言葉では言い表せない高揚感と感動で心が揺さぶられてしまいました。

 

※実際のLIVE AIDの映像

 

ゲイでもあったフレディはエイズ(HIV)により、1991年45歳の若さで亡くなりました。
病名を世界中に明かしたのは亡くなる一日前でした。
彼の死後、Bohemian Rhapsodyが再リリースされ、2億円以上の収益をHIV患者へのチャリティー財団に寄付されました。

 

クィーンを知らない世代の人が観ても間違いなく感動を共有できると思います。
この映画は絶対映画館で見るべきです。DVD/BD化による鑑賞ではライブシーンの感動は味わえません。大画面とドルビー大音響でこそあのライブ・エイドを擬似体感できます。
IMAXシアターであれば尚良いと思います。 もう一度観たいです。

 

映画の中では以下のお馴染みの楽曲が流れていました。
もれている曲もあるかもしれませんが・・・太字は映画の中のLIVE AIDで流れた楽曲です

*Bohemian Rhapsody
*Killer Queen
*We Will Rock You
*We Are the Champions
*Another One Bites the Dust
*Radio Ga Ga
*Ay-Oh
*Hammer To Fall
*Somebody To Love
*Don’t Stop Me Now(エンディングロール)

 

主演のラミ・マレックはフレディ・マーキュリーと瓜二つではないのに、映画の中ではフレディそのものでした。彼は全く歌えないので歌唱のシーンはすべて口パクです。
マレックは、「ナイトミュージアム」でエジプト王の役をやっていましたね。
ギターのブライアン・メイもそっくりでした。役者さんのなりきり演技に脱帽でしかありません。

 

久々のシネコン鑑賞でしたが、いつの間にかチケット販売は自動化されていました。
フロアにはデモ用のピアノが置いてあり、椅子に座ると音楽が流れる仕掛けになっていました。
映画のPRにいろいろ工夫を凝らしているようであります^^

 

劇場で観る映画って本当にいいですね。満喫しました!

 

「カメラを止めるな!」どこがおもしろい?

 

映画「カメラを止めるな!」は、2018年6月23日 当初都内の2館だけの劇場公開でしたが、SNSなど口コミで面白い笑えると評判が広まり、8月には全国340館に拡大~社会現象にもなった映画であります。

 

12月5日リリースされた「ジュラシック・ワールド(炎の王国)」ほか数本を、TSUTAYAでDVD/BDを借りました。「カメラを止めるな!」も同日リリースされていたので、前評判の高い映画でもあったし、店内でもお勧めビデオとしてPRしていたため一緒に借りて鑑賞したのですが・・・期待が大きすぎたのか、正直なところ全然笑えなかったしどこが面白いの?って感じでした。
かなりの数の映画を見ていますし、経験則から70代のジジイが見ても面白くないのかもw

この映画は、40代位までの若い世代にはウケる映画なのかもしれません。
口コミで連鎖し、多くの人が面白いといっているのですからその評価は尊重すべきですが、世代間の評価や好みの違いを考慮に入れても、私の見た印象からくる評価とかなりギャップがありすぎたのでびっくりした次第です。

 

私も若いころからの映画好きで、今日まで邦画・洋画問わず数千本は見ています。
昔は映画館にもよく通いましたが、現在では劇場公開された映画は4~5ヶ月でDVD・BD化されるので、最近は自宅のミニシアター?で映画鑑賞です^^
邦画は宣伝や評判のわりに期待外れが多く見るのはもっぱら洋画の方です。
映画ライブラリも1000本以上あります(笑)

 

私の持論ですが、秀逸な映画が必ずしも面白い映画とは限りません。
かって、映画評論家のおすぎ(おすぎ&ピーコ)さんが推奨する映画の解説などを聞いていると、予想もしないストーリーの深読みや高尚なメッセージ性の強いものであったり、娯楽性のない映画が多く、私にとっては面白くないものばかりという印象があります。
人によって評価も色々だし好みもあると言う訳です。

 

「カメラを止めるな!」は、制作面ではよく練られた秀逸な映画と思いますが、残念ながら私には面白い映画には思えませんでした。しかし 300万円の低予算で宣伝費もかけず無名な俳優で30億円の興行収入は大したものです。

 

前半37分間ワンカットシーンだけであればただの他愛ないゾンビ映画で終わるところですが、さらに物語はその1ヶ月前にさかのぼり、後半は前半シーンのメイキングになっています。
メイキングによるネタばれで、観客はそういう事だったのか・・・
その意外性の中に登場人物の個性やほろっとくるファミリー的要素も入れた展開が観客の気持ちを最後まで引き付けたのかなと思います。

 

ちなみに同時に借りた「ジュラシック・ワールド(炎の王国)」「オーシャンズ8」「アメリカン・アサシン」は、理屈抜きで楽しめました。多分誰が見ても単純に面白い映画と思います。

 

Youtube にアップした動画が年齢制限の対象に!

