イベント」カテゴリーアーカイブ

55年ぶり2回目の大阪万博開催に思う・・・

2025年、55年ぶり2回目の大阪万博開催が決まりました。
正式には日本万国博覧会ですが、略称は開催地の名称から大阪万博と言います。
23日、開催国を決める総会がパリで開かれ、加盟国の無記名投票により大阪を候補地とする日本の圧勝に終わり、ロシア、アゼルバイジャンは敗れました。

 

1回目1970年(昭和45年)に開催された大阪万博はEXPO’70(エクスポ70)とも呼ばれました。
48年前の事なので日本の未来を担う40代の人がリアルには知らないということになります。

パビリオンには77カ国が参加し、延べ6400万人が入場
高度成長を成し遂げた日本の経済大国にふさわしいイベントとなりました。
平均給与は5万円入場料は800円でした。時の総理大臣は佐藤栄作。
会場ではモノレールや電気自動車のデモ走行や紹介されたワイヤレステレホンの重さは660g!
現在 スマホはポケットに入り、夢の壁掛けテレビ実現や電気自動車も今では当たり前の話。
あれから50年近くも経ち、ハイテク技術の賜物といえます。

 

当時 私は28歳~大阪でサラーマンをやっていました。
大阪在住だったので、いつでも行けると軽く考えていましたが、1970年3月15日~9月13日まで183日間開催されていたのに行ったのはたったの1日でした。
間借りしていた隣に済む女性が、万博パビリオン嬢のアルバイトをやっており、彼女とのデートの方が楽しかったですね。今は昔 独身時代の思い出です^^

 

アポロ12号が持ち帰った「月の石」があるアメリカ館や「宇宙船ソユーズ」が展示されているソ連館、テーマ館の「太陽の塔」などの人気パビリオンは延々と長蛇の列で2時間3時間以上待ちはザラでした。 わざわざ列が少くメジャーでないオランダ館とかスイス館などに入場した記憶があります。大阪万博開催そのものの思い出はありませんが、当時の世相を反映する出来事は色々思いだします。

1970年は、医師の日野原重明さんが人質にもなったよど号ハイジャック事件、総監室で「盾の会」の1人に介錯させ切腹した三島由紀夫割腹自殺や数百トンのジャンボジェット就航がありました。
大阪県警のスナイパーが犯人を射殺した瀬戸内シージャック事件も、地元広島の宇品港(現広島港)で発生した事を思い出します。経済面ではバブルがはじける1991年まで高度経済成長への始まりでもありました。

サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」やビートルズの「レット・イット・ビー」がヒットしていました。 今でも歌われていますが、若い人はきっと知らないでしょうね。

 

1964年東京オリンピック開催の6年後、1970年大阪万博が開催されました。
2020年東京オリンピック開催の5年後、2025年大阪万博が開催されます。

 

自分の人生で、2回の大阪万博&東京オリンピック開催に遭遇するのも不思議なものですが、2020年東京オリンピック開催時、私の年齢は満77歳、大阪万博開催時は満82歳
大阪万博については、男子平均寿命をわずかに越えますのでギリギリ~微妙です^^

 

若い時は、5年先10年先の事なんて何も考えずに迎えられると普通に思っていましたが、後期高齢者という括りに入ると免許更新時でさえ、3年先の更新まで元気で生きているだろうかと考えてしまいます。イベントも然り、7年後の大阪万博まで果たして元気で過ごしているかどうかは分かりません。

 

7年後もなると走っている自動車の大半が電気自動車でしょうね。
運転は今でも全然大丈夫なので(過信はしていません^^)、追い抜く事のほうが圧倒的に多くシルバーマークは付けられません。カリカリくる人が絶対いますから(笑)
82歳まで元気だったらまだ運転しているかもしれません。高齢者でもしっかり運転する人がいるんだという見本にしたいですね。
これからも生涯学習とチャレンジ精神を失わず、マラソンとあわせて心身を鍛えています。

 

大阪万博を迎えるにあたり、いろいろ私の思いが噴出しました。
最後まで読んで頂きありがとうございます<(_ _)>

東大生でも正解率33%のテストって?


※テストを終えて、会場を出る東大生(西武・そごうチャンネル Youtube動画より)

 

受験よりむずかしい正解率(正答率)33%のテストって?

 

それは、東大生38名を対象に行われた「2018年全国一斉母の日テスト」であります。

 

出題は、「母に関する100問の質問」です。

 

答えられそうで答えられない~意外に知らないことを思い知らされます。

 

 

5月の第2日曜日(2018年は5月13日)の母の日に向けて、4月24日より親子の参加を条件に西武・そごうの12店舗と特設会場で開催されています。 普段身近な存在である母親をどこまで知っているか、知っているようで知らない母親のことをもっと知るために行われるテストであります。

一番近い存在でありながら、意外に知らない母のこと~母親の星座、好きな色、得意料理、好きな花、長所、短所など、あなたはどこまで知っていますか?