Youtubeにアップした一年以上前の動画に対して、突然メールで 年齢制限の対象コンテンツになった事を伝えてきました。

 

 

問題になった編集動画は、1966年製作のフランス映画「男と女」で、第19回カンヌ映画際グランプリ受賞作品でもありアカデミー賞外国映画賞も受賞した名作でもあります。
監督のクロード・ルルーシュの名を一躍世界に知らしめた映画にもなりました。

 

「ダバダバダ~♪」で始まるスキャットが全編に流れるフランシス・レイの音楽も有名です。
若い人は知らないかもしれませんが、団塊世代には一度は耳にしたメロディーです。

 

アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが演ずる大人のラブストーリーであり、フランス映画が誇る不滅の名作が「何故?」って感じですが、不特定多数が閲覧するYoutubeではベッドシーンが問題になったと思われます。

 

2016年、製作50周年を記念してデジタルリマスター版がリバイバル公開されましたが、確か18禁にはなっていない筈・・・ Tubeでは大抵の性的コンテンツは削除されますが、Tube側のコミュニティガイドラインに沿っての判断で、削除されなかっただけでもありがたいと思っています。

 

当然ながら、Youtubeでこの動画を再生しようとすると年齢確認の為のログインを求められます。

 

 

もっとも、ある条件下ではアカウントがなくても簡単に解除できる方法があるので、興味ある人にとっては意味をなさないかも~かえって興味を駆り立てるかもしれませんね(笑)
(あえてある条件下にしていますので、掟破りの方法でも見れます^^)
複数の映画賞をとった名作であり、今のラブストリーにはない新鮮さを感じる筈です。

 

珠玉の名画「汚れなき悪戯」~ 何度見ても涙が止まらない

スペイン映画「汚れなき悪戯」(1955年)をご存知だろうか。

60年以上前の映画ですが、何度見ても色褪せることなく感動が蘇ります。
まさに不滅の映画作品と言えます。
主題歌「マルセリーノの歌」も、当時日本でも大ヒットしました。

美しくも悲しい宗教映画ですが、作品として純粋に感動してしまいます。
年と共に涙腺が弱くなったということもありますが、それを差し引いても純真無垢なマルセリーノ少年の悪戯?に何度も涙してしまうのです。

Youtubeにも動画クリップがアップされていますが、画質も含めてベストなものがなかったので、自ら編集してアップすることにしました^^ 編集しながらも同じシーンで涙が・・・ ^^;
ブロックされないことを祈るばかりです。

1966年カンヌ映画祭でグランプリを獲得したフランス映画「男と女」が、50年の時を越えてデジタルリマスターで放映されたのと同様、「汚れなき悪戯」のような良質な作品もリバイバル(表現が古いかな^^;)として再放映してもよいのではないかと映画ファンとして思ったりします。

 

ストーリーは

聖マルセリーノ祭を迎えたスペインのある小さな村。
村の人たちで賑わう祭りとはかけ離れた貧しい家に一人の修道士が訪れていた。
そこで病床に伏す少女に、祭りの名前にまつわる美しい奇蹟の物語を話して聞かせます。

修道院の前に捨てられた赤子にマルセリーノと名づけ、12人の修道士が父親代わりに育てはじめる。 5年後マルセリーノは天使のように無垢な悪戯っ子になっていました。

ある日、野原で出逢った農家の若妻に母の姿を見た少年は、同じ年頃のマヌエルという男の子がいると知って、彼を空想の友達と考え一人ぼっちの遊びも楽しいものにしました。

しかし、いつしか天国にいる母親のことを思う気持ちが日々強くなってゆきます。

夢の中にも出てきた、修道院の中で絶対行ってはいけないと言われている階段の上の部屋~
とある日、空想の友達マヌエルと共に階段を登って行きます・・・

 