「あなたに言われて一番うれしかったこと」「あなたを一番誇らしいと思っているところ」など、普段口に出して言わないようなことまで内面的なことを問う質問もあります。

 

解答合わせにおいて「私をここまで育ててくれてありがとうと言ってくれたこと」、「あなたの存在のすべてが誇らしい」、「自分の目標を果たしてくれたこと」等々・・・母親だからこそ言えるエピソードに感動すら覚えてしまいます。


※提供先:西武・そごうチャンネル(Youtube)

 

「親孝行したい時に親はなし」といわれますが、私の場合 はるか昔に母親はなくなっており、動画による親子のやりとりを見ていると、あの頃に戻れるなら戻ってみたいと思ってしまいます。
どんなに年を重ねても親を越えることは出来ず、もっと親孝行しておけばよかったと・・・

「母の日テスト」、20問Verまたは100問Verの入手先は「母の日特設WEBサイト

テレ朝「プロレス総選挙2017」、録画番組をやっと見ましたが ・・・

3月12日テレビ朝日系列で「プロレス総選挙2017」なる番組が放送されたのですが、予約録画しておいた映像を、2ヶ月近く経った昨日やっと見ることができました。

ネット上ではすでに紹介済みで、今更遅きの感はありますが・・・^^;
当初ゴールデンタイムに放送される予定でしたが、WBCの野球中継が延長になったため一気に深夜番組(0:13~2:12)になった経緯があります。

「現役・OBレスラー200人と1万人のファン」の投票で決まったプロレスラーランキング
は以下の通りですが、プロレスファンとして歴代オールスターで括るのは少し無理がありますね。

色々ご意見あるかと思いますが、せめて年代別に分けてほしかったですね。
1950年~1960年代(創世記)であれば、力道山やルー・テーズ、カールゴッチなどが挙げられるし、現在であればオカダ・カズチカ、棚橋弘至などがトップになるかも・・・
また、ヒールレスラーは絶対入ることはないのでこちらのトップ20が別にあってもいいですね。

1位:アントニオ猪木
2位:ジャイアント馬場
3位:タイガーマスク(初代)
4位:オカダ・カズチカ
5位:力道山
6位:棚橋弘至
7位:ジャンボ鶴田
8位:獣神サンダー・ライガー
9位:三沢光晴
10位:スタン・ハンセン

11位:長州力
12位:武藤敬司
13位:小橋建太
14位:天龍源一郎
15位:ケニー・オメガ
16位:橋本真也
17位:蝶野正洋
18位:ハルク・ホーガン

19位:真壁刀義
20位:アンドレ・ザ・ジャイアント

 

※番組をカット編集したものです。ブログ内での限定公開 (Youtubeでは非公開)

私の格闘技ファン歴は力道山時代からですから相当古いです(笑)
「週刊プロレス」も書店にゆけば今でもみています。以前「週刊ゴング」というのもありましたが今は廃刊になっています。 昔、試合翌日は駅売店で東スポを買い通勤時によく読んでいました。

年末はNHK紅白歌合戦を見る事はなく、裏で放送していた格闘技(K1とかPRIDEなど)番組の方をいつも見ていました。

プロレスはショーという人もいます。
もちろん、否定するものでもありませんが、最近の試合はそれを感じさせないほど進化しており、まさにワザとワザとのガチンコで、目の肥えた格闘技ファンでも納得して楽しめます。
しかも選手が若くイケメンときたらプロレス女子が増えるのもうなずけます。

小さなプロレス団体が生き残るためとはいえ、まさにショー的要素の強い爆破マッチとか蛍光管や有刺鉄線バットを使った試合や、ヒール役レスラーが凶器を使って相手を流血させたりするのはもう古いですね。

41年ぶりの広島カープ優勝パレードに行ってきました。

25年ぶり、7度目セ・リーグ優勝の覇者、広島東洋カープの優勝パレードに行ってきました。
広島市内パレードは、初優勝を飾った1975年以来、41年ぶりです。

本日も晴天に恵まれ、通称100メートル道路西詰から東に向かって約3kmをパレードします。
ちょうどスタートして中ごろあたりが、多くの人出が予想されるひろしま平和公園前の大通りになります。

10時半からカープ優勝パレードがスタートするので、自宅から5分くらいのところにある最寄駅(電車)から乗ろうと思ったら、駅は人でいっぱい! 9時すぎに家を出ましたが、読みが甘かったです。

土日はいつも疎らなのに、さすがにカープ優勝パレードを見に行く人がいっぱいいるのにびっくり。
しかも、来る電車はギュウギュウ詰めで乗れるどころではありません。

パレード対応で5分おきに電車は来るのに焼け石に水。 3両を乗れないまま見送りました^^;
結局、自宅に帰りタクシーを呼び、スタート地点ではなく、ひろしま平和公園に行きました。

撮っている最中、熱い声援や黄色い声があちらこちらで飛び交い熱気ムンムンでした。
私の位置からはパレードの右側からの撮影のみ。

行った時はすでに人だかりで最前列のベストポジションは確保できる筈もなく、車は動いているので人ごみの中から連写モードでカシャカシャカシャ!

私の一眼デジは一秒間に10枚撮れます・・・(どさくさに自慢しています^^)
82枚撮りましたが、それでもなかなか思ったものが撮れませんでした。

あとでチェックしたら黒田・新井選手はかろうじて撮れていました。
小窪、中崎、大瀬良、エルトレッド、ジョンソン、鈴木、石原、福井、菊池、丸 各選手が写っています。 松井市長湯崎県知事も乗っていました。

この一年感動をありがとう。 来年こそは、日本シリーズ優勝の実現をファンとして願っています。

carpparade12 carpparade11 carpparade10 carpparade09carpparade08 carpparade07
carpparade06 carpparade05carpparade01 carpparade04 carpparade03 carpparade02

日本のメダル獲得はどこまで伸びるか?

リオオリンピックが熱いですね。

徹夜はしませんが日中でもLIVEもあるし、夜中行われるものは中継録画で十分楽しめます。
本日の卓球女子団体(対ドイツ戦)では、愛ちゃんの準決勝5戦目シングルはとても残念な試合でした。

あと2ポイントというところまで愛ちゃんが追い込んだのに、最後の最後エッジボールに泣かされるとは!
運も勝負のうちとはこの事です。 でも見ごたえのあるいい試合内容でした。
敗者復活戦で銅を期待しています。 また 期待の女子マラソンは入賞すらも叶わず惨敗でしたねぇ。

男子競技も応援していますが、やはり花のある女子競技に目がゆくのは否めません^^;
これからのレスリング、バトミントン、シンクロの女子力に期待したいところデス~

リオオリンピック10日目で日本の獲得メダルは合計26個(金7、銀4、銅26)になりました。
米国の大手データ会社「グレースノート」によるリオデジャネイロ冬季五輪開幕前の予想では、合計36個(金14、銀10、銅12)になっていました。 残りどのくらい獲得できるか楽しみです。

水泳・体操・柔道などのメダルラッシュで、日本王国復活の兆しが見えつつあるも、数十年ぶりでメダル獲得したなどと報道される種目も少なくなく、ずいぶんメダルにご無沙汰だったんだなと思いました。

分かるものをピックアップすると(順不同)

*テニス男子シングル(錦織) 銅メタル 96年ぶり(アントワープ五輪以来)
水泳男子800メートルリレー 銅メダル 52年ぶり(東京五輪以来)
*水泳男子400m個人メドレー(金:萩野 銅:瀬戸)ダブル表彰 60年ぶり

*カヌースローラム男子カナディアンシングル(羽根田) 銅メダル 日本初
*卓球男子シングルス(水谷) 銅メダル 日本初
*体操男子団体総合 金メダル 12年ぶり (アテネ五輪以来)
*体操個人総合(内村) 金メダル連覇 44年ぶり (ロンドン五輪以降)
*男子柔道男子全階級メダル 52年ぶり(4階級東京五輪以来) 7階級制は日本初

*体操女子団体4位入賞  48年ぶり (メキシコ五輪以来)

第35回ひろしま国際平和マラソンの写真がネットに掲載!

今月3日、ひろしま平和マラソンが開催されましたが、参加選手の勇姿がスポーツ写真サイト「オールスポーツコミュニティ」に掲載されました。 (あくまで本人が写真を注文する為に公開されるもので、イベントIDやパスワードを知らない当事者以外の閲覧は出来ません)

私のは、15枚の写真がヒットしていましたが使えるのは5~6枚といったところです。 参加者1万人有余全員の写真ということになれば、複数のカメランで撮ってもシャッターを押す回数は相当なものになります。
インターバルで自動的にシャッターを切るようになっているのかも・・・例年見られる専任カメランが少なかったように思います。

全国で行われるスポーツイベント参加選手の一人ひとりの写真が撮られ、ネット上で注文できるのがこのサイトのウリになっています。 ただ、2Lサイズ一枚で約2000円(送料含)するのでかなり割高です。 でも、ほしい人は高くても購入するでしょうね。

Lサイズだと、スクリーンキャプチャで十分いけます^^
ただネット上での公開写真は、大会ロゴはまだしも多数の透かし文字(SAMPLE)が斜めに入っていますので、そのままではとても記念写真としては用をなしません。

下の写真は、私めの勇姿?ですが(笑) 透かし文字の除去前後です。 もちろん個人ユース以外の活用をしないことは言うまでもありません。

 

hide2chide2b

 

第35回ひろしま国際平和マラソンに出場しました!