 
主役のマリセリーノを演じた少年は、この作品で大抜擢された6歳のパブリート・カルボ でしたが、1955年カンヌ映画祭で特別子役賞を受賞しました。

残念ながら、彼は2000年脳卒中のため52歳でこの世を去りました。

海外ドラマ「ブラックリスト」にハマっています。

最近、友達の紹介で「ブラックリスト(BLACKLIST)」(全11巻22話)のDVDを観てハマってしまいました。 放送当時、全米視聴率NO1の超大型サスペンドラマです。

日本ではスーパー! ドラマTVにて2013年11月20日からシーズン1が、2015年2月17日からシーズン2、2016年1月26日からはシーズン3が放送されました。

DVD/BDリリースはシーズン1が2014年12月3日、シーズン2は2015年12月2日でした。

余りのおもしろさに続けてシーズン2を「
TSUTAYA」で借り、いっきにに観てしまいました。
シーズン3のレンタルが12月初から開始されるのでこれまた楽しみにしている次第です。

blacklist01
blacklist02

海外ドラマはよく見ますが、時間を忘れて観た海外ドラマは「24(トウェンティフォー」以来です。
半端でない面白さにきっとハマります。 お奨めのドラマです。 「24」と違い女性でも十分見れます。

シーズン1は、国際的な凶悪犯罪に関わり指名手配されていたレッドことレイモンド・レディントンが、突如FBIに出頭し、自分が関わった凶悪犯罪事件の犯人の「ブラックリスト」の情報に基づき、事件解決に協力すると申し出るところから物語は始まります。

新米捜査官、リズ(エリザベス)・キーンと共に事件を解決してゆく訳ですが、彼女には見せないレッドの裏の顔があり、法律を犯す犯罪者でありながら、決して人でなしの悪人でないダーク・ヒーロについ引き込まれてゆきます。

「ブラックリスト BLACKLIST」オフィシャル・サイトこちら

英国ドラマ「ダウントン・アビー」がおもしろい!

「ダウントン・アビー(Downton Abbey)」は、全世界にブームをおこした英国発のドラマです。
英国では、2010年の放送開始以来エミー賞はじめゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞~ギネスブックにも「最も評価の高いテレビドラマ」として登録されているくらいです。

DowntonA

20世紀初め、グランサム伯爵家が暮らす貴族の館「ダウントン・アビー」を舞台に、貴族の華やかな暮らしやその使用人たちの生活など人間模様をドラマチックに描いたドラマですが、サスペンス要素もあったり、装飾や貴族の作法など時代考証もしっかり踏まえ、当時の貴族社会や時代背景を再現した映像もとてもきれいです。

私もかなりの映画大好き人間で、映画はもちろんですが「24(トゥエンティ・フォー)」をはじめ有名な海外ドラマはずいぶん見ましたが、英国発ドラマに限って言えばベネディクト・カンバーバッチの「SHERLOCK(シャーロック)」以外でこんなおもしろいドラマがあったとは・・・びっくりぽんです^^
今回は知人からの好意でシーズン3まで見る機会があり、まさにハマってしまったのです。

シーズン1~3までは、すでにDVD化されています。
「ダウントン・アビー(シーズン4)」は、すでに放送が始まっていますが、NHK総合で2016年2月28日11:00~11:52の7話を皮切りに3月20日まで全10話が放送されます。 ぜひ見て頂きたいお奨めのドラマです。(英国ではシーズン6で放送終了)

RCCアナ横山雄二監督の「浮気なストリッパー」を観てきました。

昨日12/3、「浮気なストリッパー」を観てきました。

広島では誰もが知っているRCCアナウンサー横山雄二さんが監督した映画作品です。
主演は矢沢ようこさん、マジシャンの内田貴光さん、横山雄二さんです。
政治家の裏献金をめぐるドタバタコメディ仕立てになっており、舞台は広島 馴染みの場所やちょい役で次々登場してくる人物にも、広島人としては親近感を感じてしまいます。

わかり易いストーリーで、放映70分を感じさせない作品です。 昭和を懐古させるストリップ劇場を題材にしているのもユニークで、ストリッパーも死語になりつつある中、劇場の存在すら知らない若い人には観て貰いたいですね。 中にはクサイ演技?をしている出演者も見受けられますがこれもご愛嬌だと思います^^

横川シネマ 12/1~12/18 各19:00より開演、 映画終了後(70分)に毎日舞台挨拶と出演者によるライブがあるようです。 昨日は、横山アナウンサー(監督)の舞台挨拶とHIPPY(映画にも出演)さんのライブがありました。  会場の若い人はノリノリで、私は知らなかったのですが、HIPPYさんは歌唱力もあり上手かったです。

昭和を懐古させる「横川シネマ」のある街裏通り
yokogawasinema

横山アナとHIPPYさんのライブ前のトーク
uwaki02

二人のサイン入りパンフレット
uwaki01

横山アナの舞台挨拶では、「とにかく一生懸命つくりました」の言葉から始まり、フィルム焼き付けて出来上がったのが12/1 開演30分前で、映画館に納品したのは7分前とか・・・ウソのようなホントのお話。

騒音の多い街中ロケにおけるメイキングの苦労話しなど・・・多くの予算をかけられない中、この出来栄えは立派なもの~よく出来た作品だと思います。 難を言えば、舞台が広島なのに全員が標準語だったと記憶していますが、一人くらいは広島弁を話す役者がいてもよかったかな・・・^^

映画・ライブ終了後、記念に横山アナとのツーショットも撮らせて貰いました^^
私も年のわりには、けっこうミーハーなので・・・(笑)

24(Twenty Four)リブ・アナザー・ディを観ました。

3月4日リリースの24(トウェンティ・フォー)リブ・アナザ・ディを観ました。

舞台はロンドン。 テロ対策ユニットはCTUでなくCIAが中心となって活躍しています。 無人爆撃機を使った遠隔操作テロで、次から次へと展開するシーン、ハラハラドキドキ感は期待通りでした。  映画鑑賞は主に深夜に観る私にとって、まさに眠れない夜が続きました^^

1~2年毎に1シーズンずつ公開されシーズン8で終了した24でしたが、日本上陸して10周年記念ということもあり4年ぶりに復活。

今回は12話完結(全6巻)で、従来のものは1話1時間のリアルタイムで24話完結(全12巻)ですが、最後話のところで12時間ひとっ飛びします。 キャストは、ジャックとイメチェンした天才ハッカークロエの他にシーズン4のヘラー長官が大統領に出世し、娘のオードリーもジャックの元恋人として登場します。

CIA美人捜査官ケイト(イヴォンヌ・ストラボスキー)が初登場~ジャックの相棒としてストーリーを盛り上げてくれます。 いやぁ おもしろかったです。 24初体験の人にもお奨めです。

24_S9

24_S93

 

 

追悼~高倉健 「冬の華」 

昨年11月高倉健さんが亡くなって2ヶ月経った今も、追悼番組や彼の出演した映画がTVなどで公開されています。 レンタルショップでは高倉健さん(菅原文太さんも)の特別DVDコーナを設けています。 YouTubeも関連する投稿が目につきます。

高倉健といえば、「網走番外地」・「日本侠客伝」・「昭和残侠客伝」など仁侠映画でトップスターとして揺るぎないものにしました。
東映退職後独立してからの「幸福の黄色いハンカチ」・「冬の華」・「遥かなる山の呼び声」・「居酒屋兆治」・「駅」・「夜叉」など・・・前科を背負った役どころも多いですが「動乱」・「八甲田山」・「鉄道員(ぽっぽや)」のような制服をきた役もピカ一ですね。 とにかく目深にかぶった帽子やキャップがとてつもなく似合う俳優さんは他にいないと思います。

健さんの映画はたくさんある中で第一回日本アカデミー最優秀主演男優賞をとった「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)がよく話題にされますが、受賞を記念して翌年製作された降旗康男監督の「冬の華」を忘れてはいけません。

個人的には、健さんの映画を語るのに、この「冬の華」は外せません。 高倉健の真骨頂といえる「男の美学」を謳った作品だと思います。 この映画は昨年11月23日14:00からBSジャパンで放映、今年も本日1月9日BS朝日で19:00から番組で放映されます。 クラシック音楽とクロード・チアリのテーマ音楽が見事にマッチング~何度みても胸にぐっときます。

私がアップした「冬の華」、諸般の事情でブログ内での限定公開にしています。(YouTube上では非公開)

P.S 埋め込みは出来ませんがこちらにもアップしました。