本日は、待ちに待った「第35回ひろしま国際平和マラソン」の開催日です。
心配された天気も、午前中は晴れになり絶好のマラソン日和となりました。

私の出場したチャレンジコース(10キロ)のタイムは55分03秒でした!
キロ5分36秒、私とっては上出来です。 
順位は5000人中、1569位。
10キロコース3回出場した中ではベストタイムとなりました。 日ごろ切磋琢磨している仲間との練習の賜物だと思います。

35heiwamarathon_01

キッズコース(1キロ)約1300名ビギナーコース(5キロ)約5700名、私の出たチャレンジコース(10キロ)約5000名車いすコース(5キロ)30名、で順次スタートしました。 出場者総勢ほぼ12,000名

35heiwamarathon_02

コースはコカ・ウエスト広島スタジアム近くのダイヤモンドホテル前からスタートし、商工センターの木工団地前(オートバックス付近)で折り返しスタジアムでゴール。 行き帰りでアップダウンが6回あり、慣れないとスタミナを奪われます。

今回はGPSウォッチ(エプソンSF110B)を見ながら、周囲の走りに惑わされることなく自分のペース配分で走ることができ、最後8kmあたりからスパートをかけられたのがベストタイムに繋がったと思います。

スタートゲートから、フィニッシュゲートまでの「ネットタイム(実測タイム)」は、ナンバーカードに埋め込まれたチップによって測定されます。 

スタートゲートでオン、フィニッシュゲートでオフにした私のGPSウォッチでのタイムも、公式ネットタイム(55分03秒)とピッタリ同じになりました。 チャレンジコース(約10キロと表記)は、GPSウォッチによると実際には9.8キロちょっとでした^^

「グロスタイム(記録)」は、スタートゲートでの合図でタイムカウントが始まり ゴールするまでのタイムなので、5000名いるチャレンジコースでは、後ろの出場者ほどタイムが遅くなります。
先頭走者と最後尾走者との差は、スタート地点ですでに3分~4分ある訳です。 なのでグロスタイムを縮める為に、後ろから押しのけてくる走者もいた為か、第31回目からネットタイムが導入されました。

今後、10キロのタイム短縮はむずかしいと思いますが、距離を延ばすのはイケると思うので(すでに13キロはクリア)、来年はハーフマラソン(20km)を目指そうかと思っています^^

35heiwamarathon

広島平和大通り イルミネーション2014

平和大通りの緑地帯で例年行われる140万個のイルミネーション(広島ドリミネーション)が今月17日より始まりました。  この時期になると今年も一ヶ月少々で終わり~一年が早いですね。

カミさんの買い物に付き合っている途中、私だけ平和大通りに足をのばし写真を撮ってきました。
今回は時間に制約があったため、原爆ドームのオブジェのある付近しか撮れませんでした。

9月に購入したα65(一眼デジ:ミラーレス)の夜景での試し撮りでもありました。 三脚を持参していなかったので実用上問題ないISO感度1600まであげ、丸ボケも入れたかったので絞り優先にて撮影。  年内にもう一度三脚をもってこようと思います。

ミラーレスの良いところは、W/Bやボケの具合などEVFや液晶モニターで見たまま撮れるのがグーです。
フォーカス(ピント)は画像拡大やピーキングで簡単にマニュアル操作ができるのもメリットです

lightup01lightup08
lightup06lightup13lightup04lightup05
lightup10lightup15

 

楽しめるアイディアグッズ~「雑貨大賞」入賞作品

日本を代表するクリエイターを目指す人のためのアワードである「第一回雑貨大賞」の発表がありました。
遊び心をくすぐるグッズに思わず笑っちゃいます。

大賞:「タニマダイバー

渓谷の優美さに男たちが想いを馳せるタニマ・・・(笑)
秘境を征服することは男のロマンなのであります。

zakka1

優秀賞:「鳥のうんち

人の意識を利用した盗難防止シールだそうな。
サドルに鳥の糞のついた自転車を盗もうとする人はいません。
しかし、巷に広まりすぎると効果もなくなりますが・・・

zakka2

部門賞:かざり雑貨「セーラーサスペンダー

無地もの着ていれば、装着したとたんセーラー服に見える魔法のサスペンダー

zakka3

引用「雑貨大賞」